« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月29日 (木)

壊れました

しばらくの間、更新間隔が開くと思います。
すみません。
大殺界だからか、それともプレ更年期障害なのか、いろんなコマゴマとした事が起こって心身ともに疲れているようです。良くないなあ、ホントに。

ところで、こんなニュースを読みました

すごい。
ドラマみたいだよ。
しかし結婚を前提としたからって、男性は相手の女性にこんなにもお金を出すものなんでしょうか。びっくり。これから一緒に生活するわけなんだから、お金そんなに出してどうする。
それにしても妻が夫に多額の保険金をかけて殺害っていう話は時々聞くけど、この女が本当に犯行を行ったとすれば、どの事件も結婚前に殺害実行ということだ。足がつかないようにか? それとも「未婚」「独身」というブランドを余程大切にしたかったのか? 私よりは確かに若いが、30完全に過ぎても次から次へ獲物(…というよりカモか)をゲットしていたわけだからスゴイぞ。どんな手管を繰り出していたのか教えて欲しい。金のためとはいえ、相手の男に何百万も出させる方法っていうのは大した技術だと思うのだ。

しかも最後は始末するなんて!

そう言えば、昨日発車待ちの電車に乗ったら、ホームでカップルがマジ喧嘩していた。男性が怒鳴りまくって、足を踏み鳴らしまくってました。大人の本気の地団駄って初めて見たよ。女性の手首をつかみあげたり、かすり気味の平手打ちなんかもしてた。別れ話っていうよりも、浮気のしっぽをつかまれて逆切れしてる感じに見えたがどうなんだろう。電車に乗っているほぼ全員の人が注目してました。
だってホームのド真ん中でやってるんだもの。発車までの時間も結構あったしね。

かくいう私も、渋谷駅前交差点で元カレと平手打ちしまくりの大喧嘩をした事があります。若かったなあ。
今なんて怒る気力も無いよ。

2009年10月25日 (日)

携帯電話から投稿したら

画像、デカ!

びっくりした。
機種変更したのは良いけど、勝手が違ってうまくいかず。

予定と天気の合間を縫って、少しだけ出かけてきました。
場所は鎌倉中央公園。
鎌倉駅から歩いて40分位。途中にある銭洗弁天に少し立ち寄ったり、通り道の「源氏山公園」で道に迷ったりしたので、予定より1時間ほど時間を要しましたが午後2時ころ家に帰り着きました。
ちょっとそこまでハイキングです。
復路は鎌倉中央公園から湘南モノレールの「湘南町屋駅」に出て戻りました。
天気も悪かったので、気持ちのよい散策とは言えませんでしたが緑の匂いや、土や枯れ葉を踏む感触で充分癒されました。そして鎌倉はどこに行っても人が多いのですが、この公園はとっても静かであるのがなにより心地よかったです。

鎌倉の秋は11月中旬頃でしょうか。

鎌倉中央公園についてはこちらをご覧下さいね。

2009年10月24日 (土)

朝顔

朝顔
帰る途中のバス停で塀に朝顔が満開になってました。

時々パラパラ雨が降っていたので、水滴でおめかし。深い青が綺麗でした。

気分だけ

気分だけ
電車で1時間揺られて、軽いハイキングに来ました。
インスタントコーヒーでも緑の中ではおいしいです。軽いウォーミングアップだから、そろそろ帰ります。

上高地に思いを馳せる

ラジオのお天気お姉さんが言ってました。百舌が甲高い声で鳴いて75日目に霜が降りるらしい。
「百舌の高鳴き75日」
そして本格的な冬に突入……これは統計的にもほとんど合っているそうです。
自然は実はとてもシステマチックに作られ運営されてます。

私が出かけてきた涸沢もストーブが毎日焚かれるほど寒くなっているようです。
そして玄関口の上高地はカラマツが黄色く染まり、美しい色彩で彩られて……ああ、今すぐにでも飛んで行きたい。
昨年泊まり、今年はソフトクリームを頂いた涸沢小屋も11月3日で今年の営業は終了だそうです。またお世話になりたいです(笑)。

