« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

インフルエンザとか2012年とか

登山を延期してふてくされています……というのは冗談です。

いつもとほとんど変わらない週末でした。ただいつも週末にしていた家事を平日にしていたので少し余裕があったかも。お風呂にゆっくり浸かって、お昼寝も沢山して過ごしました。おかげで今眠れずMacの前に座ってるわけで(笑)。

温度より湿度を気にする私は涼しくなってからも湿気対策に余念無く、湿度計の針が少し上を指せば除湿してます。でも新型インフルエンザが流行ってるので、あまり除湿ばかりしてもよくないのかと少々不安になってきました。この後気温がどんどん下がってくれば風邪も引くだろうし、インフルエンザにも罹るのかもしれない。手洗いとうがいは徹底するようにしてるけど、どうしたって通勤で混んだ電車にも乗るし。
私は罹っても良いと思ってる。でも両親には罹ってもらいたくない。父は心臓を患っているし、母もあちこち悪くて何種類も薬を飲んでいる。罹れば、即、命の危険に繋がるだろう。夫婦どちらかが罹れば、片方もうつるだろうし、考えるだけで憂鬱。実家に顔を出しに行くのも、人ごみを毎日通過している自分がウイルスを媒介しそうな気がして少し怖いです。両親と同様に心配なのが障害児施設にいる兄のこと。体力のない兄のような身体の人が感染したらと考えるとゾッとします。施設だから誰かが感染したら一気に蔓延しそうなのも怖い。
恐れてばかりいても仕方がない、なるようにしかならないと思っていても考えれば憂鬱になります。

精神世界を扱ったブログなどをダラダラ閲覧すれば「2012年に何かが起こる」的な話が多く転がっているし、どれもでまかせかもしれないけれど、解釈こそ違え時期的なものが一致していたりすると「まさか」と思ってしまう。
宗教とか予言とか精神世界とか……よくわからないけど、いろんな意味で試練の時期に突入しているような事が書かれてたりする。もしそうであっても平和な時代しか知らない私は仕方ないなと思ってます。でも戦争体験してきた両親の世代には晩年をつらい時代で過ごして欲しくないし、ましては生まれた時から寝たきりで過ごしている兄のような人も長閑な生涯で終わって欲しいと思うのです。こういう考えだめですかね。身勝手ですよね、たぶん。
こんな常春のような時代は長く続かないとおびえているけど、少し考えてみると同じ地球には毎日戦争が起きていたり食糧難だったりする土地もあるわけで、単に日本に生まれたからこんなことで怯えてるだけなんだよね、と反省したりもしています。
まだ遭遇する以前からビクビク怯える事が出来るくらいに、本当は幸せなのかもしれませんね。

2009年8月30日 (日)

我が青春のアルヴァマー序曲

学生時代に吹奏楽部にチラリでも所属していた事がある方は一度は耳にした事があるでしょう。
アルヴァマー序曲をキーワードで動画を見るといろんなアルヴァマー序曲があるものだと思いました。中でもこの動画がとても印象に残ったのでペタリ。

作曲者のバーンズは、速いテンポは曲を軽薄にするからをゆっくり目に演奏する事を望んだそうです。この動画も私の印象からするとかなり遅いですね。速いテンポで軽やかに演奏したほうが良いと思っていたのですが、こちらの方がゆったりと壮大で奥行きのある表現に聞こえます。奏者の方々の瞳が真剣で、高校生のころヘタクソなクラリネットを一生懸命吹いていた自分を思い出して胸がキュンとしますな。どこかの国であの頃の自分と同じような目をしてアルヴァマー序曲が演奏されているのだなあ。動画を眺めていて何度か泣きそうに、いえいえしっかり泣いてました。







こちらのテンポはかなり速いでしょ。でもたぶん私の高校時代もこれに近いテンポで演奏したのではないかと思います。電車内で演奏していて、いかにも楽しそうです。

この曲はスタートから気分が高揚し、途中静かな曲調で押さえ込まれ、またラストに盛り上がって駆け抜けるように終わります。
リードミスも指がまわらないのも悔しいけど演奏するのがとても楽しかった曲です。ああ、毎日それなりに悩んだりもしたけど、あの頃は楽しかった。悲しみとか不幸とか本当の意味では判ってなかったんだよね………。甘酸っぱい気分まで運んでくれるアルヴァマー序曲。この曲を知らなかった人も聞くと耳につくと思いませんか? ああ、やっぱり良い曲だわ。

