芸能・アイドル

2011年6月11日 (土)

横浜コレクション

先週出かけた横浜美術館周辺で、新しいカメラで何枚か撮影してみた。
画像をクリックすると大きくなるよ。



Img_0031

ランドマークタワー。


今回の長谷川潔作品は当然ダメですけど、横浜美術館所蔵作品は撮影OKなのです。

Img_0020


Img_0021

ダリとかマグリットなんかもあります。







Img_0017

ちょっとグロいオブジェ……。


Img_0009

この絵は日本史の教科書に必ず登場する黒船来航の絵ですよ。



Img_0024

この美術館の空間が好きです。


帰りながらトイカメラモードで撮ってみました。

Img_0035

Img_0036

被写体を選ばないとそれっぽく見えないかも。


Img_0039

Img_0040

やっぱり好きだわ、横浜。

Img_0043

桜木町から帰りました。駅前は随分変ってしまいました。駅前にも、ホームにも、今は無い東横線桜木町駅にもたくさんの思い出は残っています。

2008年10月 8日 (水)

緒形拳さん

今の会社に転職する前、小さな編集プロダクションに在籍していてライターをしていました。とある男性週刊誌の連載インタビュー記事を担当していて、毎回いろいろな方のインタビューをしました。大変なこともあったし、記事は最後までみっちり手直しされましたが、私の人生の中でも何にも代え難い素晴らしい経験をたくさんした時期でした。
お会いした皆さんそれぞれに印象や思い出がありますが、強烈に覚えている人は数名です。その中に緒形拳さんがいらっしゃいます。
インタビューした方の人となりを切り取るとは言え、その時のお仕事の話を取り上げる事がほとんどでしたから、緒形拳さんの取材のときも当時公開間近の映画「さよならニッポン! GOODBYE JAPAN」の内容がメインでした。舞台が南の島ということもあり、途中から自然についての話や、ジャングルやインドへ行ったときの旅のお話になり、大変楽しい取材になって、すっかり緒形拳さんのファンになってしまいました。演技はもちろん素晴らしいのは当然ですが、ゆっくりと静かにお話される物腰がとても素敵でした。そしてとても気さくで、私の住まいが川崎と言うと「鶴見に住んでいるから、短パン、サンダル履きのままで川崎駅前にもよく出かけますよ」と言って笑っていました。取材の最後には、ご自身が手捻りで作られた作品を何点か見せてくださって、嬉しそうに大事そうにそれらを眺める様子が子供のようで……とても魅力的な方でした。
取材を終えたあと、仲立ちをしてくださった映画会社の方がポツリと「緒方さんは、森の中にある大きな太い、樹齢何千年とかいう木の幹から出て来たみたいな人だなあ」とつぶやいたのです。その表現がまさに今お会いした緒方さんのイメージ通りで、私の中にもすっかり『緒形拳さん=大木の妖精・森の主』というイメージで固定されてしまったのです。
静かで優しく、力強くて博学、見る者が畏敬の念を抱くような存在………この取材に同席した全員が、俳優というより、ひとりの人間としての緒形拳さんの魅力にノックアウトされたのでした。
以来、緒方さんのご出演するドラマや映画もたくさん拝見しましたが、私はNHK「プラネットアース」でナビゲータをする緒方さんや、テレビ朝日の「すてきな宇宙船地球号」のナレーションの声を聞く方が、自分の中の緒形拳さんのイメージとピッタリ合っていて、とても心地よく画面を眺めていたのでした。

そんな緒形拳さんが急死というニュースが。
とても信じられませんでした。
8年も前から肝臓を患い、5年ほど前から肝臓がんに移行。長くつらい闘病生活をほとんど語らず独りで戦っていたそうです。なんとも緒形拳さんらしいと言うか……でも悲し過ぎる。
もう10年位前にたった2時間程度の取材だけなのに、印象は色褪せる事なく残っている緒方さん。たくさんお会いした各界の著名人の中でも本当に突出して魅力に溢れた人でした。

緒形拳さん、長い間、本当におつかれさまでした。
たくさんの素晴らしい作品をありがとうございました。
そして、取材では、忘れられないひとときをありがとうございました。
どうかゆっくりお休みください。

2008年9月16日 (火)

ジメジメ感を払拭するために

なんだかいまひとつカラリと晴れ渡ることのない私の心です。

お休みの間にダラダラYouTubeを眺めて、ちょっと、いやかなり面白い動画を発見しました。ちょっと気持ちも晴れた……かな?

その名も『サザザさん』。

面白〜い。マスオさんの声そっくり。
ってなわけで下にペタリ。ライブ映像のようです。実際に見てみたいなあ。
……タマは巨大だし、サザザさんは不思議な喋りだし……爆笑。


2006年11月18日 (土)

