« 三笠を見学してきました。 | トップページ | 携帯電話より »

2010年2月 1日 (月)

ほらZ旗揚がってるよ

(画像はクリックすると拡大します、が今回はピンぼけ・手ぶれが多いです……すみません。)

土曜日に「記念艦 三笠 」に行ってきました。

入場してすぐに母は上を指差した。

Dvc00039

私はZ旗というのも知らなかったし、日露戦争でこの旗が掲げられた事から「Z旗を揚げる」という慣用句になっている事も知らなかった。

Dvc00038


小学生の時に来たきりで、母も「ん十年前」に来たきり。私の記憶は曖昧だし、母の来た時とは展示の様子が全く変わっていたらしい。

甲板上にある計器類などは固定されている物が多いものの、ほとんどがそのまま。覗いたり、一部は動かしたりできます。

Dvc00033


補助砲は動かなかったけど角度を変える取手はグルグル回せたりした。

Dvc00032


ニョキニョキと補助砲が。これらがバルチック艦隊をドーンと撃っていた本物です。

Dvc00009


艦尾の主砲。蓋がしてあるところが何とも……。

艦橋には入れませんでした。

Dvc00045

ピカピカ。カッコいい。



艦橋の上にあるここで東郷平八郎始め秋山真之達が指令を出していました。
立ち位置がプレートで張られています。

Dvc00042

左下が秋山真之。その右が東郷総司令官。

Dvc00044


船首を見るとこのような眺め。

この日はお天気がよかったので景色がきれいでした。

Dvc00035

猿島もよく見えます。



とは言え戦艦だったのです。日露戦争ではこの船で多数の方が戦死されています。そしてこんなプレートも貼ってあるのです。

Dvc00037

Dvc00040

生々しい。
しかし母が子供の時に見学した時は、殺人現場のように戦死の様子や、船の損傷箇所がペンキでマークされていたそうです。衝撃的過ぎる……。


甲板の一部には、当時が身近に感じられるこんな展示も。それにしてもこのロープは?

Dvc00031


Dvc00030

戦争です。弾片が雨霰のように降り注ぐ……想像つかない。

当たるとこんな風になるらしい。

砲台が当たった部分の三笠の鉄板を使って作った灯籠。

Dvc00046

鉄板がめくれ上がるわけで、人間なんて木っ端みじんだよ。



内部に進むと生活感のあるお部屋も。

Dvc00021

左の棚には食器も入って展示されていました。

Dvc00025

お風呂が意外と大きく感じました。
トイレが凄く小さい。
洋風のバスタブに日本風の木製の蓋がミスマッチ。

Dvc00023

素敵な灯りが下がっていました。

この他にも会議に使われた立派なお部屋や、東郷平八郎が使用したお部屋や家具が多く残されていて身近に眺める事ができます。

明治時代の戦争に使用された船と考えると、凄い年月が経過しているんですよね。

Dvc00020

艦長室にまつられていた神棚。
イギリスで作られた船の三笠。随所に日本文化と融合したような物もありました。

Dvc00013

クロノグラフ。下の箱の彫り物が日本的で興味深いです。



大きな展示室には、東郷平八郎やその他有名な乗組員の方々の品物や書簡など、そして船に当時設置されていた物なども展示されていました。

Dvc00016

東郷平八郎が着た軍服など。一番奥は礼装時の服。勲章を掛けるための生地と同色の紐が左胸にたくさんありました。



Dvc00014

私の身長程ありそうな菊の紋章。船首に掲げられていた実物です。
木製で作られていました。近くで見るとなぜか怖かったです。


そして怖かったのがもうひとつ……

Dvc00017

ある展示室を覗いたら等身大の人形が突然現れ息を呑みました。
人形の再現はこれだけでしたが……
ピンぼけですみません。



Dvc00011

この階段を最後に上がっておしまい。
なんとこの階段、東郷指令長官専用の木製階段だったそうです。




Dvc00007

もう日が傾いてました。

少し前にはちょんまげ、和服、帯刀で生活していた日本男児が、世界屈指の艦隊に戦争を挑んだ。苦悩の決断、見切発車、大いなる勘違い……いろいろな解釈があるでしょうけど、この戦争があって、勝利し、その後第二次大戦があり、高度経済成長、バブル崩壊……今、私たちはここに居る。
長く続く不景気とか、将来に希望が持てないとか、国力が中国に抜かれるとか……混沌とした今に生きている私たち。大人になってこの船を見るといろんな想いが湧きました。

Dvc00004

東郷元帥の銅像に迫る夕闇。


お昼ご飯もまともに食べなかった為、母とふたり、〆はお魚を頂いて帰りました。

Dvc00002

地魚丼。
……んまぁ。
やっぱり平和が一番だ、と最も感じたのは、実はこの時だったかも。

記念艦 三笠 ホームページはこちら

« 三笠を見学してきました。 | トップページ | 携帯電話より »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122358/47445992

この記事へのトラックバック一覧です: ほらZ旗揚がってるよ:

« 三笠を見学してきました。 | トップページ | 携帯電話より »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

KAN's Music

はてなブックマーク

  • はてなブックマーク
    はてなブックマーク

お知らせ表示します。感想を書き込んでいただいてもOK。

  • ミニBBS

Message

  • 当サイトの内容にそぐわないコメントなどは予告無く削除いたします。文章・画像・動画の転載・複写は認めていません。必要な方はコメント欄にてご連絡ください。 また気に入ったアイテムをご紹介した際、アフィリエイトリンクを利用している事があります。ご了承ください。気になる方は別のリンクからアクセスしてくださいね。

婦人画報のおかいもの

  • 祝! 6周年
    婦人画報のおかいもの

MomaStore

  • 母の日にアートな贈り物を
    MoMA STORE

私の好きな場所

  • 大坪家の書庫
    大坪五郎さんのインテリジェンス溢れる面白い感覚が素敵です。全国の珍スポットをルポする「巡り巡って」は大好き! 「映画評」「私のMacintosh」もいつも読んで参考にしています。
  • ハッピーマニア
    翻訳家を目指すbolero74さんのブログ。英語の勉強についての内容はもちろん、日々の出来事を綴っていらっしゃいます。同居している彼氏とのやり取りがほのぼのしていて、私は大好きです。
  • 日々是好日−つれづれよっぽブログ
    様々な話題を丁寧に綴る「よっぽ」さんのブログ。真摯に、誠実に、毎日を過ごしているよっぽさんの人柄が滲み出ているような文章に、気づかされたり勇気づけられたり…。肉体にとって「マイナス」と言われることも、心を磨くことについては「プラス」になるのではないか、と感じさせてくれるのです。
  • 猫ヤパ
    猫ヤパさんが送る「猫ヤパ THE CAT FILES」がブログになって帰ってきました。 大好きなニャンコ達のお話や、おウチ新築のお話、PCやガーデニングなど猫ヤパさんとニャンコ達の日常のクスクスが詰まったブログ!!

ブクログの本棚

  • 読んだら登録。時々レビュー。

ドライブのページ

  • ドライブの記憶
    クルマのSNS「みんカラ」にコソッと作っているドライブページです。昔の名前(HN)で出ています。

最近のトラックバック

はてなスター

  • はてなスターフッター
  • 各エントリタイトルにはてなスター。よろしかったらポチってみてください。
無料ブログはココログ