« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)

風のガーデン 第4回 見終わって直ぐの支離滅裂なる感想

「風のガーデン」。今日もあっという間に終わりが来た感じだった。
病気の事を隠して仕事して、とてもつらくてつらくて、でも仕事やそれに関わる人に支えられて、支えて、やっぱり支えられて、肉体的には辛くても仕事に寄り添うことで毎日を駆け抜ける事が出来る、そういう主人公の気持ちを画面から感じた。

05年秋の自分の気持ちはどうだったのか、ちゃんと思い出したくなった。
2005年の今日の私は病院を退院した日。
当時の文章を読み直し、入院前日の気持ちを忘れないようにと思った。

告知され、手術して入院して、仕事に戻って、数年後に治りきらなくてまた入院。低悪性だけど、ダラダラとそんな事やって来て、それなりに苦しんで、仕事は自分を最後まで支える事は出来ない事も知っている。最後に自分を支えるのは「希望」しかないっていうのも気づいてるけど、その「希望」も実は仕事とか人間関係とかプレッシャーとかそういうものが相互に作用して成立するものだっていうのも分ってる。不安に飲み込まれたり絶望しない限り、どんな状態になったとしても「きっとなんとかなる」っていう自分なりの答えみたいなものも出せている。
どんな事を希望にするか、自分はどうしたいのか、間違えば、定めた「希望」に押しつぶされることもあるかもしれない……もし私が「希望」の第一に結婚をあげたら、きっと希望に追われて潰されてしまうだろうな。

ドラマに出てくる人たちはみんな誰かに必要とされたいと思っているみたい。
みんな誰かに「あながた必要なの」「ずっとそばにいたい」って思われている人なのにね。そういう事は気づきにくいものだから。

倉本聰さんの脚本っていつもこんなだったかな? やはり親子の絆の再生を描いた「優しい時間」だってずっと観ていたけど、随分と毛色が違う感じがする。今回の「風のガーデン」はいろんな見方や感じ方が出来る。まだ第4回なのに、何度も見返して色々な目線で色々なストーリーを見てみたくなる。

主人公の周りを固める人たちが、愛情深く辛辣な台詞を吐くのは倉本聰さんらしい表現だなと思います。「北の国から」の時もそうだった(笑)。

2008年10月30日 (木)

腱鞘炎

検査の結果はOKでした。……ふぅ〜。
膝が曲がりにくくて、腫れぼったかったから心配していたんだよ。
良かった。

右手首の痛みについても診てもらいました。
ここ数日はペンや、マウスまでも持つのが辛かったのです。
かかりつけの病院は専門病院で一緒に診察は出来ないため、別の病院に行ってきました。主治医ではなかったけど通っている病院の先生が開業したクリニックで、面識もあるため、気になるところがあると相談するようにしています。2005年に再発したときも、一度その先生に相談したのでした。
で、今回の右手首の痛みはレントゲンなどの結果から腱鞘炎という診断。
診察中に先生が手首をグリグリしたら激痛が! 痛みのあまり声を上げる私。すると先生は……
「痛みが強いねえ。注射だな!」
ええ〜。注射? 嫌だなあ、とグダグダ私が言うと
「じゃあ、土曜にまた出直す? でも治らないよ。痛いよ、ずっと」
っと言う。なおもグダグダ言ってみたが、そう言いつつも『注射しないとダメなんだよね』と分っているのよ。
ってなわけで、ブスッとやってもらったよ、ステロイドを。痛くないようにやって欲しいと注文を並べて、保冷パックでギンギンにアイシングして、麻酔も混合してもらって打ってもらった……小心者の私。
だって痛いのは嫌。
でも、やっぱり痛かった。
すごく痛かった。
先生は「打った後、しばらくするとまた痛くなってくるけど、そういうものだからね」と患部に湿布とテーピングをしてくれながら私に告げた。

今度は電車を乗り継いで、いつもの病院に移動。
その移動中、先生の予言通り右手首が段々と痛くなって来た。ドンドコドンドコと痛みが強くなる。手を胸から下に下ろしておけないくらい痛い。今までとは違う重くて響くような嫌な痛みで我慢できない。ものがつかめないくらい痛くて、少しでも動かすと、方向によってまた別の強い痛みが走って辛かった。
家に帰り着いてようやく痛みが治まってきて、こうしてキーボードを打てるまでになったけど、痛みを我慢するのでクタクタです。まだ動かすと強い痛みが走りますが、明日はもう少し治まってくれると嬉しい。