2009年8月28日 (金)

天気は思い通りにならず

やっぱり天候が悪いので、今週末の山歩きは止めました。残念だけど雷が発生するかもなんて予報を見たら諦めつきました。独り歩きだし、初心者だし、初級コースと本にカテゴライズされていても心配だから。これが3連休だったらもっと悩んだろう。単なる土日だから体力消耗も考え合わせて止めました。

せっかくならお天気が良い方がいいしね。
お楽しみはまた次回に。

延期だわ

自分の中でいくつかの実現したい夢があるんですけど、そのうちの一つを今週末に予定していました。
いつか歩いてみたいなあと思っていた道があって、眺めてみたい景色があって、そこに行くつもりでいたのですが天気が思わしくありません。比較的強いにわか雨もありそうな予報です。延期だなあ。

準備万端、いろいろ詰められたザックが部屋の隅でポツネンと淋し気に座ってます。

無理しても仕方が無いし……と自分に言い聞かせてみてるけど、予報が変わらないかと天気予報を見なおしてる。

涸沢の帰り、新島々駅から松本までの電車で出会ったおじいさんは「山はずっと待っていてくれるから、ゆっくり少しずつ登りに出かければいいんだよ。またおいで」と言ってくれました。その言葉を何度も何度も思いかえす。
スケジュール帳をめくって次のタイミングを探る事にしよう。

山はずっと待っていてくれるから
ゆっくり少しずつ登りに出かければいいんだよ
またおいで
またおいで

ガイドブックの山の写真もそう言ってる、たぶん。


2009年8月26日 (水)

期日前投票

月曜日に会社から早めに出て、投票を済ませて来ました。
今回の一票は本当に重い気がしました。
投票用紙を箱に滑り込ませ終わると、妙な緊張感から解放された気がします。

一人一人の想いが託された選挙。
選ばれた方々はしっかりと頑張ってほしい。
そして選挙には皆さん是非出かけてくださいね。
各人が持つ票の重さを感じてもらわなければ、選ばれた人も気合いが入らないはずです。選ばれた人が国政を動かしているのではなく、動かす為に私たちが選ぶのです。

それにしても期日前投票って何度もやっていたのですが、便利な制度です。
投票案内(ハガキ)を持っていなくても投票できるし、午後8時まで開いているし、選挙当日なら決められた1カ所の投票所に行かなきゃならないけど(しかも近所の顔見知りが座ってたりして落ち着かない!)、投票可能な場所が数カ所あるし、もっと宣伝したらいいのに。
投票に行かない人達って、この制度をちゃんと知っているのでしょうかね?

2009年8月24日 (月)

いい歳して、もうッ!

「博士の愛した数式」は二晩で読了。
心から感動し、ぐいぐい惹き込まれた魅力的な物語でした。
未読の方には是非お勧めします。


博士の愛した数式 (新潮文庫) 博士の愛した数式 (新潮文庫)

新潮社  2005-11-26
売り上げランキング : 3444
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「博士の愛した数式」の後は、だいの大人が漫画三昧となっておりますが、これらがまた侮れないのでした。

「イティハーサ」
文庫版で全7巻、ブックオフで全巻購入済みで現在2巻中盤読んでます。
高校生の時に読んでいたのですが、途中で巻が出なくなり、そのまま読まなくなってしまいました。先日ふと検索したら連載途中に打ち切りになったりしてたみたいです。
まだまだ先は長いのでゆっくり読みますが、ストーリーの素晴らしさ、壮大さも去る事ながら絵が大変に美しいです。

イティハーサ (1) (ハヤカワ文庫 JA (639)) イティハーサ (1) (ハヤカワ文庫 JA (639))