えっちらおっちら登って穂高の懐に分け入るのもいいけど、上高地のホテルでゆっくりとお茶を飲みながらくつろぐ旅も良いものです。

宝石のようなエリアも、もうじき何もかも白く塗りつぶされる季節がやってきます。

涸沢小屋のご主人が綴るブログを眺めていると、あの場所の風の匂いがする時があるのです。

2009年10月22日 (木)

二つ峠越え

今日は外来でした。
このところ、精神的に参って、体調もおかしくなっていたのもあり、完全に鬱モード。物事を良い方向に考える事が出来ず、検査結果を聞きに行くのがとても嫌だった。
もしまた再発したらとビクビク状態。
正直入院や治療は絶対にしないといけないわけで、それはいい。滅多にないことだろうが、病状がかなり重篤な状態だったとしても、それはそれで受け入れる覚悟は出来ているのだが、それに伴う諸々のこと……金銭とか入院生活を支えてくれる家族への精神的肉体的負担とか、そういった事を考えてしまい、鬱モードも手伝って、もう勝手に落ちまくってたのです……。
えぇ、えぇ、バカみたいですよね、分ってます。
でも病気で不安になると際限なく落ち込めるんですよ、ホントに。
立て続けにバンバン山に行くのも、半分は「もしまた入院になったらしばらく登れないかも」という恐怖心が後押ししている部分もあるわけで。豪快なフリをして本当は「真性ビビリ」の私はいつもこんな気持ちで揺れ動いているのです。
だから、先生の「大丈夫だよ」という言葉に、今日も心底ホッとしたのでした。胸のつかえもおかげで取れたのでした。

もうひとつ音の問題ですが、今日上の階の方とお話してきました。
とても勇気が要ったのですが、一度お話してみようと思って訪ねました。先方もかなり気を遣って生活しているということを言っていて、また必要があればこれからも配慮してくださると言ってくれました、が、もしかしたら音そのものが上の階の部屋ではなく、斜め上とか違う部屋から漏れている可能性もあると感じました。
上の方とは円満に今日話ができたので、もしこれで夜分の音が収まらなければ、管理組合に連絡するしかないのかなあ、と思います。上の方は「既に出来きうる限りの配慮」をしてくださっているのがとても良く理解できたし、またそれ以上の他のお部屋に声をかけるところまでは個人レベルでは無理ですから。
今日話が出来たことで、悶々とした気持ちが収まっただけでも大きな収穫です。音が収まらなければ、それは困るんですけど、上の階の音でないとすれば、音漏れは想像以上の範囲で広がるということだ。ああ、自分も今よりもっともっと配慮して暮らすべきだと痛感しました。

誰にも迷惑かけずに暮らすなんて無理なんですもんね。
ストレスがとってもかかったけど自分にも気付きを得た一件。自分も下のお部屋に「ご迷惑をおかけしてませんか」と言える機会を作りたいと思いました。

大変だったし、解決したわけじゃないけど、良い勉強になった期間でした。
そしてもっと図太くならないとダメね。
入院生活、山小屋泊、結局は「ぺらぺらの布で仕切られただけ」のテント泊でも、ストレス無くガーガー眠れるのに、こんな鉄筋の枠組みの音漏れに精神を崩壊させられるなんて、ホントダメ人間です。

2009年10月21日 (水)

ゴニョゴニョ……

どうか明日も穏やかに終わりますように。

最近見間違えたもの

1.雑誌を見ていて「あ、ドナルドマクドナルド!」と思ったら、吉川ひなのちゃんだった。

2.また、雑誌を見ていて「あ、ドナルドマクドナルド!」と思ったら、青山テルマさんだった。

3.CMで「これしずちゃん?かわいいじゃん」と思ったら、またまた青山テルマさんだった。

4.CDショップで「みうらじゅん、新しいCD出したんだ」と思ったら、アンジェラ・アキさんだった。

自分でもどうして見間違えるんだか分りません。決して似てないと思うのですが。

2009年10月18日 (日)

