« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月21日 (月)

フラジールの季節がやってきました

年末のお楽しみ「フラジール」が届きました。

Img_0698

最近ではCMも放送されているらしいですが、数年前まではネスレの会員でないと申し込めなかったインスタントコーヒー。インスタントだけどと〜ってもおいしくて、これ飲んで以来、ネスカフェエクセラが飲めなくなってしまったという困った商品でもあります。
内蓋も丁寧に縁を残してナイフで切り取って開封です。

Img_0701


この時に鼻をつく良い香りは、毎回脳を覚醒させますな。
今回は中に入っていた案内の用紙……こんなの見た事無いっていう位にテラッテラッの紙を使っていて、こうして画像にしてみたら、紙から物が飛び出して見える位で驚いた。

Img_0699



Img_0700

こんなのいいから10円でもいい、値下げしてください、ネスレさん。

そして今日(日付変っているんで正確には昨日)のブランチは……

Img_0697

『ワタリガニと里芋とトマトのスープ』と『牡蠣とエリンギと小エビのパスタ/アボカドソース』。アボカドはあんまり滑らかにしないで、アボカド感も残しつつ仕上げました。
緑色が綺麗で元気になれそうです。

2011年11月17日 (木)

隠し味が足りないから薄っぺらなんでしょう、きっと。

先日、他部署の男性(年齢も社歴も上)から『飄々として、つかみどころのない人』と評されました。長年の知人は私を『熱い人』と言います。
どっちでしょうね。
自分でも時々、多重人格か?と思う事もあります。公の場では出来る限り感情を押し殺しているので、熱い人という方が近いのかもしれませんね。
しかし人間なんていろんな側面があるもんでしょ。あまり決めつけない方がいいんじゃないかな。複数の側面の内、多く現れるのがどの領域かで変るだけだろうし、どこが現れるかなんてその時々の場合で違うだろうし。
一方でこういう一見寛大に見える「なぁなぁさ」は、弱さなんだろうとも思ってはいるんです。そして自分に一番足りないのは厳しさなんだろうとも。他人に対しても、自分に対しても、「厳しさ」が必要な場面もあるんですが、そんな場面に遭遇しても出せない事が殆どです。
「厳しさ」はたぶん自分が身につけるべき力の中で最も難しい分野だろう事もわかってはいるんですが、半分もう放棄していますね。「厳しさ」召喚した場合、コントロール不能になりそうで怖い。他人に厳しさを向けるとしたら「怒り」になってしまいそうだし、自分に向けると「自己嫌悪」という歪んだ形になりますな、きっと。
親が子供を育てる時って、厳しさって絶対に必要でしょ。親の方も成長しますよね。
私は未婚、独女なわけで、環境から言っても到底この部分は育ちそうもありません。自分なりに少しは身につけられるようにせねば。

最近、若く見られる事がちょっと悲しくなります。たぶんアンバランスなあまり、深みが無く薄っぺらに見えているんだとわかってきました。
良い意味で老けていけるようにしたいです。

2011年11月12日 (土)

ときめき?

景気悪いですね……。
この先、先行き真っ暗みたいで気持ちも暗くなります。
ウチの会社もご多分に漏れずいろいろ大変なようです。先日の会議でもなんか様々話がありまして暗くなるような話もてんこ盛りだったのですが、ウチの課でなんかちょっと違う方向性のことも始めるかも〜?のような、あくまでも未定な話ではあったんですけど、そんな説明もありまして、その時に、ちょっとだけ自分の気持ちがムズムズとしたんだよね。
これって「ときめき」ですかね。
電話という閉じられたツールの中に可能性を見つける事が、結構好きなのかなと思いました。パソコンのサポートという側面より、コミュニケートするにはちょっと難しい環境(私の場合は電話対応)のなかで人間同士どうやったら上手に意志を伝え合ってコミュニケーションをとれるのかというのにチャレンジしたいのかもしれないなあ。
時には精神を病んでしまいそうになるけど、やっぱり好きではないけど嫌いじゃないのかな?というか、好きだと思える部分を見つけ続けているから勤められているのかな? 所詮凡人には凡人にしか出来ない範囲はあるけれど、突き詰めて行けばまだ面白みはあるのかな? とかちょっと考えてしまいました。

でもね、私の本当にしたかった事は他にあるんだけどね。
今は仕方ないな。このエリアを捨てて飛び立てるほどの勇気と知力と体力が無いのはわかっているから……とりあえず働かせてくれるようなので、この場所でもう少しやってみないといけません。そしてまた出勤するのです、来週も。

♪まだローンも払いきれない 家のドアを 閉めて〜


ほとんどの場合、この歌のように失踪したくなるような案件の方が多いんだわ。もちろん中には嬉しくなるような対応ができることもあるんだけど……そういう案件が少しでも増やせるように、ぼやいてばかりでなく努力せよ、ということかな。

2011年11月 7日 (月)

白いのっているんですか?