早川書房  2000-05
売り上げランキング : 124118
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そして以前にもブログに書いた「天体戦士サンレッド」!
最後はギャグ漫画かよ!? と思うでしょ。そうなんだけど敵役(悪の組織)のヴァンプ将軍はじめ怪人達がキチンと生活しているのを見てると、面白い、バカバカしいと同時に「自分も馬鹿笑いしてないでちゃんと生活しないといけないなあ」と思ったりもするのです。ま、サンレッドの読者でこういう見方する人間も少ないと思いますけど……とにかく難しいこと抜きにして笑えます、ホントです。川崎市高津区方面に縁のある方には地元ネタも満載で特におすすめです。


天体戦士サンレッド 1 (ヤングガンガンコミックス) 天体戦士サンレッド 1 (ヤングガンガンコミックス)

スクウェア・エニックス  2005-08-25
売り上げランキング :
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ちなみに基本的に私は漫画を読む習慣が無いのです。実家が漫画禁止という方針だったのでまともに漫画を読むようになったのは高校生くらい。小学生の時に、もうどうしても読みたい漫画を隠れて1冊買った事があります。
雑誌が増えるのが嫌なので、買うなら単行本で揃える主義です。ですから本当に好きになった漫画しか読まないし、買いません。「イティハーサ」は高校の時に友人から借りて読んでいて、買おうかなあ〜と思っていた頃に停滞してしまったのですが、「天体戦士サンレッド」は久々に面白い! と思った漫画ですね。10年以上、単行本の漫画をちゃんと読もうなんて思ってなかったんじゃないかなあ……。
これまで買った漫画は「妖鬼妃伝」(小5の時に親に隠れて購入)、「フスマランド4.5」「うえぽん」「ミルクタイムにささやいて」「ねじ式」「草迷宮」「おろち」「あさきゆめみし」「動物のお医者さん」「パイナップルアーミー」「MASTERキートン」。
今も本棚に残っているのは「妖鬼妃伝」「フスマランド4.5」「あさきゆめみし」「動物のお医者さん」「パイナップルアーミー」「MASTERキートン」。

こうして見るとバランス悪いと言うか、マニアックだわ。
そして「天体戦士サンレッド」が追加されて行く予定。

 

ハマり過ぎてこんなのまで買っちゃいました。

フロシャイム便り出張版 天体戦士サンレッド アニメファンブック フロシャイム便り出張版 天体戦士サンレッド アニメファンブック

新紀元社  2009-08-21
売り上げランキング : 996

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いい歳して恥ずかしいわ、本当に。

好きになるととことん全部を知りたがる性分ということもあって、ハマらないようにしてたんですけどね……。

2009年8月23日 (日)

初さんま

初さんま

今日のブランチは今年最初の『さんまの塩焼き』。
後は『水菜と茗荷の浅漬け風サラダ』、『なめこのお味噌汁』、『かやくご飯』、昨夜実家に立ち寄って分けてもらった母の手作り『葉唐辛子の佃煮』。さんまの塩焼きにはたっぷりの大根おろしを付けました。
秋だわ。

ほんの独り言

神様という存在があれば、どんな姿を想像する?
優しくて慈悲深い姿か、意志が強く正義感に満ちた凛とした姿か。
最近思うが、もし「神」いう存在があって、人に似た姿形をしていたとしても、それは喜怒哀楽という感情を全く持たない存在なのではないか。温もりも冷たさも持たない存在。
空とか、無とか、虚とか……字面を見るとむしろマイナスに感じられる言葉が似合う、たぶん宇宙空間のようにまったくなにもない存在……こういう表現自体があり得ないのだが……そういうものが神様なんではないか。
人間がそういう存在を見た時、どう感じるのか。畏れなのか癒しなのか。
ある人はその存在は神ではなく悪魔と見るのかもしれない。

いわゆるスピリチュアルとか宗教観などには、人間ひとりひとりのなかに神が宿っているという考え方もあるようだが、だとしたら神様はなぜ感情に任せて行動する存在を造るのか。喜怒哀楽では足りずに欲や悩みなどもプラスして人を送り出し、そして自分の元に呼び戻すのか。

全て手中にある神様にとって、そんな感情こそが、その感情に突き動かされて生涯というものを駆け抜ける存在こそが、憧れであり、もっとも素晴らしく思えるのかもしれない。
神様の夢を託されたのが自分たちで、祖先で、子孫だと考えると、未来には不安しかないように思える人生も少しは楽しく思える気がする。

