« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月27日 (水)

お知らせ

おはようございます。
体調不良がこのところ続き、なかなかMacの前に座るのが辛く更新ができずにいます。会社を休まなければならないほどじゃないですから、心配ありません。
多分頚椎からくる頭痛。これが曲者で絶えずあって、これ以上強くなるとまずい感じです。ストレスとか疲れが溜まるとなる持病のひとつです。それと季節の変わり目からなのか、手術した足の不調もあって、なんだか元気が出ません。
でも少し休んで連休中には復活予定。
Twitterは時々つぶやいたり、愚痴ったり、ぼやいたりしてます。アカウントのある方はのぞいてみてくださいませ。
数日ですが、しばしおやすみします。
皆様良いG.W.をお過ごしくださいね。

2011年4月22日 (金)

最近変わった自分の生活スタイルのいくつか

もうさ、地震とか原発に絡む内容については語らぬべきかと思いもするのだが、そう考えてると揺れるわけ。だから今回も地震の関連の延長。

311の日から自分の生活で明らかに変わったこと。

はばかりへまめに行くようになった。
自分はトイレに長時間こもるが、回数は少ない人なんです。大小ともに。(大は、まぁ、女性によくある悩みですね。)例えはロングドライブでもトイレにナーバスにならないでOKな体質というか、山登りでも困らないのですよ。しかし、あの日以来、もし大きな地震がきたらトイレに行かれないかもという恐怖心から、たいしてもよおしてなくてもトイレ行っとけ!って感じで回数が増えた。ちなみに大はコントロール不能で、そもそももよおす事が少ないのが悩み。


ごはんをたくさん食べるようになった。
これも元々大食らいなんだが、とにかく一日三食しっかり量も食べるようになった。これまた何かあって食べられないと困るという思いから。いままでは朝ごはん抜きやかなり軽めが普通だったけど、朝もガッツリ食べるようになる。
この調子ならたぶん太るだろう。


ヨーグルトは自分で作るようになった。
買えないの。朝はスーパーにあるらしいけど、午後にはなくなってる。実家の母がようやく買ったヨーグルトを分けてもらい、それをタネにして作り続けてます。前に買ったヨーグルトメーカーが大活躍。1リットルの紙パック牛乳のまま作れるのも手軽。
いまだ納豆もヨーグルト同様に入手が少し難しい。納豆も自家製にするかと思案中です。

水の汲み置き。
浴槽とキャンプで使うポリタンクに水を汲んでおくようになった。ポリタンクの水は週一に交換。飲み水だからね。もちろんいよいよ飲む時は沸かさないとだめです。

スカートとヒールのある靴は現在まで封印。
パンツスタイルにリュックで通勤。リュックといってもパタゴニアのPC用のリュックだけど。おしゃれとは程遠いが、あの土手っぷちを歩いたのがトラウマになっているらしい。山歩きの練習と思えばなんてことはない。真夏になって停電対策で冷房入れられないなら、アロハシャツとアウトドア用ベルトサンダルで出勤したいと密かに考えてる。
さすがにアロハはまずいかな、まずいだろうな、きっと。

2011年4月18日 (月)

先生とか知識人とか言われる人にもいろいろいるわけで・・・

ネオさんの携帯に実家から着信。関西出身のネオさんですが普段の言葉遣いにその影は微塵も見られないのに、いきなりもろに関西弁(大阪弁ではない)に豹変していた。自分のこと「わい」って言っていてちょっと驚きました。

