アニメ・コミック

2012年2月18日 (土)

いつまで貼られているかわからないけど

テルマエロマエ アニメ版。
原作の方が数倍面白いけど、アニメもなかなかおもしろい。
蛙男商会(Flogman)がわざわざ作らなくても充分だったとは思う。

2011年1月30日 (日)

ハイブリッド刑事の全編が!

先日無料で観た「ハイブリッド刑事」全編45分が配信されている!!
今日は眠いので後日また観よう〜ッと。

Free TV Show from Ustream


追記:観てみると途中に音飛びする所が1カ所ありますね。それと、映画版から多少カットされているシーンがあります。最大の違いは映画のエンディングでは小泉鈍一郎が歌う「ワンダフルモーメント」が流れたのですが、丸々カットされています。え? 「ワンダフルモーメント」を知らない?? 作品中にも出てくる「噂の刑事 トミーとマツ」のエンディングで松崎しげるさんが熱唱してるテーマ曲ですよ。 ええッ!トミーとマツも知らない?………う〜ん、ネットで調べてみてね。

2010年11月19日 (金)

「唐松岳登山」→「崖」→「大ツノの旦那」→「アルプスの少女ハイジ」へ

唐松岳のことを時々ぼんやりと思い出すのです。
特に崖っぷちギリギリなフォトジェニックな場所に立った時の景色や、ヒンヤリした空気とポッカポカの日差しなぞ、鮮明に蘇ってくる。


Gakeppuchi_2



こんな場所に立ったときの感じです。

この山に住む動物に同化するような気になります。私は「大ツノの旦那」を思い出してました。アルプスの少女ハイジに登場する立派なヤギです。崖っぷちで立ち止まって下を見下ろすたびに「私は今、大ツノの旦那……」とつぶやいてました。

大ツノの旦那について検索した所、「ハイジ大百科」なる素晴らしいページに行き当たりました。小さい頃『アルプスの少女ハイジ』が大好きだった私には懐かしく楽しい情報が満載。確かに大人になってあの物語を考えると、ハイジをおじいさんの所において行ったデーテおばさんや、ハイジには優しいけど偏屈なおじいさんについて、もっと違った角度から人柄を想像できます。キャラクタ紹介を読むと、そういった観点からも人物が考察されていて興味深いです。

ハイジを見ていた小さい頃、本当に自然のお花畑なんてあるのだろうか?と超都会っ子(というより工業地帯っ子)の私は思っていました。大人になってもその疑問は続き、山に登るようになってハイジの見た世界に近い光景(日本国内だけど)を実際にこの目で見る事になって、可憐な高山植物の咲く光景に魅了されました。そりゃあクララも元気になるわ〜!
原作に忠実な訳書を読みたくなった。探してみよう。

2009年9月 4日 (金)

キムチと豚肉と茄子の炒め煮

↑1話無料配信してますがログインが必要です。登録無料。

『天体戦士 サンレッド』の中で悪の組織フロシャイムのヴァンプ将軍のお料理コーナー「ヴァンプ将軍のさっと一品」で紹介されている「じゃことキムチの炒め煮」をアレンジして「キムチと豚肉と茄子の炒め煮」をつくったらとってもおいしい。

ごま油で薄切りの豚肉を炒めて、そこに茄子とキムチとお水をヒタヒタになるくらい入れて炒め煮にするだけ。キムチに熱をかけると旨味がますので、深い味わいになり本当においしい! さすがカリスマ主夫の異名をもつヴァンプ様直伝のレシピです。
キムチの味だけで充分おいしいので、塩も胡椒も必要なし。簡単です。

今日(日付変わったけど、木曜ね)は会議で遅かった。疲れた……
あと一日がんばればお休みだ。

2009年7月11日 (土)

ご当地ヒーロー!

お台場には等身大ガンダムが完成し話題ですが、私はこっちの方が好きです……

天体戦士サンレッド』!!

以下はWikiより抜粋。

「神奈川県川崎市を舞台に、世界征服を企む悪の怪人組織フロシャイムと正義の味方サンレッドの闘いを描くギャグ漫画 。 ……略…… 主人公は一応サンレッドとなっているが、実質的にはフロシャイム川崎市支部幹部のヴァンプ将軍を始めとする悪の組織側が主人公となっている。怪人の性格 は、フロシャイム川崎市支部幹部であるヴァンプ将軍を始め、地球や人に優しいが、一方、正義の味方であるサンレッドは粗暴なうえ、ヒモであったりと……」
という設定。原作は読んでませんが、アニメで放送されたのを見て大爆笑。
Wikiを読むまで知らなかったのですが、悪の組織のヴァンプ将軍と戦闘員1号の声を髭男爵のお二人が演じていたようです。そういわれてみれば……。
今度原作も読んでみようかなあ……

テイストを少しだけでも味わいたい方へサンレッドのテーマをどうぞ。

2008年5月21日 (水)