序の舞

昔は日本画の良さって全然分らなかったけど、最近は展覧会で日本画を見るのが楽しくて仕方がありません。
10年くらい前にBunkamuraで上村松園展があって母と行ったのですが、その時は綺麗だなあ、凄いなあと感動したものの、それほど面白いとか深くは感動しませんでした。もし今あれと同じ位の上村松園展があったら絶対観に行きたい!丸々1日眺めていても良いと思う。
この前ふとBS点けたら映画「序の舞」やってました。最後の方から観たのですが、どれくらいフィクションなのかなあ、あのストーリー。明治時代にシングルマザー、ワーキングマザーをやってのけた鋼の意志と、技術を持った女性。人間としても魅力に溢れた人なんだろうなあ。晩年に年下の男性に恋をし、失恋し、その後大作の「焔」を書き上げたというエピソードに、凄味を感じますが、普通の女性と変わらないんだという気持ちにもさせてくれます。

魂すべての情熱を掛ける物事がない私は、松園の作品だけでなくその人生にも憧れるのであります。

「天璋院 篤姫」同様、宮尾登美子さんが原作なんだ。読んでみようかな、秋の夜長に。

2009年10月17日 (土)

沈没中

せっかく気候も良くなって調子がいいと思っていたのですが、あまりの忙しさにすっかり撃沈。家に帰ってきても上の階の音がうるさくて休まらず、少々ノイローゼ気味なのです。
騒音ってこんなにも不快だったのですね。
でも私が気にし過ぎなのかと思って、修行のつもりで耐えているのですが、やっぱり言いに行った方が良いのかな……。生まれてすぐの子と、2歳くらいのお子さん二人いて、とっても可愛らしいのを知っている分、仕方ないと思っているんだけど、12時過ぎまでうるさいっていうのは大人の生活音がうるさいのかもしれず……だとすれば自分も階下の部屋に同じ音を響かせているのかもしれず……でも上の階の人は越してすぐは静かだったけど、だんだんうるさくなっていて、ある一件から嫁が来ていた事実が発覚!更にうるさくなって子供が生まれていた事が発覚! さらにちょっとしたことで二人目生まれていた事発覚!……と音と(事件?と)家族数が連動している。別に挨拶来いとは言ってるわけではないがご近所付き合いって大切かもって思ってます。(ヴァンプ様もそう言っていたし。)
ちなみに私は引っ越した時に両隣と上と下にはこちらから挨拶に行ってます!
もしまかり間違って家族が増えても、挨拶には行くつもり。
……ああ、やっぱり地面から生えている家がいいよ、全く。

話し逸れたけど、とにかく生活頑張ろう。

仕事は大変で現状をどうにかして打開したいけど、そう簡単には行かないし、かといって転職する年齢でもないし。(このところ自分と同年代の人が相次いで退職して、少々動揺している)

あ〜あ、こうしてブログでクダ巻いてる自分がとっても嫌です。
こんな記事ですみません。元気ないです。
他人の不幸は密の味といいますが、これ読んでほくそ笑んでくれる人でもいたら、それでも役に立ってるのかも。自虐的ですが。
早く起きてハイキングに行こうとも思っていたけど天気もいまいちで引きこもる事に決めました。今年中にもうひとつ大きな山に行ってみたかったけど、これも時期的に厳しくなってきたので来年に持ち越しです。だってネットでみたら山頂は思いっきり雪なんだもん。アイゼン、ちゃんと使った事無いので無理。
山小屋1泊で下山後に温泉!を楽しみにしていたんですが中止。
来年行かれる保証なんかないのにさ………

あ、スイマセン、ホントに暗い。
検査結果まだだったり、ホルモンのバランス崩れたり、疲れてたり、まあぐちゃぐちゃしてます。
近くの風呂屋にでもいってのんびりしよう……………グルルルル。




↑この回でヴァンプ様がご近所付き合いの大切さと、きちんと暮らす事の大切さを説いている(説く……は大袈裟だが、ヴァンプ様は理想の上司と漫画の中では称されているのだ!)