勝間和代女史が「朝生」で原発に関してコメントし、それが話題になってると知った。YouTubeで見てびっくり。ホリエモンの発言にもまたびっくり。話題のビジネス書をたくさん出したり、裁判沙汰になったとはいえ元はライブドアの社長とは思えないご発言。畑違いのカテゴリに住んでいた方ですけどね、やっぱりちょっとめちゃくちゃなこと言ってませんか・・・専門外なんだからむしろ出なきゃいいのに。勝間姐さんなんて津波の犠牲者数と原発が原因で無くなった犠牲者を比べたらバランスがどうとか言っていて、もうなんだか分けわかんなくなってるのか?と心配になり、さらに失笑すら漏れるくらいのおかしなことを言っていた。
まあ、もともと好きじゃないからどうでもいいんだけどね。
でも一応は彼女の本も買って読んだこともある。でもなんか受け入れられませんでした。私にはしっくりこなかった。言ってることはわかったけど。きっと根っからの怠け者の私にはなじまないんだよと思った。
それに、正直あんまり好きなタイプじゃないんです。お友達になれないタイプというか。でもね立派な人には違いないとは思って、どんな考え方してるのかなと思って本を読んでみたわけです。結局はなじまなかったわけですが。
もう大体、顔の作りをみれば自分になじむ人かどうか大体わかる。勝間女史は合わないタイプ。仮に住む世界が一緒でも(ありえないことだが)、お友達になれないタイプだろう。向こうもこっちをそう思うだろうし。それにしてもですね、あまり人の外見のことをとやかく言うのは不細工な自分としてはどうかと思うんだけど、最近の勝間女史の表情や顔の造作がちと怖い。不細工というより、ロボみたいというか。目に映るすべてを数字に置き換えてるんじゃないかと思えてくる。
やっぱり年齢がそれなりになると、その人の体の内側にあるものとか主義主張とかが表情筋に出てくるんだわ。
!?・・・私のこの間延びした顔はまさに堕落した性格を現している! 30過ぎたら自分の顔には責任持たないと。
ちなみに私がYouTubeの勝間女史を見ていたら、ネオさんが「この人、くしゃみする前の顔してる」と言った。うーむ、上手い。






ここに埋め込んだ動画の最後に挿入されている元の番組。




そしてその中の最後に紹介されている小出先生に関する動画。とても長い動画ですが原発や放射斜線についてよく理解できます。





今まで良くわからんなあ、と思っていたことも良くわかったし、これを見てから原発関連の報道や情報を見たときにそれまでより理解ができるようになりました。

約10年前に悪性腫瘍の治療で15グレイという放射線照射を受けているので、小出先生の話を聞くと複雑な気持ちになる箇所も正直ありました。お時間ある方は是非、ごらんになってみてください。
今日は動画ばっかり見てたな、それはそれで問題だわ・・・。

2011年4月16日 (土)

最近の色々

少し元気になってくると余震に揺られて気力がそがれてます。
さっきもまた揺れて緊張した。震度3か、それほどでもないんだが感覚としてはもっと揺れた感じがする。震度の基準て変わってない? 例えば3年前の震度3はもっと揺れが小さかったような気がする。私がヘタレだからなんだろう……たぶん。

そうそう、FM横浜がインターネットで配信されてMacでも(もちろんWinでも)radikoで聞けるようになりました。今日はずっと流してる。iPod touch+Wi-fiでも聞けるけど電波が安定していない所では厳しいです。地震が起きる前から山を歩く時の携帯ラジオが欲しかったんだけど、昨日電気店に行ったらまだ見事に在庫なし。一切なし。ビックリしたよ。ラジオ好きなので普段から聞けると良いなとも思っていたからちょっとショック。製品が復活するまではiPod touch+Wi-fiで我慢だな。

少々古い話題ではありますが、11日に鎌倉 鶴岡八幡宮東日本大震災追善供養復興祈願祭が行われたそうです。鎌倉にある寺、神社、教会が宗派を越えて追悼と復興を祈願、また海が鎮まるよう祈りを捧げたという事でした。終わってから知ったのですが先に知っていたら参加したかも知れません。

日本人は様々な祈りの形式を受け入れてきました。人が思う本質的な願いは同じだもの。そう考えれば違和感はないです。
海の神様と言えば、与謝野晶子が美男と詠った鎌倉の大仏は元は屋内に安置されていたけど、津波で建物が流されて今のお姿になりました。鎌倉も海の恵みも威力もよく理解している土地なのです。

2011年4月14日 (木)

愚痴

無気力。正直でいた方がいいよね。そう、無気力なのです。
今朝も台所拭き上げてたら揺れたな。もちろん仕事中も揺れた。揺れてなくとも揺れる感じがする。ヘタレだから精神的に参ってきてる。オマケにこんなニュースみたら更にダークな気分。ホントに使えない人間だな、私。すぐヘナヘナになる。ヘナヘナ。
311の地震が9世紀の貞観地震ににているだとか、連鎖して地震が起きて日本中が揺れるだとか、いろんなこと言われてる。自然災害だから仕方ない。だけど、他の原発とかどうなってるの?点検とか新たな対策してるの?揺れるのも津波もまた来たら困るけど、原発にまた何かあったらホントにこの島に住めなくなりそうで悲しい。