イデデデデ………。

風のガーデン、観よう。

2008年10月29日 (水)

冬支度

会社の帰り道は急に冷え込んできて、ブルルルルル。
さぶい。
このところユニクロに近づかないようにしていたのですが(気づくとシャツ1枚とか買ってたりするので)、季節も変わるしセーターでも見てみようと、ちょっと寄ってみました。するとダウンジャケットが格安になっているではありませんか。現行のデザインではなくデッドストックなのかも。でも今年は普段用のダウンジャケットを買おうと思っていたので迷わず購入しました。着丈が長いのも腰が温かくてちょうどいい。今年の秋は気温が高いと言っていたけど、ある時点から急に冬に突入かもしれない。

9月の終わりに出かけた涸沢。あの日の夜の気温は1度だった。きっと涸沢にはもう冬がやって来てる。山小屋で一緒のお部屋になった方が「秋の紅葉が終わった涸沢も素晴らしいのよ。人なんて誰も来なくて、木々の葉っぱは全て落ちて、ダケカンバの白い幹の姿が、それはそれは美しいの。あの光景を見たときは『私だけの涸沢』って思ったわ!」と目を輝かせて話してくれたのを思い出す。
私が涸沢に出かけた日からもうひと月が経ったんだ。
時間なんてあっという間に過ぎるもの。分っていても、結局「何も出来なかった」と嘆いている自分がいる。
成長しないもんです。

Img_1986


涸沢に行く途中の道で出会った真っ赤な実。
つややかで美しかった。

2008年10月28日 (火)

携帯電話に間違い電話

夕方ふと携帯電話をみたら着信履歴が。電話番号には心当たりが無い。
しばらくしてまたみると、同じ番号の着信。留守番電話にメッセージまで入れたらしい。完全に間違ってる。留守電を聞くのも面倒だし、こちらからかけて訂正するのはもっと面倒。そのうち気づくだろう……と思い放っておいた。

そして、会社から帰る電車の中で携帯電話を見るとまたも着信が!

続きを読む "携帯電話に間違い電話" »

2008年10月27日 (月)

大人

週末、ある友人家族のお通夜に出かけました。
ご家族と面識はありませんでしたが、お焼香をさせていただきました。お父様の長い闘病生活を支えていた友人とそのご家族。悲しみに暮れながらも、お母様を支え、お父様への最後の責任を果たす姿はとても立派でした。

「アラフォー」と呼ばれる年代の私たち。親を見送る年齢でもあるのだと思いました。自分ががんにかかってから、両親とよく死について話すようになりました。死生観から始まって、延命治療は希望するかどうかや生命維持装置を付けるか付けないかなどの具体的な事も。戦争など苦しい時代を生きて来た両親には、最後の日まで自由の利くカラダでいて欲しいし、時代が荒れずにいて欲しいといつも願っています。同時に、自分は家族の中で一番若いので、順番通りなら最後にあちらの世界へ行くことになるし、自分が死ぬときは独りだから(このまま未婚で子供も作らなかったらね)、私を看取ってくれる人がいないのが不安です。とは言え、いないものは仕方ないので、出来れば他人でも医療従事者でもいいので誰かに看取られて、布団やベッドの中でその瞬間を迎えたいと常々思っています。
そして家族を見送った後、独りで「その日」が来るまで頑張れる強さが欲しいとも思っています。今の私では、家族にもしもの事があっても友人のように立派に見送る自信もありません。

大人になるって意味にはこういう事も含まれているんですよね。

2008年10月26日 (日)

が改札へ鑑賞(BlogPet)

きょう、改札ー!
それで日帰りする?
それでNeneとスタートされた。
それでポラは東名高速中井パーキングへ登山するつもりだった?
でも、ガンプが改札へ鑑賞ー!