私たちは笑い、泣き、楽しんだり、痛んだり、傷付け合ったり、悩み、憎悪し、絶望し、また希望を見い出し……そういう無数の感情に翻弄されて生を渡る。
時に、もてあますような感情が「神様の希望」であり「贈り物」で「人に宿された神様の欠片」なのだろう。多いに悩んで、落ちて、笑って泣いて……と楽しむべきなのかもしれない。
たまに感情の大波小波に飲み込まれて溺れてしまうけれどね。

2009年8月22日 (土)

真夜中のグリーンカレー

昨日深夜のこと。
蒸し暑い。
でもお風呂に浸かりたい。
このところシャワーばかりなので湯船にゆっくり入りたいけど、その後の掃除やら汗ダクダク状態やら考えるとどうも面倒なので、夜遅く、近くのお風呂屋に行ってみた。初めて行くお風呂屋だったのですが、番台でお金を払おうとしたら「あと15分で終了だけどいいの?」とおばちゃんに言われた。
どうしても入りたいなあ……と思ったけど、風呂上がりに涼むこともできないのもねえ……と思ってそのまま帰ってきました。
なんだか残念。冷たい牛乳だって飲みたかったのに。もちろん腰に手を当ててね。
お風呂屋少なくなったなあ。
子供の頃は家にお風呂もあったし、他人の前で裸になる(当たり前)のに抵抗があったから行きたいなどと全然思わなかったのだが、大人になってから大きいお風呂が大好きになった。実家のすぐ傍にあったお風呂屋も随分前に廃業してマンションになった。もう一度入っておけば良かった。昔ながらの曲線の瓦屋根だったなあ。温泉ももちろんいいけど大きな湯船に浸かるのが第一に良いの。最近流行のスーパー銭湯も好きだけど、混み過ぎなのがちょっと。女湯なんて洗い場専有されて待つ事もしばしば。素っ裸でお風呂グッズ下げた状況で洗い場待ちするのはいかにも間抜けで嫌なのだ。あれを考えると足が遠のく。普通のお風呂屋でのんびりしたかった。クルマ出して行くほどのことでもないし………
いろいろ考えながら夜道を自宅へ戻る。
なんだかしたい事が出来なかった欲求不満からモヤモヤ感が消えないまま、準備したお風呂グッズを片付けていると、ふと夕飯を食べていなかった事に気づいた。洗濯して実家と電話してたら空腹感も無くなったんだっけ。
野菜室を見れば大量に茄子を買っていた。そうだグリーンカレーを作ろうと思ってたのだわ。
お風呂の代わりに好きなグリーンカレーを作る事とした。
日付も変わる寸前に茄子を切って、しめじをほぐして、ココナツパウダーを溶いて……と行動開始。真夜中換気扇からグリーンカレーの匂いがホワホワと流れていったのでした。
振り返ると日中嫌なこともあったりして、忘れたかったのよね、いろいろ。お風呂屋行ったら嫌な事も流せるかと思ったけどな、と思いつつパクパク食べる。じわじわ汗が出た。嫌な事もじわじわ身体から出て行って欲しかった。
空になったお皿を眺めて、そういえば女性はストレスがたまると辛い物を食べたがるってどっかで読んだのを思い出す。
少々ストレス軽減になったか。おいしいカレーを自分だけ独り占めの幸せと、少し淋しい気持ちの蒸し蒸しの夜でした。

2009年8月20日 (木)

鮭と本

情緒不安定なようで、1日のうちに感情の波が大きく揺れてまして、落ち込んだり前向きになったり。そういう起伏に疲れております。

で、唐突ですが、このところ遠ざかっていたものに鮭と読書がありますが、両者がまた恋しくなってきたのです。

鮭は入院すると毎日のように食卓に出てきたことから、段々と嫌気がさしてきて、好きな魚ランキングで上位から転落。退院してから数年は見るのも嫌な部類に入っていたかも。しかし最近、急に鮭が食べたいと思うようになり、スーパーで切り身を買ってきたりしております。
わたし、自宅で魚を焼くのもあまり好きではないのです。
魚を焼いた後のグリルを洗うのが嫌いなの、魚臭くて。
そんな私が今週2回も鮭を焼いてるのです。自分でも不思議だわ。塩をまぶして、素早くグリルに入れ、少々焦げ目がつく位に焼き上げます。皮はパリッと焼き上がるように注意。今夜もアツアツのご飯とお味噌汁を作りました。
これだけおいしいとグリルを洗うのも頑張れる……やっぱり臭いけど。