それと今回の事でいかに自分がくだらなくで役に立たない人間か思い知った。俳優の松尾スズキさんが『衣食住に関係ない職業についた意味をひとしきり考える日々。』とつぶやいていたけど同じ事を考えた。こんな気持ちで動けないのは、今目の前の仕事もまだまだ頑張り切れてないんだろうけど、なんか虚しいなあ。ひとりなのも淋しいのか。人生考えなおそうかな、遅いよなぁ……グダグダ。ああなんか、みっともない女だわ、今のアタシ。突き抜けちゃえばいいんだろうが。
でも悩んでダメな自分も『私』なんだよ。嫌いだけど嫌いになれないよ。
今日も早く帰って寝よ。

2011年4月13日 (水)

桜はまだ美しく

1302671047776.jpg


まだ咲いてます。
はらり…ほろり…と散る姿は、はらはらはらはら……にかわりましたが。
ざざざざぁぁ……になるのは明日かな。


1302671066511.jpg

歩道は花びらの絨毯になってます。
この上を歩くのは少し後ろめたくて、そして嬉しい複雑な気分。


不安なニュースが多く、余震も多く、地震酔いのグラグラ感が復活しました。
被災された方、原発の影響で退避された方、原発の事態修復に従事されてる方、その方々を支えるために働いている方…皆さんが少しでも安らげますように。
続く余震について気になる情報なども見ます。当たり前ですよね、自然災害なんだから。明日自分の足元が震度7で揺れてもおかしくない。
今日の桜が眺められる幸せを喜ぼう。

2011年4月10日 (日)

フルフル……カサカサ……

昨日区役所に期日前投票に行きました。
この数年は投票日当日に出向く事はありませんでした。そして今回も。
近所の人に会うの嫌だし、もし万が一当日行けないと困ると思って行ける時に行くことにしてます。
今回はかなり事前にいろんなチラシとかHPとか看板とか眺めて、ギリギリまで考えて出向きました。候補者名前を書く時も、当選したら力を尽くして欲しくて丁寧にゆっくりと書きました。あんまり力みすぎて緊張して、用紙を投票箱に入れようとしたら手が震えて溝に入らず、静まり返った投票場の部屋にカサカサカサという音が。
は、恥ずかしいぞ私。どこか悪いと思われたかも……と緊張すると更にカサカサ音が。ウググググ。
そんな事を3回繰り返し(知事、県議、市議と投票があるため3回)足早に会場を立ち去りました。

昨日は色々と予定をこなしなあ。
この期日前投票に行った事の他に、当たり前の掃除洗濯、昨日のエントリに書いたアップフロントエージェンシーのチャリティーイベントに行き、髪を切り(ショートカットだと一ヶ月に一度は行かないともっさり頭になる)、かるぽんさんとガールズトークなどなど。
かるぽんさんにKANさんと会ったよ〜って言ったら「生KAN!?」と言われて吹き出した。いい語呂だわ。でも私は嬉しくてどっちかと言ったら「熱KAN」。

CDやTVの画面でしか見た事が無かったので、会場で会ったKANさんはと〜っても華奢でビックリしてしまいました。歌ってなかったし朝からのイベント参加でお疲れ気味のようでしたから、なおさら静かな感じで「音楽家」オーラが出てましたね。歌手というより音楽家って感じでした。嬉しかったなあ。握手したら手が凄く柔らかくてまたビックリ。ピアノ弾きの手。感激。しっかりお札を義援金の箱に入れてきました。

会場の山下公園からは海の向こうに横浜火力発電所のふたつの塔が見えました。昨日はお天気が晴れたり曇ったりで、ちょうど私が出かけた頃は山下公園側には日が差し、火力発電所側には真っ黒な雲がかかっていて嫌な感じでした。地震のあと止っていたこの発電所も確か再稼働したらしいので昨日も働いていたと思います。
山下公園は関東大震災の瓦礫で埋め立てた上に出来た公園。ここから津波を起こしたのと同じ海を見て、再稼働を始めた発電所を眺めてたら複雑な思いになりました。だから写真はなんだか撮れませんでした。日本人は地震が繰り返し起きた土地に暮らして、それでもなんとか自然と折り合いを付けてここまで来たんだよなあ。来年の自分はどうなっているのか、最近は半年後の自分すら想像する事が出来なくなった。不安だけど今目に映る春を楽しみたいです。