*このエントリは、ブログペットの「ガンプ」が書きました。

2008年10月24日 (金)

電車を降りて

改札へ向かう人の波の中、後ろの女子二人が話している。
「ねえ、ことしはタチバナ君にバレンタインのチョコあげようよ。超かわいそうだよ〜。5年もいないんだって!」
5年間彼女がいないってことか?
「そうそう、前回、***(聞き取れない)君にチョコあげたじゃん、そしたらタチバナ君、メッチャ怒ってたもんね、『アイツはモテるのにもらってる』って」
「もうかわいそうで泣けて来ちゃったよ〜」
どこのタチバナ君か知らないけど、タチバナ君、良かったね。
でも、義理みたいだよ。いいのかな? 義理が本物に化ける事もあるしね。

全国の「彼女いない暦5年」のタチバナ君!
今年はチョコが1個は来るらしいぞ!
まだバレンタインには間があるけど、楽しみにするといい!!


金時山から帰って数日後から、足が腫れぼったくて曲げられない。
歩き過ぎだよね、そうだよね。検査のあとはどうしてもナーバス。


2008年10月23日 (木)

風のガーデン

第3回で、主人公・貞美と、彼の家族が背負う辛い過去がようやく明かされました。
明るくひょうひょうと仕事をこなす優秀な麻酔医師の貞美。その姿からは想像も出来ないセクシュアルな面、辛い過去、過酷な現実……人が他人に見せる姿など、ほんの一部でしかない事が良く描かれている。
ひとつの家族を描く事で、ここまでいろいろなストーリーを持たせる事が出来るんだと考え、また、リアルな人間はこうしていろいろな事件や障害や幸福や不幸など、抱えきれないほどの事項を一度に平行してこなしながら生きているんだ……多分自分だって、と思います。
特に障害者である岳君のエピソードや、がんの闘病の部分は、自分も同じような心境になったり、身近に感じる事もあり、胸に響きます。

そして毎回感じるのは、緒形拳さんの台詞。
ご自身も闘病されていた緒方さんが、台本を読んで、これらの台詞のひとつひとつをどのような心境で語られたかと思うと涙が出てしまいます。多分、この役を演じる事は運命だとお感じになっていたのではないでしょうか。

人の生き様の後ろに静かに映る富良野の景色が登場人物のそれぞれの心情を写したり、包み込んだり。しばらく出かけていない富良野の、あの緑の香りのする風がかぎたくなります……エンディングを観ると必ず。

2008年10月22日 (水)

トレンドなの?

先日、「新しいヤマケイ買わないとね〜」って本屋に寄ったら、マガジンハウスのBRUTUSの最新号が『山特集』。

来てるのか? 山。

表紙に「ワンダーフォーゲル主義」とか書いてあるよ。
だけど「山とスーツ」なんていうページもある。
……ようわからんが、山がこういう雑誌でも特集されてるんだ〜って不思議に思った。でもさ、やっぱり山はファッションじゃ登れないんだよね。

続きを読む "トレンドなの?" »

嫌われ松子の一生

BSで放送されていたので途中から眺める。
DVDでかなり前に既に鑑賞済み。その時の感想は「二度と観ない」でした。
あまりに痛すぎました。
泣き笑いなんですけど……笑いが更に哀しみを増すというか。
最初に観た時ほど痛くなかったけど、やっぱり哀しかったです。
監督は「下妻物語」を撮った中島哲也 氏。もともとサッポロビールのCMで山崎努さんと豊川悦司さんが卓球をする豪快な映像を作り上げた人。「下妻物語」同様に漫画のような合成処理がされた映像が、何とも言えない雰囲気を作り上げております。
「下妻物語」は元気の無い時の鑑賞をおすすめしますが、「嫌われ松子…」についてはへこんでいる時の鑑賞はおすすめできません。
際限なく落ちて行きます。

でもどんな女だって「ずっと君のそばにいるよ」ってウソでも誰かに言って欲しくなる、そういう夜はありますわな。

嫌われ松子の一生 通常版嫌われ松子の一生 通常版
中島哲也 山田宗樹

アミューズソフトエンタテインメント 2006-11-17
売り上げランキング : 3195

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2008年10月20日 (月)

ニャンコの話 & 今日は検査でした

金時山に行った時、東名高速 中井パーキングに巨大な野良ネコちゃんがいました。
しかも触らせてくれるの!
もう嬉しくって嬉しくって、きっと猫アレルギーも大丈夫……って根拠の無い自信に満ちあふれ、ニャンコなでまくり。おとなしくって、人なつこくて、私半狂乱。
なでなでだけでは飽き足らず、ついつい、おでこをニャンコのオデコにすりすりしてしまったのです。

