« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月27日 (土)

天気が悪く登山中止で、ふて寝中

カラ元気でも出したくて動画見てたら面白いのがヒットしたので、アップしてみようかと。
こんなの見つけて……

雄々しい「女々しくて」が1分30秒から楽しくて! ゴールデンボンバーだし、金の爆弾だし、自衛隊っぽい?

地元学生とコラボ。


確かにこの曲はブラバン向きなのかも。吹いたら楽しそうな気がして来た。こっちはビリー・ザ・ブートキャンプそのもの。

自分の年代だとこれかな、やはり。

吹奏楽は軍服系のコスチュームがハマルことを再確認しました。

憲法9条改正したら自衛隊も海保もこんな事やってられなくなるのでしょうか。
平和万歳。

(甲板、もの凄い揺れだし・笑)。

2013年7月21日 (日)

呪われた夏旅〜はじめに

夏休みほぼ終了。強く残った印象だけを羅列してみる。

今年の夏旅は呪われていました。……いや、私のいい加減さが招いた事件の数々と言えばそうなのだ。
翌日早朝に出発するというのに、前日は通常出勤遅番勤務という貧乏くじをゲット済みであったため、夜間対応を終えて帰宅。日頃の疲れは最高潮であったが、あとは宿で風呂入って寝るだけだし頑張れ私、と言い聞かせて準備して出発。毛色の違うことを3つほど行うので、バックを3つに分ける。宿に到着して、大雨のなかで荷物を降ろしていると、メインのバックが無いのであった。見事積み忘れですよ。
半ベソで部屋に入って、携帯に電波が届かない事を確認。電源を切る。その後、携帯電話が目覚める事は無かった……壊れてしまったのですよ。
ようやく3日目に天気が安定して晴れたので挑んだ登山は、精神的ダメージの為か、足が前に進まず。無理をしないこととして7合目で撤退を決定。下山しながら、この夏の旅がなんともつまらなく思え、またまた半ベソで下山。
会社用に大量におみやげを購入。高速に乗る直前に入ったスーパーで今買ったお菓子が激安で売られているのを見て愕然とする。どうなってんだよ、コレ。嫌がらせか?
帰宅後に携帯電話を購入しにヨドバシカメラに行くが、スマホは要らないので話せるだけのガラケーでいいのに、その高額ぶりに怒りがこみ上げる。安いらくらくフォンでいいやって思っていたら、らくらくフォンの方が高いのね。クラクラ。
そんな夏旅も終了。
明日からは普通に出勤です……涙。

2013年7月15日 (月)

ブランチ

1373853563525.jpg
はい、大盛り。
久々の料理画像ですな。冷蔵庫の残り物でトマトパスタつくりました。パルメザンチーズをかけていただきましたよ。ベランダのスイートバジルがアクセントで良い仕事してくれました。夏は嫌いだけどバジルの香りで少し救われます。

2013年7月13日 (土)

印象もないのに忘れない記憶

自分の出た高校の名前がラジオから流れて来た。こんなに暑くて嫌というほど実感していたのに、高校野球予選の話題は改めて今が「夏」だということを思い出させる。そして高校を思い出す時に一緒に浮かぶぼんやりとした記憶。それがまた思い浮かんだ。

通っていた高校はJRと私鉄が交差する大きなM駅の隣、小さいけど乗降客の多い私鉄MS駅が最寄り駅だった。Sちゃんと学校から隣の大きなM駅まで歩いた事がある。その駅のそばで売っている大判焼きの「あずきチーズ」というミスマッチ商品を買って食べるのだ。SちゃんオススメのB級グルメ。甘くてしょっぱくて美味しいよねと言っていた。そして本音を言えば私はこの大判焼きをそれ程は美味しいと思っていなくて、まずいとも思わなかった。彼女はバス通学、自分は電車通学だったから、家はすぐ近くだったのにそのM駅で一旦別れて帰る。うまく行くと地元の駅で一緒になり、家の側まで行くバスに二人で乗り、そしてバス停からは私の自転車で二人乗りして帰った。さらに本当のところは彼女とはそんなに仲良しでもなかった。実際普段はほとんど一緒にいなかったし女子特有の「群れ」も全く別だった。だから彼女との記憶はそれくらいしか無い。何の話をしたかも覚えてなくて、ただ細切れの記憶だけが残っている。M駅までの道と「あずきチーズ大判焼き」の匂い、二人乗りのずっしりとしたペダルの重み。それから、白い薄紙をクシャクシャにしたような頼りない彼女の笑顔と女の子らしい声のトーン。
彼女の卒業後の進路も知らないし、興味も無かった。ただ何故か高校時代と沿線の話題になると、必ず彼女と大判焼きが記憶の隅に蘇った。それほど美味いと思っていなかった大判焼きと仲良しでもないSちゃんとの記憶。
そのSちゃんは病気でだいぶ前に亡くなったと最近聞いた。詳しい事は知らないけど。病気がちというイメージは無かったけど、見た目は後ろの景色が透けて見える感じの色白で細い女の子だった。

最近父と話していると、気がつけば父が子供の頃の友達の話題になっている事がよくある。父の記憶は会話やその時の情景まで詳細だ。そしてそれを話すときの父は生き生きして、むしろその記憶が頭の多くの領域を専有している気がする、年を重ねる毎に。それに比べて自分がずっと持っているこの記憶は断片的で、匂い、重み、音声は蘇っても、何の話をしたかなどは全くと言っていいほど思い出せないのだった。それでも、この記憶はなんだか自分をホッとさせきた。なぜだろうか。
自分には何ら影響を及ぼさなかった人物と美味しくもない大判焼きの味とかおり、制服と電車とバスと自転車と。それほど興味をそそらない物事ばかりの記憶が時々自分を癒しているらしい。
Sちゃんが亡くなったと知って、記憶の中のSちゃんが少し鮮明になり、血色が良くなったような気がした。

Sちゃんの声は斉藤由貴さんの声をもっと弱くしたような声でした。Sちゃん、また時々思い出すよ。

2013年7月 7日 (日)

ブライアン・ハイランド?