もう一つは読書。
本は好きだけど、なんだか小説読むのがおっくうになっていたのですが、ふと古本屋に寄った時に「博士の愛した数式」を100円で購入。読みたいな……と思ってはいたのですが、そう思ってから1年以上はゆうに経過していました。
それにしてもこの本、面白いです。
読みはじめからグイグイ惹き込まれて、あっという間に半分以上読んでしまいました。本屋大賞受賞作だけあります。とにかく言葉が美しい。またタイトルにある「数式」や数学にまつわる記述が沢山出てくるのですが、文章に溶け込んでいながら、文字の間でピカピカと輝くように表現されます。ストーリー以外の表現の部分で感動できる作品。
詳細の感想はまた今度。

仕事が忙しくなってきましたが、明日から上司が夏期休暇。
電話着信本数も内容も軽めに終わって欲しい〜、と祈っています。

2009年8月17日 (月)

事故というより大惨事

2歳児の母である同僚のLちゃんが「きかんしゃトーマスの歌でスゴイのがある」と教えてくれました。





「♪じこは〜おこるさぁ〜」って明るく大らかに朗々と歌ってますが、画面はリアルさを追求して大惨事となっております。

脱線、落下、正面衝突、線路が突然無くなる、床屋(?)に突っ込む、等々……

これじゃ笑ってはすまされなだろう。
脇にグッタリする人形が横たわっていないのがせめてもの救いか……。

「うきうきしてると 真っ逆さま」

という身の毛もよだつ歌詞もあれば

「事故がもし起きたら落ち込まないで うまくやれるように頑張ろう 事故はおきるも〜の〜さ〜」

……って開き直ってるじゃん!

子供番組って面白いわぁ。

湿度が低いって素晴らしい

このところカラリと暑くて心地良いです。こういう夏なら好きだわ。でもこれって秋が近いからなんだわね、きっと。
夏大好き派ではないから、無事に夏休みが取れるだけで満足。海水浴に行かなかったなぁ、と、ひと夏に3回位は思ってみるけど、それほど悔やんでいるわけでもない……たぶん。
日焼けはアラフォーには御法度だしねぇ。

まだ電車も空いてます。
明日辺りは完全平常モードかな?そして学生さんが加わりまたイガイガの世間にもどるのだ。

カラリ、ダラリ、のんびりの日常もこの夏は今日がラストかもね。

2009年8月15日 (土)

IBS石井スポーツが!

東京・神奈川の京浜地区にお住まいの、且つ登山及びゴルフが好きな方だけが「えッ!?」と思うネタかも知れませんが、鶴見駅から歩いて少しの「IBS石井スポーツ」が閉店するみたいです。(ICI石井スポーツじゃないよ! 注意)
昨日ハガキが届いてました……。
HPにはまだ載ってないみたいだけど。
質実剛健、親切丁寧、的確なアドバイスで、品揃えもまんべんなく何でも揃って好きだったお店。凄く残念です。
閉店セールをするみたいなので出かけたいと思います。

あ〜、残念。

購入時の相談をすると、使い手に立ったアドバイスが嬉しかった。店員さんの年齢が比較的高くて、経験を積んでる感も良かった。その辺のアウトドアショップの「知ったかぶり店員」とは違う「熟練職人」に近い店員さん。山岳用品は命に関わるアイテムもあるので適当なアドバイスは困るんだから……あのアドバイスを受けられなくなるだけでも困るんだよなあ。
今後、真剣な品選びをするときはどうしようかな。