2011年4月 9日 (土)

心が震えるときには唇に旋律を

今週はなんだか忙しくて、やっと土曜でホッとしています。
でも色々やることもあったりして、体が動かないけどやらねばならない。

この前も大きな余震があったりして、またなんだか気持ちがザワザワ。自分の弱さに辟易してます。被災地の中心にいらっしゃる方のストレスはどれくらいなものでしょう。想像するのもおこがましい気すらしてしまう。
少なくとも現時点に安心な土地の上に立っているんだから、自分の事をしっかりやらないとと思っているんですけど……だめだなあ。

地震のあとすぐに杏ちゃんの「愛は勝つ」などを貼りましたが、とうとう本家のKANちゃんが所属するアップフロントエージェンシーの歌手やタレント全員で「愛は勝つ」を歌うチャリティーが始動したようです。お友達のぽんすけちゃんが教えてくれました。ぽんすけちゃん、ありがとう! 今日は山下公園で11時からイベントもあるんですが、行きたいなあと思いつつも完全に寝坊しました。
アップフロントエージェンシーは前にもエイズのチャリティーでKANちゃんや森高千里さんや谷村有美さんがイベントを行っていたと思う。その頃はスターダストレビューも参加していたと思うけど事務所移籍したんだなあ。若い子が多くてビックリしたけど、湯原昌幸さんとか杉田二郎さんなど熟年層も参加されていて、KANちゃんと同じ事務所だったんだ〜とまじまじ眺めました。

また、ネオさんから斎藤和義さんが原発に対する思いを自身の曲「ずっと好きだったんだぜ」の詞を替えて「ずっと嘘だったんだぜ」と歌ってると聞きました。YouTubeで検索してご本人が歌っている動画を発見!
ぺたっとしておきます。

前半は「ずっと好きだったんだぜ」。4分40秒から「ずっと嘘だったんだぜ」を歌いますが途中アクシデント(ちょっと?な感じのアクシデント)で中断し8分45秒から再度歌い直してくれています。
私もほうれんそうが好きです。


言わずと知れた「愛は勝つ」アップフロントエージェンシーファミリー版もペタリしておきます。

斉唱(複数の人が同じ旋律を歌うこと)で聞くと人の声って何とも言えないパワーがあるなあ。小田和正さんが一昨年の「クリスマスの贈り物」でたくさんのアーティストと一緒にその人たちの曲を「斉唱」で歌いたかったという意味が分かる気がする。

それにしてもせっちゃん(斎藤和義ニックネーム)は凄いなあ。カッコいいの一言に尽きる。……惚れました。


2011年4月 6日 (水)

桜色の天井までもう少し

お散歩して来ました。


1302063522371.jpg


かなり咲いてますが、ピンク色のレースが掛かった空になるには数日かかりそうかな?


1302063534308.jpg


小さい公園のしだれ桜はまだちらほらとしか咲いて無くて…


1302063541690.jpg


でもどこぞの邸宅にあるしだれ桜は満開でした。


お散歩中のワンコも、野良ニャンコもなんだか穏やかです。もちろん人間も、束の間、この数日間のことや不安に思う事を忘れられるひと時。
四季の始まり。
春がきた。

前回のエントリにリンクした『ジブリ汗まみれ』のHPで宮崎駿さんの会見の模様がアップされましたね。昨日帰りの電車で改めて聞いていました。

桜がかなり咲いて来ました。
放射能汚染物質が飛んできてるとかいわれてもお昼休みには桜の下を歩こうかと思う。

なにも言わず
やがて花は咲き誇り
叶わぬ思いを散らし季節はいく

桜が咲くとユーミンの『経る時』を口ずさむ。
お散歩に出たら咲き始めの桜を写真に撮ってきます。
(iPod touchから投稿)

2011年4月 5日 (火)