今夜は天体戦士サンレッドがTVKで11時半から放送だ。
これは楽しみなんだわぁ。
TVKが観られない人は、放送した週のみ、その回がニコニコ動画で無料配信されます(第1話はずっと無料)。サンレッド(というよりヴァンプ様が)、本当に大好きなの〜、私(ヴァンプ様風)。
宣伝マンみたいだけど面白いので、是非観てね。

2009年10月14日 (水)

よれよれ

同僚のお嬢さんがインフルエンザになったので、会社命令で自宅待機になった。
気の毒です。
そして課内はメンバーが一人いないので忙しく、お昼ご飯は毎日夕方3時頃になってます。もう少し速く食べたい。でもそれ以上にトイレに立つタイミングが難しい。
そんなバカな、と思うかもしれませんが、結構そうなんですよ。我慢というほどでもないけど(結局は我慢だが)、気づくと全然行ってなかったり。身体に良くないよね。
電話対応以外の仕事も重なったりして、このところ帰りが遅い日が続いてたら、とうとう昨日はドロのように疲れてしまった……三連休もあまり意味が無かったらしい。
今日は会社の定める「早帰りの日」なのでいつもよりはやく帰れて嬉しい。
まだしばらく忙しいと思われるので、体力落とさないように切り抜けたいと思う。もちろん仕事も良心に従って出来るだけ力を尽くしたいと思ってる。

そんなわけで少々はやく帰り、好物のシマダヤ「塩焼きそば」を作って食べながら(お行儀悪いですね)、ネットニュースを見ていたら、こんな画像が。

2009101400000028jijpspoview000











見た瞬間私の頭に浮かんだ画像は



Captured_alien01










!!



……ま、元々、鳩山さんは宇宙人といわれてましたしね。

2009年10月13日 (火)

穏やかな三連休でしたね

日付も変わった……三連休も終わったかぁ。

食料や日用品の買い出ししたり、三浦半島にぶらりと散歩に行ったりして、最終日の今日は(日付変わってるけどね)家でブランチして、お昼寝してるうちに終わった。
平和な連休だった。
良いお天気で、カラリと爽やかで。
こういう時間を過ごしていると幸せだわぁと感じる。
戦争もなく、明日の心配もしない自分の状況を神様に感謝したくなるような休日でした。山の上でいい景色を見るのも、ドライブでハンドル握って夜の高速をかっ飛ばしているときも充実しているけど、なんもしないで、バルコニーの洗濯物がユラユラしているのを寝ぼけ眼で見てる時間も幸福なものです。