余談だけど、私は自分がサポート業に携わっていて、ここの店員さんを見て自分の仕事に対する姿勢を考えさせられた事がある。
このお店で入手したわけではない、譲ってもらった商品について、ちょっと質問した。すると「見せて欲しい」といわれたのでカバンから出したら、その場で素早くそしてポイントを押さえて目を通し「これは新品ですよ。このメーカーは出荷時に必ず点火テストをしているから焦げている箇所があるんです。問題無く使用できますよ。とても良い商品で高いから半額で譲ってもらったのなら本当に良かったですね! でもポンピングするこの部分が今は新しくなっているので、しばらく使用したらこの部品だけバラ売りになっているのを購入した方がいいですよ。何回か点火の練習をして使ってみてくださいね」とアドバイスしてくれたのです。
……この知識、ホスピタリティ、アドバイス、セールストーク。数分のやり取りに全部凝縮されてる。自分の店で買ったわけでもないのに。ちょっと感動しました。
自分も仕事をするうえで、こうした知識の生かし方をしたいと思ったものです。

あの素敵な店員さん達はこの後どうするんだろ。
転職するには少々年齢が高めな人が多い気がするからなあ。

2009年8月14日 (金)

アリを飼う

学研と言えば「学習」と「科学」。
この「科学」についていた付録でアリ飼育キットがあった。
透明のケースに土を入れ、捕獲したアリをそこで飼い、巣作りを観察するという代物。当時公園には沢山アリの巣があったので、早速角砂糖にミシン糸を縛り付けアリの巣の傍に落とし込み、釣り上げて捕獲。アリの巣をじっくり観察したのでした。

時々、縦横無尽に掘られた穴を思い出して、あの飼育キットは面白かったなあと考えていたのですが、先日お台場の科学未来館にいったら、現代版アリ飼育キット「アントクアリウム」が売っているではありませんか! 土の代わりに寒天のようなジェルが入っている。なんとこのジェルはアリのエサも兼ねているという優れもの。ジェルは青、黄色、ピンクの3色があり、甥っ子は黄色、私はピンクを買ってきました。

翌日早速アリを捕獲に行ったのですが、まず角砂糖が家に無かったので、干しぶどうをエサにすることにしました……(これが第一の失敗でした)。近くの公園に行くとアリはいるものの、推奨サイズの大きめのアリさんがいない。みんなもの凄く小さなアリばかり。やや大きめのアリを見つけるが干しぶどうを仕掛けても全く見向きもしない。しばらく待ってみたが全然だめ。おまけに私は足やら腕やら、なんと顔まで蚊に刺されてしまいました……10個以上。アリは一匹も捕まらないのに。おかしいじゃないか!
場所を変えてみても、アリは極小サイズばかり。更に思いっきり蚊に刺されまくり、蒸し暑いのにも耐えられず、せわしなく働くアリの行列をアントクアリウムのケース目掛けて枯れ葉で払い入れました。
4匹ゲット! ……少ないけど、これ以上蚊に刺されたくない一心の捕獲。

思い通りにならなかったのはここから先も同じ。
アントクアリウムに入れたアリは全く巣穴を掘らないのだ。
丸1日様子を見ていたが蓋の傍に集まってピクリとも動かないので、空気の入れ替えでもしたら良いのか? と考え蓋をずらした途端、全く動かなかった4匹が猛スピードで活動開始! なんなんだよッ!! 慌てて蓋を閉じたら……2匹挟まれてしまいました……なによーッ!? どういう事!? 私のせいですか!

もう思い通りにならないので、残った2匹はそっと見守る事にしていたのですが、今日帰ったら死んじゃってました……もう罪悪感の固まりだわ。アリであっても気分悪い。

でも縦横無尽のアリの巣が見たいのよ。
もっと違う方法で、大きめのアリをどこかで捕まえないとなあ。
もちろん蚊には刺されないようにね!

2009年8月11日 (火)

夏バテです

おはようございます。

このところ身体の調子が悪くてダラけまくってます。

更新に少々間隔が空きそうです。

もうとにかく何もする気が起きません。

温度より湿度にやられるタイプなんで、家では除湿がフル回転です。おかげで家に帰るとホッとしてしまい、すぐに横になってしまいます。
キューピーコーワゴールドでも大量に飲むか?