東京FM 鈴木敏夫のジブリ汗まみれ

日曜の夜、帰宅途中のクルマの中でよく聞く番組。
ご存知、スタジオジブリの取締役でありプロデューサーの鈴木敏夫さんのトーク番組。昨日の夜もいつもと同じようにクルマを運転しながら聞いていた。
今回放送分は、ジブリの次回劇場作品「コクリコ坂から」の主題歌発表会見の模様を放送していた。今回は監督としてではなく企画として参加している宮崎駿氏の挨拶は、震災という局面に遭遇して感じた事を織り交ぜた内容で深く胸を打った。
私は震災について考えるとき、ナウシカの物語で使われていた台詞が頭をよぎる事が何度もある。
宮崎氏はナウシカを作った人だ。
あの作品を作った人が、実際に自然の脅威と、人間がコントロールしきれない放射能の脅威を見たとき、何を感じたかという事を素直に言葉にしていて、時に声を詰まらせがら発言されていました。ハンドルを握りながら、私もその言葉に頷き、少し涙しながら聞いていました。

番組ホームページで放送内容がポッドキャストで配信されるようですが、まだ4月3日放送分はアップされていないようです。今週末にアップされるのかもしれません。
鈴木敏夫のジブリ汗まみれ』は毎週日曜夜11時から。公式HPはこちら

2011年4月 3日 (日)

三菱一号館美術館に行ってきた

ヴィジェ・ルブラン展に行ってきました。
実家からタダ件2枚もらったけど一人きりで出かけたので、入場の所にいた親子に1枚券を譲りました。捨てちゃうのもったいないし〜。
ヴィジェ・ルブランは女流画家でマリー・アントワネットの肖像画を書いた人です。当時の女流画家は上流貴族の夫人や娘さんが多いのですね。今回の展覧会で知りました。一般の女性は親や親類が画家の場合、その影響で絵筆を取るようになった人が多いようです。
「べルサイユの薔薇」を読んだ世代だったので、展示した絵画の中にポリニャック夫人など知った名前の絵があって、まじまじと眺めてしまいました。
貴族の肖像画を書いた女流画家達の中には、フランス革命に巻き込まれ「貴族と懇意にしていた」という理由でギロチン台の露と消えた女性もいたそうです。
時代の波は容赦なく人間の運命を巻き込んで行くのです。この時期にこの展覧会に行った事で、他の機会とはまた違った感情で絵を眺め、解説を読みました。

今回会場となった三菱一号館はイギリス人建築家ジョサイア・コンドル設計で、丸の内に建設された初めての洋風事務所建築だそうです。老朽化のため昭和43年に解体されましたが、忠実に再建され昨年春に美術館としてオープンしました。ひとりだったのでカフェなどにも寄らずそそくさと帰って来てしまったけど、今度はゆっくりと訪れたいです。


Img_0080


再建とはいえどっしりとした歴史的建築物の向こうに見える高層ビル、ちょっと不思議な光景です。

昨日はこうして過ぎました。
今日はなんだか一日中天気がハッキリしなくてモヤッとしたまま過ぎて行きます。私にとって新しい出発の日なのですが、まあこんなモヤモヤな感じもまた良しとしましょう。桜もちらほらと咲き始めてますから。

2011年4月 2日 (土)

今さらだが、ぽぽぽぽ〜ん

……さよなライオンは「パーでんねん」にしか見えない。
♪アホじゃありません、パーでんねん!パァ〜♪ ってひょうきん族でさんまちゃんがやってたアレ。頭の辺りがね、似てる。

ウンザリするくらいにテレビから「ぽぽぽぽ〜ん」と流れていたCMも無くなって来たという事は、すくなくともテレビには平常がほとんど戻ってきつつあるという事かな? そんなにテレビを見ない私でさえ、かなり頭のなかが「ぽぽぽぽ〜ん」だった。何回くらい見せられたのだろうか。
ぽぽぽぽ〜ん、と流れるとぽぽぽぽ〜んと言ってしまう。こだまでしょうか? いいえ、条件反射です。

こんな動画を見つけてしまった。シリーズであるようですが、とりあえず「ありがとウサギバージョン」をどうぞ。


最初見たのはウナギバージョンだった。マンボウが凄い……くだらないけど笑ってしまう。作る人は凄いなあ。

2011年4月 1日 (金)