そんな呑気な連休でしたが、真ん中の日は午後から横横道路(須賀道路)で葉山方面に出かけてきました。
リンクしていただいている「週刊! 三浦半島」のまみさんから以前教えていただいた「南郷公園」に行ってみたのです。高速を降りて逗葉新道を通ってすぐでした。テニスコートやグランド、ドッグランもある立派な公園ですが、自然の地形を生かしていて山に囲まれ、芝生もあって良い場所でした。ちょっとしたハイキングコースもあり、そのまま三浦アルプスに繋がっているのですが、時間の関係もあり三浦アルプスはお預け。ハイキングコースを少し歩いて、自宅で作ってきたホットドックを見晴し台で食べてきました。一緒にでかけたネオも気に入ったようで、また来てみようと話しました。
南郷公園を出て、休日は激混みのR134へ。鎌倉方面を走って江ノ島へ……と行きたいところですが、殺人的渋滞に飛び込む勇気はないので三崎方面へ。それでも海岸線は夕日が迫ってなかなかのドライブです。ま、私は運転なんで見られませんけどね。途中、プリンで有名なマーロウへ寄ってみた。実はここのプリン、食べた事無かったのです。奇跡的に駐車場に空きがあったので買ってみる事にしました。
「プリンがおいしい」としか予備知識がなかったので、ショーケースにたくさんの種類の巨大プリンが存在してびっくり。……選べない。しかもプリンのくせに1個 700円以上するとは。いくら大きいとはいえ高額では? と思いつつ既に4人ほど並んでいたお客の列に並ぶ。う〜む、何が美味しいのか?抹茶のプリンとやらがおいしそうだけど、ここはスタンダードの味にするのが無難か? すると後ろに並んでいたご夫妻とおぼしき二人の「何にする?」「普通が一番美味しいんだよっ!」という会話が耳に飛び込んで来た。やはり定番が良いらしい。ネオに「普通のでいいの?」と聞くとうなずいていたが、さあ私たちの番という時になってネオが「やっぱり定番を1個ずつ頼んで、抹茶も買って半分こしてみよう!」言い出した。
ネオは抹茶好きなのだった。
という事でプリン3個をオーダー。
そのあとクルマを佐島まで進め、佐島マリーナの脇の道路に少し停めて頂きました。
美味しい〜。噂に違わず素敵なお味でした。……高いけど。
でも量もたっぷりあります。おかげでお腹いっぱい。ひとり1個半だから仕方ないか。スタンダードプリンは、まさにスタンダードなカスタードプリンの濃厚なお味。抹茶プリンは甘さ控えめで、抹茶のほろ苦さもしっかりあっておいしい。両方ともにカラメルソースがかなりしっかりした味で、この独特の焦がした薫りも良いです。
プリンはマーロウ特製の耐熱ビーカーに入っています。ちゃんとしたパイレックス製。この容器で今度プリンを作ってみようかな。
……ま、でも、この容器代が入っているから価格が高いんでしょうね。食べたあとのお土産的な楽しみとしては面白いかも。
地方発送もしてくれるみたいです。

プリンをお腹にしまった後、横須賀の市街に出てブラブラしようと思っていましたが、市街地までの道が大渋滞。久里浜方面に抜けて、時間潰しに最近出来たジャスコに寄った後に横横走って帰ってきました。秋の夜空は空気が澄んで、ベイブリッジ近辺の工場街の夜景がとっても綺麗でした。

食べちゃったあとですが、容器と箱をパチリ。

Img_3092







横浜そごうの地下にお店があるみたいなので、他の種類のプリンも食べてみたくなりました。でも高いから気軽には買えないな。
地方発送もしてくれるみたいです。気になる方は是非。

2009年10月12日 (月)

ジュノベーゼソース

ジュノベーゼソース

今夏は日照不足でバジルの育成が悪かったのです。
虫に食われたりもあり、5月頃植えた苗は伸び悩み、葉もチョロチョロ。収穫できる状態に為ったのは9月中頃でした。
それでも茎の長さが短いため、一度に沢山の葉を摘むことが出来ず、ときどきナシゴレンを作るのに収穫するだけで我慢。ようやく大きな葉がたくさんついたので、今年初めてのジュノベーゼパスタを作りました。ホタテ貝柱をいれて。
やはり香りが幾分弱々しいけど、さわやかな香りで美味しかった。

サラダはお馴染み、わさび菜とミニトマトのサラダ。そしてセロリとポテトのスープ。

ジリジリした夏の太陽が少なかったのに涼しい夏とも感じなかった今年。湿度高かったしね。

秋の日差しも肌にチリチリします。でもヒンヤリとした風が気持ちよくて、夏嫌いの私はここ最近気分が良いです。

2009年10月11日 (日)

ああ、札幌に行きたいなあ。

iPhotoに登録されている大量の画像を眺めていてふと思った。
冬休み突入したら飛行機に飛び乗ってしまいそうな自分が怖い。
え?何しに行くかって? 札幌ラーメン食べて、出来たら余市にいってウイスキーを飲んで、喫茶店でコーヒーと美味しいケーキを頂いてきたいのです。
それだけです。
それだけでも北海道は凄く癒される土地なんです。
長野も東北も好きだけど、北海道も大好き。
最近は全然足が向いていないから、なお恋しい北の大地。