なんかいい方法ないですかねえ……。

日曜も今朝も揺れました。
怖いなあ……自然災害は平等に容赦なくやってくるので恐怖です。
静岡県、被害があまりないといいですね。

2009年8月 8日 (土)

ガンダム詣

ガンダム詣

母と甥とお台場に行きました。
科学未来館でアカデミックに過ごした後、ガンダム見学。

でっかいです。

皆がスゴイ〜、大きいね〜と感動している。なんだかのんびり、のほほんの穏やかな空気が流れていたのでした。

2009年8月 5日 (水)

「Songwriter」を聴きながら、ふと思った

親より自分を愛してくれる存在ってあるのかな。

後から「嘘だったの?」と思う事があっても、一時でも根性入れて愛を誓ってもらうっていうのは素敵な事だと思うんだよね。
例えば、固く閉まった瓶の蓋が開かない時とか、高いところに物があげられない時とか、20年後の自分をチラリと覗き見たような気がしてゾッとする。
「あの誓いはうそだったの」「勢いでプロポーズして失敗」とか思っても、誰かがずっとそばにいるよと言ってくれて、そして傍にいてくれるっていうのは悪い事じゃないと思いませんか? 時が経ち、それが鬱陶しい存在だわと思っていたとしても。

私は今のところ固い瓶の蓋も、高いところに物をあげるのもなんとか自分でやってます。20年後も頑張って自分でやってるのかもしれませんけど、ああ淋しいと言いながらも、結構その不都合を楽しんでやっている……と良いなあと思う。

I'm a songwriter 何のあてもなく
迎えるべき運命に言葉送りたいのです
愛すべき人に
まだ見ぬ君に
自信も声も枯れた自分に


    ~ KAN 「Songwriter」~



ただのWriterにもなり損なった自分に〜♪

2009年8月 2日 (日)

プリンセス・ダイアナ展

昨日は母と日本橋三越本店へ「プリンセス・ダイアナ展」へ行ったのです。
母が新聞屋さんから招待券をもらったので、じゃあ、行ってみようかって感じで。
写真展だったのですが、故ダイアナ妃が着用されたお洋服なども展示されるという事でちょっぴり期待しつつ行きました。
写真のパネルはかなりの点数がありましたが、お洋服は思ったより少なくて残念。これらの洋服は文化学園がほとんど所蔵されているようでした。
写真のほうは、ダイアナ妃が写っているとは言え、ほぼ報道写真に近いわけで、写真家の写真展とは感じの違うもので、こちらも期待とずれがあり……う〜ん。
前田真三氏やアンセル・アダムス氏やエリオット・アーウィット氏と一緒に考えていた私が間違ってました。

アンセル・アダムス氏の写真展は感動したなあ……あのモノクロの質感、切り取られた景色の一瞬、緊張感、写真家の腕も凄いけど写った内容をあんな風に印画紙に焼き付けるプリンター(現像技師)も凄いと思った。

……まあ、そういう写真展ではなかったわけで。
でもなんだか楽しかったのは事実。
それにしてもダイアナさんって、なんだかもともと明るい人じゃない感じがしました。美しいけど常に影があると言うか。浮気だ離婚だと言われる前の写真からも、そういう憂いが感じられました。
三越の中を母と二人でブラブラして、宮越屋珈琲でおいしいコーヒーを頂いて帰っただけでもほのぼのできた土曜でした。

2009年8月 1日 (土)

東京散歩・3

東京散歩・3
宮越屋珈琲店は、札幌に多くお店を出す喫茶店です。
札幌に行くときは必ず寄っていたお店。日本橋三越にあると知って行ってみました。


一緒にオーダーした桃のムースは、爽やかな甘さでとても美味しかったです。

東京散歩・2

東京散歩・2
日本橋三越本館吹き抜けです。
故ダイアナ妃が来日した時に乗ったロールスロイスが展示されています。

東京散歩・1

東京散歩・1
母と二人日本橋に来ました。
中央の欄干です。

嘘でしょ………

私がインターネットを本気で使いはじめたのは病気の事を知りたかったからです。
悲痛な思いでネットを使って色々な情報収集をしました。

インターネットを純粋に楽しいという気持ちで使いはじめたのは、猫関連のHPを閲覧し初めた頃。当時のカレが猫を飼っていたのもあって、いろいろな猫サイトを閲覧していました。