今ハマっているアニメ

それは懐かしのアニメ。
「若草のシャルロット」
カラオケ行ってアニソンモードに入ると、このアニメのオープニングとエンディングのテーマをよく歌う……しかし、ストーリーが全く思い出せない。それどころかキャラクターの名前すら覚えていない。主人公のシャルロットと、彼女が飼っている巨大なハムスター(それともモルモットか?)のスピカのみ。しかしテーマ曲はしっかり覚えていて、一体全体どんな話だったのか知りたいなあ〜とかねてから思っていたのだった。
このまえ、何の気なしにネットで調べたら、YouTubeにオープニングとエンディングテーマがアップされており、さらにそのページには『ニコニコ動画に全30話がアップされていて5月には削除』の記載が! 慌てて登録して、チマチマ鑑賞しております。
う〜ん、満足。
しかし……画が汚い、というか綺麗な時と汚い時の差がダイナミック!
ストーリー的には少女が様々な困難を乗り越えて成長して行く物語。しかし「キャンディキャンディ」ほどあざとくなく、安っぽい恋とか愛とかっていう部分もないのが良い。作画が綺麗なら傑作なのに……。最近こういうアニメないなあ、と思いつつ毎晩観てます。
それにしてもこんな風に昔のアニメを自宅で好きなときに観られるようになるなんて、いい時代だ。一昔前なら「テレビ探偵団」のような番組でしか観られなかったのだから(……ってこの番組も古い!)。

ということで、発掘記念で「若草のシャルロット」のオープニングとエンディングをペタリ。



 

2007年5月26日 (土)

浦沢直樹さん

ガー!眠れないぃ!!
なんか体調おかしい……本当に。明日から両親と一緒に小旅行に出かけるのに、こんなので無事に帰ってこられるのでしょうか。

会社から帰って、テレビ点けたらBSで竹中直人 P.S.45が放送されていた。ゲストは浦沢直樹さん。大好きな漫画家さんです……でも最近漫画自体全然読んでいないけど。
私が多分中学生くらいのころ。兄が読みおえた雑誌が置いてあった。その雑誌に単発で掲載されていたのが「
パイナップルARMY」。あまりにも面白くて、そのページをカッターで切って本棚に並べた。高校生になって本屋をフラフラしていたら、「パイナップルARMY」が単行本になっていた。単発だった話が連載に変わっていたのを全く知らなかったのだ。
私の家は小さい頃、漫画禁止令のおふれが出ていた。私が初めて漫画を買ったのは小学5年の時。親に隠れてこっそり買って来た。美内すずえ「妖鬼妃伝」(このリンク先の表紙は、私がかったコミックとは違ってますな)。周りの友達はコミックス大好きな人ばかりだったけど、家がそんなだから、もともと漫画雑誌を買う習慣もなかったので、家には漫画はほとんどありませんでした。成長してからも、本当に好きな漫画が単行本になってから買い集めるので、本棚には漫画はほとんどありません。買った漫画単行本は「パイナップルARMY」「MASTER キートン」「MONSTER」(浦沢直樹)、「あさきゆめみし」「フスマランド4.5」(大和和紀)、「動物のお医者さん」(佐々木倫子)、そして「妖鬼妃伝」(美内すずえ)……だけ。少ない……。
本題からそれましたが、浦沢直樹さんのストーリーも絵も好きで、特にスポーツ漫画以外の路線が好きでした(Happy!とかYAWARA!とかはあまり好きではない)。どんな人かな〜と思っていたら、少し前にNHKの番組に出ていて、初めて『こんな人なのか〜』と思ってみていました。
そして今夜、またテレビに出ていたのですが、今日はNHKに出ていたときよりも、ずっと楽しそうにしていて、もっと素の部分が出ていて、こちらも楽しく観る事ができました。音楽の趣味もあるようで、ギターを弾いて歌っていました。「20世紀少年」の主人公が歌っている歌だそうです。実際に曲も浦沢さんが作って、ちゃんと曲になっていました。
浦沢さんは画面で見ると本当に『隣のお兄さん』て感じの人で、漫画の大きな賞を何度も受けたり『1億冊を売った男』なんて言われるような感じにはとても見えないのですが、時々、視線が射抜くような、ずっと先、現実ではない世界を見通せるようなまなざしと言うか、そんな目をしている人だなあ、と思いました。柔らかく、繊細で、頭が良さそうで、ガサツそうだけどすごく繊細……って感じです。そして忘れちゃいけない……なんとなく色気のようなものもある、漫画家にしておくにはもったいない感じの人です。モテそうだなぁ。
「MONSTER」(途中で読むのを挫折した)以降は浦沢作品はもとより、ほとんど漫画を買う事も無くなりましたが、今日テレビを観ていて「20世紀少年」や「PULTO」が読みたくなりました。

あ、もう寝ないとだめだ〜。明日新幹線乗り遅れたら大変。
ってわけで寝ます〜。

2007年4月21日 (土)

おじゃる丸

おじゃる丸が、10年目だそうな。
好きなアニメで、なぜかテレビを点けるとちょうど放送してたりして、のんびり眺めてほっこりしてました。登場するキャラもみんな可愛いのも好き。ずっと続いて欲しいなあ。
今朝、はたと目が覚めたら、またもやテレビがつけっぱなしだった……
チャンネルを変えていたら「風の少女エミリー」というアニメが。懐かしい感じの少女向けアニメ。原作は「赤毛のアン」のモンゴメリ。「世界名作劇場」世代にとっては好きな作品でしょう。
また観ちゃうかもしれないけど、ちょっと放送時間が早いよ。
今日も結局、二度寝したし……。