この曲大好きなんだよね。
E.ダマレ「白つぐみ」。
でもつぐみの白っていないみたい。いても真っ白じゃないみたいですね。

黒つぐみのさえずりならありました。


どうですか?でも雰囲気合ってると思います。

登山中に耳に飛び込んでくる小鳥の鳴き声が思い出されます。ああ、今年は思ったようにお山に行けなかったなあ。

2011年11月 5日 (土)

法事でした

こんばんは。


1320489386977.jpg

親族の法事で東北に来てます。
今朝は朝4時半過ぎに出発。さすがに眠いです。
これからご飯。食べたら即寝そうです。
明日は本家に寄って叔父に会って、お墓参りして帰ります。道路混むかなぁ。

こちらは内陸なので、津波は全く影響ありませんでしたが、墓地で墓石が倒れたままなど、まだ地震の爪痕がそこかしこに残ってました。

コメントのレスが遅れてごめんなさい。しばしお待ちを。
m(_ _)m

2011年11月 4日 (金)

喉(上咽頭炎)と免疫機能について

その後も喉の治療に行ってます。
先日は、なんだかいつもにも増して喉がイガイガしておかしいな、と思っていたら数時間後にはジリジリとした痛みに変ってきました。 

続きを読む "喉(上咽頭炎)と免疫機能について" »

2011年11月 3日 (木)

心の風穴をふさぎたい時に

ブログでも何度か書いて来た大好きな童話「おおきな木」。

DTPエキスパートの試験準備期間中、ふと通った洋書セール会場で買ってしまった著者の朗読CD付きの「おおきな木」。まだ体調も安定していないせいか、心がザワザワしてしまっていたので、さっきこの本を開いてCDを聞きながらページをめくっていました。

自分の心のありようで、読むたびに感じ方が変わる不思議な物語。でもいつでもジワーッとするのです。
与え続けるだけの木にイライラする時もあれば、愛情の深さに胸が熱くなることもあるし、奪うだけの男(の子)にムカムカする時もあれば、自分もこうして親や身近な人にすがってばかりだなと思うときもあり……。離れ離れになっていた木と男が、結びつくようにとても静かに互いの存在を感じているようなラストに、言葉では表現できない味わいが読むたびに湧いてくる。
偉大な作品だなあと思います。

付属のナレーションについて探してみたらYouTubeに同じ音声の動画もありました。



この朗読(動画)では、日本語訳版の論争にもなったフレーズ「but not really.」(本田錦一郎先生訳では「でもそれは本当かな」のフレーズ)そのものが無いんですよね。ちょっと驚いてしまいました。逆に考えれば、木が幸せかどうかは感じた側の判断にゆだねているともとれます。
…となると村上春樹さんの訳はやっぱりちょっと断定的ってことになるかな。どっちにしても私は本田訳派なのでいいんですが。

私もいつでも自分を許して待っていてくれる何かがほしいし、それが必要で無いほど自分が強くなりたいとも思うのです。

日本語での朗読もいくつかありましたが、日本語での朗読だと何となく雰囲気ぶちこわし。やっぱりまずは活字で読んでほしいです。一番雰囲気が維持できていそうな動画はこれかなぁ。


あなたのそばに「おおきな木」はありますか?

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私の好きな場所

  • 大坪家の書庫
    大坪五郎さんのインテリジェンス溢れる面白い感覚が素敵です。全国の珍スポットをルポする「巡り巡って」は大好き! 「映画評」「私のMacintosh」もいつも読んで参考にしています。
  • ハッピーマニア
    翻訳家を目指すbolero74さんのブログ。英語の勉強についての内容はもちろん、日々の出来事を綴っていらっしゃいます。同居している彼氏とのやり取りがほのぼのしていて、私は大好きです。
  • 三浦半島ティールームガイド
    三浦半島を愛すが故に、クールに論じるまみさん運営のサイト。「ティールーム」ガイド、マニアックな公園案内、そして三浦半島にまつわる歴史や問題などを取り上げた「週刊!三浦半島」。ストレートなコメントを読んだら、真意を確かめに海と山の三浦へ出かけよう。
  • 日々是好日−つれづれよっぽブログ
    様々な話題を丁寧に綴る「よっぽ」さんのブログ。真摯に、誠実に、毎日を過ごしているよっぽさんの人柄が滲み出ているような文章に、気づかされたり勇気づけられたり…。肉体にとって「マイナス」と言われることも、心を磨くことについては「プラス」になるのではないか、と感じさせてくれるのです。

Message

  • 当サイトの内容にそぐわないコメントなどは予告無く削除いたします。文章・画像・動画の転載・複写は認めていません。必要な方はコメント欄にてご連絡ください。 また気に入ったアイテムをご紹介した際、アフィリエイトリンクを利用している事があります。ご了承ください。気になる方は別のリンクからアクセスしてくださいね。

婦人画報のおかいもの

  • 奇跡のリンゴ入りカレーが気になるんですが
    婦人画報のおかいもの

MomaStore

  • 生活にアートを
    MoMAstore

ブクログの本棚

  • 読んだら登録。時々レビュー。

ドライブのページ

  • ドライブの記憶
    クルマのSNS「みんカラ」にコソッと作っているドライブページです。昔の名前(HN)で出ています。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