画像は2007年夏に訪ねた小樽。定番の運河をパチリ。
盛夏前の静かな初夏を迎えている小樽です。
(クリックすると拡大します。)

Img_0026

2009年10月10日 (土)

ちょっと立ち止まり振り返る

いい歳になるまで、凄い癇癪持ちで良くキレてました、私。
年取ったせいもあるけど、色々と経験して、ちょっとは視野が広がってたからか爆発する事は今ではほとんど無くなって、35越えた位から気持ちを楽にして生きられるようになったなあと思う。
それと引き換えに枯渇してしまったものもある。
例えば以前は泉のように湧いていたアイデアや想念みたいなものがなくなってしまいました。オリジナルの小説のネタなんかは、以前は独り言のように湧いてきて、勝手にストーリーが出来ちゃっていたのに、今はどう頭をひねっても出てきません。
それと恋愛をマッタリ歌った歌にほとんど心が動かなくなってしまいました。あ、これは歳のせいかもね。
気づけば回りはほとんど妻や母の称号を持ってるけれど、私に増えたのは別れの記憶と左足の傷と、ちょっとした人生の不安。
でも仮に私が世間一般でいう幸せを手に入れていたとしても、それがいつまで続くかなんて判んないよ。変化がもたらされる事を恐れたりしないで、受け入れていかないとね。
森羅万象、諸行無常。
癇癪を起こさなくなったのは、きっと強くなったのではなくて、世の中の仕組みが30過ぎになってようやくちゃんと見渡せてきたから、たぶん。ここにこうして暮らし、毎晩眠って朝目覚める事が、どれだけ奇跡的なのかがようやく判ってきたからなんだとおもう。気づくの遅かったけれど、気づけて良かったと思います。
今日を無事終えたら、もう明日は始まっている。
神様ありがとうございます。

2009年10月 9日 (金)

台風過ぎたら

なんか凄く寒いんですが。冬の足音がヒタヒタと……。

今朝はいつもより1時間以上早く会社に出発したおかげで、殺人的混雑にも遭わず(混んではいたけどね)出勤する事が出来ました。しかし1日が長いな。

そのまま登山できそうな服装で出かけ、朝のうちは暴風雨だったので雨具も使いました。靴もゴアテックスの登山靴履いてっちゃったので、気持ちが仕事モードになるか心配でしたが、着心地爽やかな山服のおかげで凄く集中して仕事できた感じ。凄いな〜、ハイテク素材。さすがに下着は普段のユニクロを着てましたけど(デオシームの下着とかつけても意味ないし)、他はパンツもシャツも山仕様。さらさらで気分よかったです。
前々から派手派手の登山シャツが欲しくて、今持ってるのは大人し過ぎると嘆いていたんですが、ド派手なのばかりだったら会社に着ていかれなかったので良しとする。
……でも次にシャツを新調する時には、「Jack Wolfskin」のあの足跡マークが全体にプリントされているシャツが欲しいなあ(ウットリ)。実は先日行った小淵沢の八ヶ岳アウトレットでこのシャツに一目惚れしたのですが、無駄遣いはダメダメと自分に言い聞かせて買わずに帰ってきたのであった。
かわいかったなあ。

2009年10月 8日 (木)

かなり強風だが晴れてる

かなり強風だが晴れてる
多摩川が警戒水位を越えそうとか、朝から尋常ではないアナウンスがラジオから流れ、これはイカンと早々に出勤しました。
地下駐車場にクルマを入れてるんで、冠水を恐れクルマで駅前駐車場に。そのまま立体駐車場に入れて電車に乗りました。平日は1000円程度で1日停められるんで、これでクルマは安心。
電車もかなり遅れてましたが、なんとか会社最寄り駅まで到着しました。

お腹空いたので朝マック食べて出勤します。

ちなみに今日は登山仕様の服装です。仕事場で浮かない色を選びました。
ああ、ハイテク素材って快適!