生命力

Img_2738


一昨年の夏休みにネオさんと一緒に眺めた岩手県大船渡市にある穴通磯の巨岩。
わぁ〜、すごいね〜って眺めたのがつい昨日の事のよう。

おみやげを実家に送った気仙沼の港近くのお店や、気仙沼市本吉地区にあった「はまなすステーション」という道の駅がどうなったか気になって検索して……無惨な姿になってしまった写真を見ました。ニュースであの付近がどうなったかは聞いていたから覚悟はしていたけど、こんなにも変わってしまうのかと愕然としてしまいました。それ以来時々瓦礫と化した街の写真を思い出しては泣けてきてしまいます。あのときおみやげを送るのに相談に乗ってくれた店員さんや、道がわからなくなって尋ねた人や、レストランでウニをサービスしてくれたお姉さんや料理長さん……あの時の事を思い出しては時々じわじわと泣けて来てしまってます。
そんな状態なのにテレビやネットのニュースを見続ける自分。真実を伝え切れていないような感じで、どうにもこうにも消化不良な感じが拭えず。こんなにもニュースをみても納得できない私はこれ以上一体何を欲しているのか?と自分でもわからないまま、更に色々なニュースを見て回る毎日でした。でもなんだか、こちらのブログを読んでようやく納得できた気がします。

JKTS ……被災地 陸前高田へ医療スタッフとして赴いた方のブログです。

内容は、ニュースなんかよりももっと衝撃があります。それはバットで殴られるというような激しいものではなく、とても静かで酷い。でもなんだろう、その酷く悲しい中に作り物じゃない本当の希望が散りばめられている。底が見えないほどの深い悲しみなのに。人間が持つもの凄い力が文字の間から行の間から溢れ出て来ているのです。それはこのブログを書いているご本人の力と、文章に書き込まれている被災されている方々の双方の「生命力」なのです。
このブログに書き込まれた同じ日付、その時私は余震にただ怯えて生活していたはずです。そんな自分が恥ずかしいというよりも、むしろ哀れに思えました。もっと気持ちを入れてやって行こうと思い直す事ができました。それは特別に何かをするというよりも、まだまだ不安定だった気持ちに喝を入れて安定させる事……自分にはまだそれすら出来ていなかったのです。
ご興味がある方は是非ご一読を。
でも、生々しいほどの現地の情景が飾らない言葉でまっすぐに書かれていますから、この震災で被災者の皆様の状況を、まるで自分のことのように感じてショックを受けている方はもう少し元気になってから読んでみてください。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私の好きな場所

  • 大坪家の書庫
    大坪五郎さんのインテリジェンス溢れる面白い感覚が素敵です。全国の珍スポットをルポする「巡り巡って」は大好き! 「映画評」「私のMacintosh」もいつも読んで参考にしています。
  • ハッピーマニア
    翻訳家を目指すbolero74さんのブログ。英語の勉強についての内容はもちろん、日々の出来事を綴っていらっしゃいます。同居している彼氏とのやり取りがほのぼのしていて、私は大好きです。
  • 三浦半島ティールームガイド
    三浦半島を愛すが故に、クールに論じるまみさん運営のサイト。「ティールーム」ガイド、マニアックな公園案内、そして三浦半島にまつわる歴史や問題などを取り上げた「週刊!三浦半島」。ストレートなコメントを読んだら、真意を確かめに海と山の三浦へ出かけよう。
  • 日々是好日−つれづれよっぽブログ
    様々な話題を丁寧に綴る「よっぽ」さんのブログ。真摯に、誠実に、毎日を過ごしているよっぽさんの人柄が滲み出ているような文章に、気づかされたり勇気づけられたり…。肉体にとって「マイナス」と言われることも、心を磨くことについては「プラス」になるのではないか、と感じさせてくれるのです。

Message

  • 当サイトの内容にそぐわないコメントなどは予告無く削除いたします。文章・画像・動画の転載・複写は認めていません。必要な方はコメント欄にてご連絡ください。 また気に入ったアイテムをご紹介した際、アフィリエイトリンクを利用している事があります。ご了承ください。気になる方は別のリンクからアクセスしてくださいね。

婦人画報のおかいもの

  • 奇跡のリンゴ入りカレーが気になるんですが
    婦人画報のおかいもの

MomaStore

  • 生活にアートを
    MoMAstore

ブクログの本棚

  • 読んだら登録。時々レビュー。

ドライブのページ

  • ドライブの記憶
    クルマのSNS「みんカラ」にコソッと作っているドライブページです。昔の名前(HN)で出ています。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