その中でも特に良く訪ねていたのが「猫ヤパ」さんのサイト。
「猫ヤパ」とは「ねっこり ヤパが好き」の略だそうでして、「やっぱり猫が好き」をもじっていたのだと思います。猫ヤパさんの愛猫「アル君」がかわいくて、ずいぶんと閲覧させていただきました。
更新がされなくなっても、サイトは残っていたので、最近もひと月に一度くらいの頻度で訪ねていたのです。

そして先ほど何の気無しに訪ねてみると……。

アル君が亡くなったというお知らせが。

お目目クリクリのかわいい生前のお顔と、短い英文ですが、猫ヤパさんのアル君への言葉が綴られていました。

アル君は確か私が患っていたのと同じ病気にかかっていました。
動物は軟部肉腫に罹る事が多く、最近でこそ軟部肉腫のサイトは増えましたが10年くらい前までは検索しても、人間のサイトが少なかったくらいなのです。多くは語られていませんのでわからないのですが、この腫瘍は完治していたと思いたいです。



猫ヤパさんが私のブログを読んでくださっているなんて思っていませんが、この場を借りて………

アル君、楽しい話題たくさんたくさんありがとう!! 更新されるたび笑わせてくれて私は元気になれました。天国で安らかに眠ってください。

猫ヤパさん、一度だけメールでお話した事がありましたね。とても悲しい思いをされていると思います。アル君を失った悲しみは消えないでしょうけれど、どうか気を落としすぎる事のありませんように。アル君をサイトで紹介してくださって、それに元気を頂いていた事を本当に感謝しています。

猫ヤパ - THE CAT FILES

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

私の好きな場所

  • 大坪家の書庫
    大坪五郎さんのインテリジェンス溢れる面白い感覚が素敵です。全国の珍スポットをルポする「巡り巡って」は大好き! 「映画評」「私のMacintosh」もいつも読んで参考にしています。
  • ハッピーマニア
    翻訳家を目指すbolero74さんのブログ。英語の勉強についての内容はもちろん、日々の出来事を綴っていらっしゃいます。同居している彼氏とのやり取りがほのぼのしていて、私は大好きです。
  • 三浦半島ティールームガイド
    三浦半島を愛すが故に、クールに論じるまみさん運営のサイト。「ティールーム」ガイド、マニアックな公園案内、そして三浦半島にまつわる歴史や問題などを取り上げた「週刊!三浦半島」。ストレートなコメントを読んだら、真意を確かめに海と山の三浦へ出かけよう。
  • 日々是好日−つれづれよっぽブログ
    様々な話題を丁寧に綴る「よっぽ」さんのブログ。真摯に、誠実に、毎日を過ごしているよっぽさんの人柄が滲み出ているような文章に、気づかされたり勇気づけられたり…。肉体にとって「マイナス」と言われることも、心を磨くことについては「プラス」になるのではないか、と感じさせてくれるのです。
  • 猫ヤパ
    猫ヤパさんが送る「猫ヤパ THE CAT FILES」がブログになって帰ってきました。 大好きなニャンコ達のお話や、おウチ新築のお話、PCやガーデニングなど猫ヤパさんとニャンコ達の日常のクスクスが詰まったブログ!!

Message

  • 当サイトの内容にそぐわないコメントなどは予告無く削除いたします。文章・画像・動画の転載・複写は認めていません。必要な方はコメント欄にてご連絡ください。 また気に入ったアイテムをご紹介した際、アフィリエイトリンクを利用している事があります。ご了承ください。気になる方は別のリンクからアクセスしてくださいね。

婦人画報のおかいもの

  • 祝! 6周年
    婦人画報のおかいもの

MomaStore

  • 母の日にアートな贈り物を
    MoMA STORE

ブクログの本棚

  • 読んだら登録。時々レビュー。

ドライブのページ

  • ドライブの記憶
    クルマのSNS「みんカラ」にコソッと作っているドライブページです。昔の名前(HN)で出ています。

最近のトラックバック

はてなスター

  • はてなスターフッター
  • 各エントリタイトルにはてなスター。よろしかったらポチってみてください。
無料ブログはココログ