寝る前にテレビを点けたらこんな番組をやっていてしばし視聴。
冒頭は「空耳アワー」に似ていたので「歌詞がこんな風に聞こえる」動画を集めてるのか?と思ったが、司会のみうらじゅんと安斎肇の二人が「初見の洋楽動画」にひたすらツッコミを入れる、空耳関係無しの音楽トーク番組(なのか?)だった。
それで初めて知ったブライアン・ハイランド。
名前は知らなくとも曲は知っている、しかも最初の数秒でそれがわかる。
しかし、彼の曲はそんなに簡単じゃなかった……なんとそのイントロ数秒が微妙に違う曲が3曲もある事が紹介されていたのだった。司会の二人も驚きと爆笑してましたよ。そこから派生したトークも面白くて夜中にゲラゲラ大笑い。気になったのでYouTubeで探したら、イントロクイズになってる動画を発見。本当の曲を知らなくてもこれ観ただけでも笑えるんでは無かろうか。

ね、どれがどの曲かは別として、曲は思い浮かんだでしょう? 特に2番目の Baby faceは空耳アワーのBGMで空耳にもなってるらしい。

言われてみれば確かに聞こえるわ ♪ベイビーフェイス 夕方キュウリ捨てる♪って。

あ〜、来週の後編も忘れずに観ないと。


おまけ:ハイジ好きで閲覧していて発見した動画。全然違う話になってるけど違和感なし(笑)。

2013年7月 6日 (土)

何とも言えぬ気持ち悪さ

安藤美姫さんがお嬢さんを出産したとか。
その件についてスケート連盟が「特別扱いしない」とか。
Yahoo! ニュースのコメントには出産についてはお祝いムードで、連盟の姿勢については「当たり前だ、特別扱いの必要なし」が多い。出来ちゃった婚には手厳しい意見がドバドバとなるのに、隠し通して生んじゃったら一斉にお祝いムードのこのあたりがしっくりこない。特別扱いしないという事も、もし彼女が正式に結婚してからの出産、スケーターとしての復帰挑戦だったらどうだったのだろうか。もしかしたら連盟の姿勢も変わったかもしれない。同じ「特別扱いしない」という事だったとしてもコメント欄の内容は違った物になったのではないかと意地悪な自分は考えてしまう。
願わくば、安藤さんには、今後出るかもしれない「お母さんスケーター」が選手生活を少しでも送りやすくなるような道を切り開いて欲しかったのだが、それは今回の連盟の姿勢からすると少し難しいようだ。そういう点から見た場合、彼女の取った行動(経緯や原因などは全く考慮に入れず)を考えると、スケートに人生をかけている同じ仲間には実質的には何の影響も与えなかったことになる。

アスリートとしては脆さが先に目立つ彼女だが、女は母親になると根性が何万倍もなる(らしい)ので、新しい自分を発見しながらお嬢さんと幸せを掴んで欲しいと心から願うのであった。

(決して安藤さんが嫌いではないのだが……独女なので、人間の結婚、出産などが絡んだエントリは冷ややかな文体になってしまうようだな。)

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私の好きな場所

  • 大坪家の書庫
    大坪五郎さんのインテリジェンス溢れる面白い感覚が素敵です。全国の珍スポットをルポする「巡り巡って」は大好き! 「映画評」「私のMacintosh」もいつも読んで参考にしています。
  • ハッピーマニア
    翻訳家を目指すbolero74さんのブログ。英語の勉強についての内容はもちろん、日々の出来事を綴っていらっしゃいます。同居している彼氏とのやり取りがほのぼのしていて、私は大好きです。
  • 三浦半島ティールームガイド
    三浦半島を愛すが故に、クールに論じるまみさん運営のサイト。「ティールーム」ガイド、マニアックな公園案内、そして三浦半島にまつわる歴史や問題などを取り上げた「週刊!三浦半島」。ストレートなコメントを読んだら、真意を確かめに海と山の三浦へ出かけよう。
  • 日々是好日−つれづれよっぽブログ
    様々な話題を丁寧に綴る「よっぽ」さんのブログ。真摯に、誠実に、毎日を過ごしているよっぽさんの人柄が滲み出ているような文章に、気づかされたり勇気づけられたり…。肉体にとって「マイナス」と言われることも、心を磨くことについては「プラス」になるのではないか、と感じさせてくれるのです。

Message

  • 当サイトの内容にそぐわないコメントなどは予告無く削除いたします。文章・画像・動画の転載・複写は認めていません。必要な方はコメント欄にてご連絡ください。 また気に入ったアイテムをご紹介した際、アフィリエイトリンクを利用している事があります。ご了承ください。気になる方は別のリンクからアクセスしてくださいね。

婦人画報のおかいもの

  • 奇跡のリンゴ入りカレーが気になるんですが
    婦人画報のおかいもの

MomaStore

  • 生活にアートを
    MoMAstore

ブクログの本棚

  • 読んだら登録。時々レビュー。

ドライブのページ

  • ドライブの記憶
    クルマのSNS「みんカラ」にコソッと作っているドライブページです。昔の名前(HN)で出ています。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