« 防虫剤のかほり | トップページ | 相変わらず冴えないね »

2010年10月30日 (土)

「おおきな木」が村上春樹の訳で復刊

シェル・シルヴァスタイン 著「おおきな木」……… 自分が読んだ本のなかでたった1冊だけ良書を推薦するとすれば、迷い無くこの本をおすすめします。本当に大好きな本。
この本が世界的に有名な村上春樹さんの訳で復刊しました。前の訳者であった本田錦一郎さんがお亡くなりになったかららしいです。
なぜか私の家にはこの本の原書だけがあります。
このエントリを書くのに本棚を確認したのですが「おおきな木」が見つかりませんでした。何度も買っているはずなのですが、贈り物にする事が多くて自分用には買っていなかったのか? いやそんなはずはないが……でも見つかりませんでした。本の帯にはたしか「0歳から100歳までが読める絵本」というような一文がついていたような。手元にある原書は私が1999年に入院した時、通っていた英会話スクールの先生がお見舞いに持って来てくださったものです。私がこの本が好きだという事も知らないはずなのにお見舞いの品に選ばれる本なのです。しかも先生はカナダ人でほとんど日本語が話せない人でした。このことからもこの本の質の高さがわかるでしょう。
もともとは大学時代、授業の児童文学概論で先生が紹介したので初めて知った本。最初に読んだ時に涙が自然に流れてしまい、心を大きく揺さぶられたのを今でも覚えています。

物語は少年と、その少年が大好きだった木の交流であり、淡々とストーリーが進みます。イラストのような絵も可愛らしいです。ストーリー自体はもの凄くシンプルなのです。シンプルだからこそ、その奥にある「愛とは」という問いかけが読者に大きく突きつけられます。大人になるにつれ、その愛の意味をたくさん解釈できるようになっています。時には少年、時には木の立場で読み、その少年や木に対していらだちを持ち、また自分ことを振り返り反省したり、周りを見渡して感謝したり。読むたびに気付きをくれる不思議な本なのです。

物語の後半にこの本の最大の鍵になる一言があるのです。
この訳に全てがかかっているほどの一言だと私は思います。
少なくとも前の訳の本ではそうでした。
今回の村上春樹版がどのように訳されているのか、ドキドキしながらページをめくっていったのですが………私の個人的な好みから言えば、前の訳の方が好きです。今回の訳を初めて読んだ時にちょっと衝撃を受けて、ずっと開いていなかった原書で確認すると、確かに村上版の方が英文の内容をそのまま汲んで訳していると言えるなと感じました。全体の雰囲気からすると村上版は「木」が女性的に訳されていて母性を前面に出しています。本田版は木の個性は排除されていて、全編を通して読み手がどうにも取れるように訳しているように感じました。問題の「一文」に関しても村上版(原書もそうだけど)は事実をそのまま述べる内容で、本田版は読者に質問を投げかけるような訳になっているのです。

どちらがいいという事ではありません。
文学の解釈、英語から日本語にする時の解釈など、書き手と読み手がその時に好きなようにすればいいのです。そこが面白味ですから。
私は本田版が好きです。
読み比べるのには村上版も欲しいです。
他人に贈るなら本田版です。
でも本が好きな人なら原書、本田版、村上版の全部読めと言います。
つまり、この原作がそれ程魅力のある本なんです。
国や言葉、性別、年齢などを越え、全ての人が何度も立ち止まる「愛」の解釈のヒントがこの本には隠されていて、それがこの本の素晴らしさです。
もしこのエントリを読んで興味を持たれた方がいらしたら、是非ともこの本を読んでみてください。図書館に行けば必ずあると思います。原書も私が読める位のもの凄く簡単な英文ですから、どなたでも読めると思います。

アマゾンの評価を見比べても、訳に対して、またこのストーリーそのものに対して様々な評価があって面白い。


↓調べたら本田版はユーズドしかないんだねえ……当たり前と言えば当たり前か。

おおきな木 おおきな木
シェル・シルヴァスタイン Shel Silverstein

篠崎書林  1976-01
売り上げランキング : 36190
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓村上版「おおきな木」。

おおきな木 おおきな木
シェル・シルヴァスタイン Shel Silverstein 村上春樹

あすなろ書房  2010-09-02
売り上げランキング : 402
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓原書はこちら。

The Giving Tree The Giving Tree
Shel Silverstein

HarperCollins  2003-04-15
売り上げランキング : 177
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 防虫剤のかほり | トップページ | 相変わらず冴えないね »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122358/49885358

この記事へのトラックバック一覧です: 「おおきな木」が村上春樹の訳で復刊:

« 防虫剤のかほり | トップページ | 相変わらず冴えないね »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

KAN's Music

はてなブックマーク

  • はてなブックマーク
    はてなブックマーク

お知らせ表示します。感想を書き込んでいただいてもOK。

  • ミニBBS

Message

  • 当サイトの内容にそぐわないコメントなどは予告無く削除いたします。文章・画像・動画の転載・複写は認めていません。必要な方はコメント欄にてご連絡ください。 また気に入ったアイテムをご紹介した際、アフィリエイトリンクを利用している事があります。ご了承ください。気になる方は別のリンクからアクセスしてくださいね。

婦人画報のおかいもの

  • 祝! 6周年
    婦人画報のおかいもの

MomaStore

  • 母の日にアートな贈り物を
    MoMA STORE

私の好きな場所

  • 大坪家の書庫
    大坪五郎さんのインテリジェンス溢れる面白い感覚が素敵です。全国の珍スポットをルポする「巡り巡って」は大好き! 「映画評」「私のMacintosh」もいつも読んで参考にしています。
  • ハッピーマニア
    翻訳家を目指すbolero74さんのブログ。英語の勉強についての内容はもちろん、日々の出来事を綴っていらっしゃいます。同居している彼氏とのやり取りがほのぼのしていて、私は大好きです。
  • 日々是好日−つれづれよっぽブログ
    様々な話題を丁寧に綴る「よっぽ」さんのブログ。真摯に、誠実に、毎日を過ごしているよっぽさんの人柄が滲み出ているような文章に、気づかされたり勇気づけられたり…。肉体にとって「マイナス」と言われることも、心を磨くことについては「プラス」になるのではないか、と感じさせてくれるのです。
  • 猫ヤパ
    猫ヤパさんが送る「猫ヤパ THE CAT FILES」がブログになって帰ってきました。 大好きなニャンコ達のお話や、おウチ新築のお話、PCやガーデニングなど猫ヤパさんとニャンコ達の日常のクスクスが詰まったブログ!!

ブクログの本棚

  • 読んだら登録。時々レビュー。

ドライブのページ

  • ドライブの記憶
    クルマのSNS「みんカラ」にコソッと作っているドライブページです。昔の名前(HN)で出ています。

最近のトラックバック

はてなスター

  • はてなスターフッター
  • 各エントリタイトルにはてなスター。よろしかったらポチってみてください。
無料ブログはココログ