2007年1月 4日 (木)

あっという間でした

待ち望んで突入した正月休みも過ぎてしまえばあっという間でした……気づけば2007年に入ってもう4日が過ぎている。ああー、こうしてまた毎日が消化されて行くのだろうなあ、ブツブツ。
今日はブレッドの教室を朝イチで受け、その後ちまちまと買い物。さらに甥っ子が明日誕生日なんで、そのプレゼントを探しに行き、部屋に帰ったのは夕方でした。毎年誕生日の贈り物は本ときめているので、今回もかねてから決めていた本を2冊購入。1冊は『夕凪の街 桜の国』。はじめて漫画を贈ることにした……ちょっと内容が難しいかな、と買ってから心配になったけど、時々読み返して心に残してくれればと予定通りプレゼントすることに。もう一冊はもっと気楽に読める本。気に入ってくれるといいんだけどな。
さすがに一日中立ちっぱなしであったため、疲れてそのまま30分ほど爆睡。ハッと目覚め、甥との「チョコチップがたくさん入ったパンを焼いてプレゼントする」という約束を果たすべく、今日2回目のパン作りを開始。ようやく焼き上げて、実家の母を乗せて、夜分に兄の家を訪ねました……甥っ子よ、味見もせずパンを渡してしまったが、本当においしかったのだろうか……。今度はもっとおいしく焼くから許しておくれ。
明日は仕事初めです。そして新年会です。
飲み過ぎないようにしないとなあ……今日はよく働きました、多分会社に居る時よりも(コラコラ!)。

2006年11月17日 (金)

狂犬病

犬に噛まれたことあります?
私は小さい頃2回噛まれて、1回噛まれ損なったことがあります。それでも犬好きです。猫も大好き。
少し前、日本でも狂犬病が蔓延するんではないかという、雑誌の記事を読んだことがあります。昨今のペットブームで、犬を飼う人が増えたけど、予防接種をさせない飼い主がたくさんいるという内容でした。今日Yahoo!のニュースで36年ぶりに国内で狂犬病を発症した人が出たという記事がありました。今回は海外で狂犬病に感染している犬に噛まれてしまった人が発症してしまったようです。発症してしまうと治療がないという恐ろしい感染症。本当にこんな感染症が蔓延したら…と思うとぞっとします。また、不幸にもこのような病気に感染してしまったという方がいると思うと気の毒でなりません。
狂犬病と言われてもあまりピンとこなかったのですが、学生時代に好きで読んだ漫画「MASTERキートン」の中にこの感染症を使って復讐を遂げる話があります。感染症についての学術的な記載もありますが、フィクションの部分もあると思います。とても面白いです。2巻の「RedMoon」「SilverMoon」です。
「MASTERキートン」自体がかなり面白いんですけどね。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私の好きな場所

  • 大坪家の書庫
    大坪五郎さんのインテリジェンス溢れる面白い感覚が素敵です。全国の珍スポットをルポする「巡り巡って」は大好き! 「映画評」「私のMacintosh」もいつも読んで参考にしています。
  • ハッピーマニア
    翻訳家を目指すbolero74さんのブログ。英語の勉強についての内容はもちろん、日々の出来事を綴っていらっしゃいます。同居している彼氏とのやり取りがほのぼのしていて、私は大好きです。
  • 三浦半島ティールームガイド
    三浦半島を愛すが故に、クールに論じるまみさん運営のサイト。「ティールーム」ガイド、マニアックな公園案内、そして三浦半島にまつわる歴史や問題などを取り上げた「週刊!三浦半島」。ストレートなコメントを読んだら、真意を確かめに海と山の三浦へ出かけよう。
  • 日々是好日−つれづれよっぽブログ
    様々な話題を丁寧に綴る「よっぽ」さんのブログ。真摯に、誠実に、毎日を過ごしているよっぽさんの人柄が滲み出ているような文章に、気づかされたり勇気づけられたり…。肉体にとって「マイナス」と言われることも、心を磨くことについては「プラス」になるのではないか、と感じさせてくれるのです。

Message

  • 当サイトの内容にそぐわないコメントなどは予告無く削除いたします。文章・画像・動画の転載・複写は認めていません。必要な方はコメント欄にてご連絡ください。 また気に入ったアイテムをご紹介した際、アフィリエイトリンクを利用している事があります。ご了承ください。気になる方は別のリンクからアクセスしてくださいね。

婦人画報のおかいもの

  • 奇跡のリンゴ入りカレーが気になるんですが
    婦人画報のおかいもの

MomaStore

  • 生活にアートを
    MoMAstore

ブクログの本棚

  • 読んだら登録。時々レビュー。

ドライブのページ

  • ドライブの記憶
    クルマのSNS「みんカラ」にコソッと作っているドライブページです。昔の名前(HN)で出ています。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