« 10月になったら何を楽しみにしたらいいんだ! | トップページ | コソコソと…… »

2013年10月27日 (日)

面白さと興味深さと共感の間

 ログインできないかと心配になるほどの久々。
 最近足を痛めたらしくヨロヨロとして生活しておりますが、まあ食べてますから元気です。とりあえず、FBから転載。

------------------------------------------
 昨日、会社帰りにちょうどタイミングが合ったので地元駅前で「ダイアナ」をレイトショー鑑賞(尺も短くて終電まで相当余裕もあったし)。
 予備知識は英国王室が協力して宮殿でも撮影が行われたことくらいで、ほいほいと決めたのだが、なんていうんだろ、恋におぼれた貴族がなりふり構わず暴走、おまけに自分で別れを決めたのに、別の男と恋愛している様をメディアを使って相手に見せ付けようとする、金と労力を惜しみなく投入する恋愛暴走ドラマだった。そのスケールはドデカく、陳腐度合いもドデカイ作品でした。しかも死んじゃうわけで。
 これってどこまで実話に即してるんでしょうか。私もかなり暴走系なので感情としては理解できる部分もあるんだが、一国のプリンセス(離婚済みだが)で世界を相手に生活している人でもこんなことするんかいな?と 思うと、もしホント(の面が多い)なら英王室は彼女の扱いが大変だったであろうと気の毒になりました。虚構なら実在の人物たちを大勢扱っているわけで結構な不名誉になるのではないか? というわけで頭の???が多いのは、ある意味興味深い作品かなと、どんな駄作にも良い点を見つけようとする私は思うわけでありました。

 正直、この作品よりも明日の「八重の桜」の山川捨松と大山巌の、求婚、結婚までの話のほうがずっと面白いと思う。「ダイアナ」は 少なくとも男性にはオススメしない作品かな。大人の男性はばかばかしくて耐えられないかも。女性向き映画。女性も恋に暴走できたころの自分を思い出しつつ 観るのがこの作品の作法と思います。もっと重厚感があれば変わったと思うのに残念です。ナオミ・ワッツもがんばっているんだから、何とかできなかったの か?

 ところで作品とは関係ないが台風接近で観客は私だけでした。 生まれて初めて映画館でたった一人で本編を観たよ! 試写室上映の時だって3人くらいはいたと思うのに。

……というわけでシェアしたリンクは大山捨松です。映画「ダイアナ」に興味が湧いた人はご自身で検索してみてください。

ウィキペディア - 大山捨松

------------------------------------------

 観に行ったのは金曜の会社帰りです。

「八重の桜」の大山(山川)捨松の回は本日放送です。
 映画「ダイアナ」に関しては時々ロイヤルファミリーの話である事をすっかり忘れるほど下世話な感じでしたね。英王室でなくただの成金セレブリティであってもなにもおかしくない。ダイアナという人がそういう人だったのか映画の作りが悪いのかが判断できないけど。下世話な分、共感はできるものの悲哀がない。ダイアナ演じるナオミ・ワッツは「あ、ダイアナ」と思う所と、無認可ミッキーマウスの偽物感と同じ感じが猛烈に画面から溢れ出す所があって、テレビの再現ドラマっぽさがつきまとっていました。これは映画自体の作りが薄っぺらいからだろう。気の毒です。
 しかし、この映画を作った人はダイアナが嫌いだったのですかね。このストーリーが本当ならば彼女は皇太子妃としても、(もう妻じゃないけど)母親としても、大人の女性としても失格だったと言っているようなものなのにねぇ。10代女子をターゲットにし てるのかなぁ。
「ダイアナ」観てすぐに(ちゃんと観た事ないけど)エリザベス女王を描いた「クィーン」観たら、エリザベス女王にもの凄く共感できそうです。

 でもって、頭に???を浮かべつつ帰宅したらBSプレミアムで「アイリス」 やってまして最後まで鑑賞。3回目かな、この映画。やっぱり良かったです。決して明るい映画じゃないし、実在した作家アイリス・マードックは映画の内容通りにかなり奔放だったみたいだし、最後の最後までそれに付き合った夫は気の毒でもあり、幸福そうでもあり………「愛する事を教えてくれたあなた。今度は忘れる事を教えて下さい」という名言を残した彼女はきっといつも迷って孤独で、晩年は病に飲み込まれながらも、夫を振り回していたのではなく、ともしびのようにいつも自分から見える所にいる彼を見失わないように生きていたのだなと、そんな深い感動がある作品なのでした。
 人の魅力も、人生も、一面ではないのです。ひとつの側からスポットを当てていても、見えない面から違う何かを描き出して観客に判らせないと面白い作品にはならないのでしょうね。

« 10月になったら何を楽しみにしたらいいんだ! | トップページ | コソコソと…… »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122358/58462844

この記事へのトラックバック一覧です: 面白さと興味深さと共感の間:

« 10月になったら何を楽しみにしたらいいんだ! | トップページ | コソコソと…… »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

KAN's Music

はてなブックマーク

  • はてなブックマーク
    はてなブックマーク

お知らせ表示します。感想を書き込んでいただいてもOK。

  • ミニBBS

Message

  • 当サイトの内容にそぐわないコメントなどは予告無く削除いたします。文章・画像・動画の転載・複写は認めていません。必要な方はコメント欄にてご連絡ください。 また気に入ったアイテムをご紹介した際、アフィリエイトリンクを利用している事があります。ご了承ください。気になる方は別のリンクからアクセスしてくださいね。

婦人画報のおかいもの

  • 祝! 6周年
    婦人画報のおかいもの

MomaStore

  • 母の日にアートな贈り物を
    MoMA STORE

私の好きな場所

  • 大坪家の書庫
    大坪五郎さんのインテリジェンス溢れる面白い感覚が素敵です。全国の珍スポットをルポする「巡り巡って」は大好き! 「映画評」「私のMacintosh」もいつも読んで参考にしています。
  • ハッピーマニア
    翻訳家を目指すbolero74さんのブログ。英語の勉強についての内容はもちろん、日々の出来事を綴っていらっしゃいます。同居している彼氏とのやり取りがほのぼのしていて、私は大好きです。
  • 日々是好日−つれづれよっぽブログ
    様々な話題を丁寧に綴る「よっぽ」さんのブログ。真摯に、誠実に、毎日を過ごしているよっぽさんの人柄が滲み出ているような文章に、気づかされたり勇気づけられたり…。肉体にとって「マイナス」と言われることも、心を磨くことについては「プラス」になるのではないか、と感じさせてくれるのです。
  • 猫ヤパ
    猫ヤパさんが送る「猫ヤパ THE CAT FILES」がブログになって帰ってきました。 大好きなニャンコ達のお話や、おウチ新築のお話、PCやガーデニングなど猫ヤパさんとニャンコ達の日常のクスクスが詰まったブログ!!
  • なにブロ自作PC&ジャンク隊
    長野県在住の山桜さんが送る自作PCやジャンクパーツ……そしてクロネコ 「まるちゃん」との戯れがつづられるブログ❤️

ブクログの本棚

  • 読んだら登録。時々レビュー。

ドライブのページ

  • ドライブの記憶
    クルマのSNS「みんカラ」にコソッと作っているドライブページです。昔の名前(HN)で出ています。

最近のトラックバック

はてなスター

  • はてなスターフッター
  • 各エントリタイトルにはてなスター。よろしかったらポチってみてください。
無料ブログはココログ