2009年10月 7日 (水)

Typhoon!

明日会社にたどり着けるのでしょうか?
何を来て出社すれば良いのでしょう?
登山用の雨の格好で出社しても良いですか??

今日は午後お休みをもらって、病院へ検査でした。
会社からたっぷり2時間。しかも検査技師の方が新米だったようで、いつもよりたくさん時間がかかりました。疲れた。
また結果までビクビクして過ごすのですが、まだ消化出来ていない目標もあるので、結果の出る前にチャレンジしちゃおうかなあ……。

あ、そうそう、ネスレから「フラジール」予約の手紙が来ました。
もうそんな時期なんですね。
今年はアマゾンでは扱わないのかも。検索したけど今年の分は出てない。
フラジール飲んじゃうと、安いインスタントコーヒーが飲めなくなる位美味しい。おかげで以前は質より量で「ネスカフェ エクセラ」だったけど、フラジール飲んじゃってからは「ゴールドブレンド」以上のインスタントコーヒーじゃないと受け付けなくなってしまった……。ドリップ式で入れる程に手をかけたくないときは最高のコーヒーだと思う。届くのが楽しみだわ。

2009年10月 6日 (火)

食欲の秋

以前は魚焼いた後のグリル片付けが嫌で、魚焼きから逃げていた私ですが、今朝は朝から鮭を焼いてお弁当に詰めました。
うま〜。

美味しいと判れば、頑張るあくなき食への欲求。

私の魚焼きポイント。
1.焼く15分から20分前に塩をふっておく。
2.焼く5分前にグリルを準備し、点火。内部をあたためておく。
3.皮は少々焦げるくらいにバリッと焼く。
4.焼き上がった魚を出した後のグリルは、重曹をふって水に浸けておく。
5.水に浸けた4のグリルは、長く浸けたら臭いが消えるわけではないので、汚れがふやけて浮きあがったら速やかに洗う。

1と2は基礎の料理本に書いてあることですが、これに従うとお魚が、外側パリッと内側ふっくらの焼き上がりになります。1で私はミネラル分の多いシットリ系のお塩(「赤穂の塩」など)を強めにふります。塩気が優しく感じるからです。サラサラのお塩はガツンと塩を効かせたい時に使用してます。
だいたいこの手順で焼けば美味しくてグリルの片付けも少しは簡単に、魚を調理できてますよ。

…しかし料理本の基礎の項目は時々読み返さないとダメだなぁと思いました。基礎って大事。

次はさんまかな? さんまは丸焼きが美味しいけど、ぶつ切りで煮付けにしても美味しい。圧力鍋で作ろうかな。

2009年10月 4日 (日)

芸術の秋

山の話からちょっと離れて、今回は芸術の秋ってことで。

先日、横浜美術館で開催されている「大・開港展 - 徳川将軍家と幕末明治の美術 -」に行ってきました。
母が招待券をもらったというので、近いから行ってみるかぁくらいの気持ちで出かけたのですが、これがとっても面白かったのです。

今年は横浜開港150周年記念。
それにちなんでの展覧会で、江戸から明治にかけて大きくうねりながら転換する時代に生まれた美術、工芸品や時代を表す資料とも言える絵や写真などがたくさん展示されていました。昨年の大河ドラマ「篤姫」の中でも取り上げられていた掛け軸や、登場人物の肖像画などもあって「小難しいのは苦手」という人でも興味をそそられる展示物も多かったです。遣欧使節団の写真の中にはスフィンクスの前で撮影されたものもあったのですが、これもフジテレビ「トリビアの泉」で以前紹介された事があったので、まじまじと見つめてしまいました。晩年の篤姫を描いた肖像画や、篤姫の義理の息子で皇女和宮の夫であった徳川家茂の肖像画もあり、激動の時代を生きた人の強い意志までが描き込まれているようで、しばらくは絵の前から動けませんでした。
また、日本の職人達が作り上げた工芸品、美術品もとても美しく、それまでは陶器や蒔絵、螺鈿など綺麗だと思ってもそれほど興味もなかった私ですが、かぶりつきでまじまじと眺めてしまいました。繊細かつダイナミック! 「なんでも鑑定団」の鑑定士の方も本物を見ろと言ってますが、確かに本物ってすごい。作り手の気迫みたいな物も一緒に封じ込められているようでした。
今年は、いつもの年より多く展覧会に出かけていますが、今のところ一番面白かった展覧会だと思う。迷わず図録を買ってきたくらいです。2400円はチト高かったけどね。
横浜美術館HP、大・開港展の中で、いくつか展示物の紹介がされています。
お近くにお住まいの方や興味のある方は是非足を運んでみてください。
芸術というより、あの時代を生きた人達の息吹を感じる事ができる展覧会です。
11月23日までです。