しかし、恐怖はその後やって来たのであった………。

続きを読む "ニャンコの話 & 今日は検査でした" »

富士山眺めて、金時山登山

Img_2228










多分、リンドウ(あまり花に詳しくないので)。
この他にトリカブトの花がたくさん咲いていて綺麗でした。




『霊峰 富士』と言いますが、一昨日(18日)の金時山からの富士山の眺めは素晴らしかったです。
今回はホッカイダーネオが同行してくれました。

紅葉は一部し始めているくらい。
お花がまだまだたくさん咲いていました。

金時山を登りはじめたのが10時過ぎ。

Kintoki_moto_009







金時神社の脇の登山道から一気に高度を上げて上り詰め、頂上に着いたのは大体11時半くらいかな? お腹の調子がいまひとつのネオは、登りはじめのキツさにいつお腹がグルグル言い出すかと恐怖を感じていたらしく、私には不機嫌に見えて……そっちの方が恐ろしかったです(笑)。


Kintoki_moto_005








Kintoki_moto_006







標高1213メートル。立派なお山です。
山頂は大変混雑していました。

12時過ぎに下山を開始。帰りは長尾山山頂を経由して乙女峠を抜けて戻りました。

Img_2237








長尾山山頂は木々に覆われて見通しが良くありませんが、前後の尾根歩きがいい感じです。広場のようになっているので一息つけます。
私は歩くのがとても遅いし、疲れてくると左足が言う事を聞かずストックに力を借りて更にゆっくりになるのです。長尾山山頂に着いたこの頃は、先に行くネオを完全に見失い、心細くなってしまいました。

涙チョチョ切れ状態。

だから乙女峠の茶屋の前でネオを見つけた時は安心しました。……っていうか、いくらマイペースでいいからねって言っても、早く歩き過ぎだよ〜。

茶屋から更に下りは続きます。
岩だらけの歩きにくい下り坂が終わると、杉の根っこがむき出しになってどこに足を踏み出せばいいか分らない下り坂。転ばないように慎重に慎重に。
それを過ぎると国道に出ます。登山道はここで終わり。
今度はクルマに注意しながら15分程度歩いて駐車場に向かいます。

スタート地点だった駐車場に戻ったのは2時半近く。
おつかれさまでした。
「終わってみれば大山の方がキツかった」と言い出すネオ。体調が戻ったらしい……ホッ。

クルマに乗って御殿場方面へ戻り、途中の「富士八景の湯」で汗を流しました。新しい温泉施設のようでとっても綺麗。1000円で3時間はゆっくり出来たけど、1時間程度休んだら出発。

しかし今帰るとまだ東名が渋滞しているかもと考え…………

続きを読む "富士山眺めて、金時山登山" »

2008年10月19日 (日)

日帰り(BlogPet)

きのうガンプが、Neneで日帰りしたかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「ガンプ」が書きました。

2008年10月18日 (土)

無事下山

無事下山
スタート地点の駐車場に戻って来た〜。
お疲れさまでした。

金時山下山中

金時山下山中


乙女峠まで来ました。

金時山頂上2

金時山頂上2


芦ノ湖方面です。

金時山頂上

金時山頂上


……来ちゃった。

2008年10月17日 (金)

大人買い

大人買い


なんだかココログの更新に異常に時間がかかり…待ちくたびれてしまうのが続き、本日は携帯電話から更新。

先日、涸沢に行ったとき持って行った歩行食ですごく美味しかったのが、コレ。ブルーベリーと メープルを持って行った。特にブルーベリーがおいし〜。
昨日ドラッグストアで1つ100円で売られていたので、全種類買ってみた。
あぁ、大人って素敵。

2008年10月14日 (火)

山が恋しいなあ

こんな時間ですが、ようやく夕飯を食べ終えました。
今夜は秋刀魚の丸焼き! 大根もすりおろして、お取り寄せしたレモンしぼっていただきました。
ああ、本当においしかった。
自然の恵みよ、ありがとう。
ついでに3匹の秋刀魚をさばいて、トマトと香味野菜と一緒に圧力鍋で、今、煮込んでおります。これを元に色々加工し食べ繋いで行く予定。
秋刀魚をさばくと言っても、ただ内蔵を取り出してぶつ切りにしただけです。さらに、内蔵を取り出すのにこれまでは秋刀魚のお腹を包丁で裂いていましたが、頭に切れ込みを入れてそのまま頭を内蔵ごと取り出すワザをマスターしたため、作業がドンドコはかどってしまいました。
頭のところ(胸びれの上辺り)に包丁を入れたら、そのまま頭をお腹の方向にメキッと折り、頭を外すとそれにくっついて内蔵がゾロッとはずれます。
必殺仕事人になったつもりで、メキッ、メキッと秋刀魚の頭を外し続ける私。