セーラー服と機関銃

なんかダラダラテレビ点けていると「あ…」って感じでやってるドラマ。
でもなかなか長澤まさみちゃん、可愛いです。清楚な感じで。特に台詞回しの言葉がとても美しいのがいい。
エンディングが以前と同じ「セーラー服と機関銃」。劇中流れるBGMも編曲されたこの曲が使われている。
薬師丸ひろこさんの映画は、懐かしいけど、今考えればかなりドン引きの出来上がりだったと思う。ストーリーも設定も「小説だから可能」な部分まで実現してしまうと無理無理無理……!って感じでした。
ま、元々無理な設定なんですけど。
すぐ上の兄が10歳近く上なんで、もう小学校低学年の頃からませた音楽聞いてました。周りは「たのきん」だの「シブガキ」だの言っている時に、ユーミンとか陽水とか。「来生たかお」も大好きだった。当時は、大橋純子さんの「シルエットロマンス」なんて曲も流行っていたりして、これも来生さんの作曲。なにより詞が良くて、来生姉弟が作って別のアーティストに提供した曲、なんてものも漁って聞いたりしていた。
※1石川セリさん(井上陽水さんの奥様)に提供された「マイ・ラグジュアリー・ナイト」も好きな曲。
「恋はゲームじゃなく生きることね 答えて 愛しい人」
なんて、大人になって聞いたら、さらにぐっと来るね。
来生えつこさんは、かなり男っぽい人なんですよ。だからこの詞を聞いたえつこさんのお友達は「なにかあったのか?」ととても心配したそうです(笑)。
好きな来生姉弟が作った曲なんて、挙げたら切りないけど…来生たかおさんデビュー曲の「浅い夢」、山口百恵さんへ提供された「穏やかな構図」、2ndアルバムに収録された「挿話(エピソード)」あたりかなあ。アルバムを挙げたら、この時期はクリスマスソングが納められた「WithTime」も来生さんらしからぬポップさでよろしいのではないかと思います。

※1「マイ・ラグジュアリー・ナイト」は「石川セリ」さんではなく「しばたはつみ」さんに提供されたものでした。(06.11.19記載)

2006年3月30日 (木)

芸能ネタ

その1
家賃滞納で家を追い出され、車検の切れたクルマに乗って、トランクに日本刀を入れて逮捕される……そんなことしてても芸能人だとニュースになるだけでお終い(ほとんどが)。普通なら社会的にダメ人間の烙印を押されるのになあ。こうしてなんとか一人で食べるもの削って、ガソリン代ケチって、細々と生活している人間からすると、同じようで全然違うんだと首をかしげてしまう……ノーブランドの服着て、ヒーヒーいいながらもなんとかやりくりして、あったかい布団で毎日眠るか、高級ブランドの洋服を着て、人に注目されながら芸能人としてクルマで寝泊まりして毎日を過ごすか……。一八さん、ウチのコールセンターで働きませんか? オペレータ稼業には演技力も必要不可欠です。取りあえず安いけど給料も出るよ。

その2
リリー・フランキー原作「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」に大泉洋と広末涼子が出演するらしい。しかも母親役は田中裕子だ。更に当初演出は急逝された久世光彦さんが担当する予定だったらしい。大泉洋も有名になったなあ…少し前まで北海道の番組でしかお目にかかったことなかったのに。リリー・フランキーと言えばNHK「おでんくん」だね。すごい面白い。ギャグかと思うと、かなり内容が深かったりする。「おじゃる丸」と違った深さなんだよね。おでんくんは頭からいろんなものをだすけど、あれは四次元ポケットではないのかね?

その3
美香さんが写真集を出す。同じ女性だが興味あるあるある〜。あの胸は一体どういうことになっているんだか知りたい。自分のはらのぜい肉も一体どうなっているんだか分かっていませんけど。女性の神秘(?)

以上、芸能でおもうこと3点でした。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

KAN's Music

はてなブックマーク

  • はてなブックマーク
    はてなブックマーク

お知らせ表示します。感想を書き込んでいただいてもOK。

  • ミニBBS

Message

  • 当サイトの内容にそぐわないコメントなどは予告無く削除いたします。文章・画像・動画の転載・複写は認めていません。必要な方はコメント欄にてご連絡ください。 また気に入ったアイテムをご紹介した際、アフィリエイトリンクを利用している事があります。ご了承ください。気になる方は別のリンクからアクセスしてくださいね。

婦人画報のおかいもの

  • 祝! 6周年
    婦人画報のおかいもの

MomaStore

  • 母の日にアートな贈り物を
    MoMA STORE

私の好きな場所

  • 大坪家の書庫
    大坪五郎さんのインテリジェンス溢れる面白い感覚が素敵です。全国の珍スポットをルポする「巡り巡って」は大好き! 「映画評」「私のMacintosh」もいつも読んで参考にしています。
  • ハッピーマニア
    翻訳家を目指すbolero74さんのブログ。英語の勉強についての内容はもちろん、日々の出来事を綴っていらっしゃいます。同居している彼氏とのやり取りがほのぼのしていて、私は大好きです。
  • 日々是好日−つれづれよっぽブログ
    様々な話題を丁寧に綴る「よっぽ」さんのブログ。真摯に、誠実に、毎日を過ごしているよっぽさんの人柄が滲み出ているような文章に、気づかされたり勇気づけられたり…。肉体にとって「マイナス」と言われることも、心を磨くことについては「プラス」になるのではないか、と感じさせてくれるのです。
  • 猫ヤパ
    猫ヤパさんが送る「猫ヤパ THE CAT FILES」がブログになって帰ってきました。 大好きなニャンコ達のお話や、おウチ新築のお話、PCやガーデニングなど猫ヤパさんとニャンコ達の日常のクスクスが詰まったブログ!!

ブクログの本棚

  • 読んだら登録。時々レビュー。

ドライブのページ

  • ドライブの記憶
    クルマのSNS「みんカラ」にコソッと作っているドライブページです。昔の名前(HN)で出ています。

最近のトラックバック

はてなスター

  • はてなスターフッター
  • 各エントリタイトルにはてなスター。よろしかったらポチってみてください。
無料ブログはココログ