2009年10月 3日 (土)

今日の涸沢はテントの花が咲いているのかしら?

先週の今日の今頃は、ザックの重さに耐えかねて泣きそうになっていたんだわ。

更新せずにあっという間に時間が経ちました。肉体疲労が無いと言えばウソですが、それほどでもないです。それよりメンタル面でバランスがとれずにいます。
なんにも無いところから恵まれた環境に帰ってきて、自分なりに思う事が出てきてしまうのです。いつもの事なんですが今回テント泊だったこともあり、心に湧いてくる考えがたくさんあって、ちょっと整理するのに手こずっています。

そんな振り回されっぷりも含めて歩く事が好きなんです。

更新さぼりのお詫びの印に少し大きめの画像をアップしておきます。
クリックすると拡大表示しますんで(携帯でアップした画像よりは綺麗だと思う)。
写っている小屋は、昨年お世話になった「涸沢小屋」です。
いつも涸沢までで満足して帰る私ですが、いつかもう少しヘタレじゃなくなったら、その上の頂きにチャレンジしたいと思います。

Img_2957

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私の好きな場所

  • 大坪家の書庫
    大坪五郎さんのインテリジェンス溢れる面白い感覚が素敵です。全国の珍スポットをルポする「巡り巡って」は大好き! 「映画評」「私のMacintosh」もいつも読んで参考にしています。
  • ハッピーマニア
    翻訳家を目指すbolero74さんのブログ。英語の勉強についての内容はもちろん、日々の出来事を綴っていらっしゃいます。同居している彼氏とのやり取りがほのぼのしていて、私は大好きです。
  • 三浦半島ティールームガイド
    三浦半島を愛すが故に、クールに論じるまみさん運営のサイト。「ティールーム」ガイド、マニアックな公園案内、そして三浦半島にまつわる歴史や問題などを取り上げた「週刊!三浦半島」。ストレートなコメントを読んだら、真意を確かめに海と山の三浦へ出かけよう。
  • 日々是好日−つれづれよっぽブログ
    様々な話題を丁寧に綴る「よっぽ」さんのブログ。真摯に、誠実に、毎日を過ごしているよっぽさんの人柄が滲み出ているような文章に、気づかされたり勇気づけられたり…。肉体にとって「マイナス」と言われることも、心を磨くことについては「プラス」になるのではないか、と感じさせてくれるのです。

Message

  • 当サイトの内容にそぐわないコメントなどは予告無く削除いたします。文章・画像・動画の転載・複写は認めていません。必要な方はコメント欄にてご連絡ください。 また気に入ったアイテムをご紹介した際、アフィリエイトリンクを利用している事があります。ご了承ください。気になる方は別のリンクからアクセスしてくださいね。

婦人画報のおかいもの

  • 奇跡のリンゴ入りカレーが気になるんですが
    婦人画報のおかいもの

MomaStore

  • 生活にアートを
    MoMAstore

ブクログの本棚

  • 読んだら登録。時々レビュー。

ドライブのページ

  • ドライブの記憶
    クルマのSNS「みんカラ」にコソッと作っているドライブページです。昔の名前(HN)で出ています。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