………文字にするとグロいなあ。

続きを読む "山が恋しいなあ" »

2008年10月13日 (月)

ワイドショーって分かりやすいわな

最近は、ピンぼけした携帯電話画像ブログと化していますな……。

昨日は箱根に日帰りで行ってきましたが、その渋滞振りは凄まじいものでした。何度も箱根に行っていますがこれほどひどい渋滞に巻き込まれた事がなかったのでショック。目的地に着くまでも渋滞がひどく、予定より2時間近く遅く到着。おかげでお風呂の時間が削られる……しかし、本当の地獄はここからだった。帰りの道路が凄まじい渋滞になっており、姥子温泉から箱根湯本に下りるのになんと3時間もかかった。
いままで箱根の(それほどひどい)渋滞にあった事がなかった私はラッキーで、これが普通なのだろうか……。でも春に来た時はこんなんじゃなかったのになあ。

今日は久々に何となくテレビを点けて眺める事しばし。
ワイドショーを久しぶりに凝視しましたが、『ロス疑惑』をこれでもかと特集しておりまして、なんだか経緯とか忘れてたけどすごくよく分ってしまいました。分ったからといえ、別に何にも特別な事もないんですけど……もともと人間の不思議な行動とか、説明のつかない言動とか見聞きするのが嫌いじゃないので、三浦元社長の人柄についてたくさん説明やら推測やらされていてなかなか面白かったです。それなりに地位も名誉もあるような方が、三浦元社長について真剣に考えて喋っているのが更に面白い。
で、私はどう思うかといえば、金とオンナに彩られたなりきり男の異常行動って感じで興味深く、犯行をおかしたかどうかは「限りなく怪しい〜」って思いました。 観ていて「フルハムロード」なる言葉が出て来て、ああ、そういえばロス疑惑が最高に話題になっていた時に、故 影山民夫がひょうきん族で「フルハム三浦」って名乗って出てたよな〜なんて事も思い出したりして。
まあ、全てダダ無駄な記憶であり、そのまま忘れてしまっても全く生活に支障などないんです。
そんな秋の休日。

2008年10月12日 (日)

姥子ふたたび

姥子ふたたび
春に来た温泉施設にまた来た。
道路がアホのように渋滞して、余りゆっくり出来ないのが残念だが、やはりそれなりにまったり。

エントリ(BlogPet)

きょうはポラのエントリとか更新したかった。
それでNeneは携帯するつもりだった?

*このエントリは、ブログペットの「ガンプ」が書きました。

2008年10月11日 (土)

京都のお菓子

京都のお菓子
大きく見えますが3センチ位の小さな甘い、懐かしい味の焼き菓子。名前を聞いたのですが忘れてしまいました。なんでも老舗のお菓子屋さんのものだとか。
可愛らしくて思わず携帯電話でパチリ。

2008年10月10日 (金)

檸檬

20081006_2128_2
















8月に注文しておいた、国産無農薬レモンが届きました。
まだ青いレモンが3Kg。真ん中辺りにはおまけで入っていた、これまた青いみかんが写っています。
皮も安心して食べられるので、お肉と一緒に漬込んだり、ジャムにしたり、レモン酒作ったりして色々と試してみよう! とわくわく。

でも……
やっぱり……
レモンと言えばこれだよね。



20081006_2129
















梶井基次郎!
画集ではなく「ひとり歩きの登山技術」「わたしはコアラ」なんていう本の上に乗せてます。画集なんて持ってないもんで。

高村光太郎「レモン哀歌」は、ちょっと酸っぱそうで再現しませんでした。

※10/7の『お花』の記事に画像をアップしました。

2008年10月 8日 (水)

緒形拳さん

今の会社に転職する前、小さな編集プロダクションに在籍していてライターをしていました。とある男性週刊誌の連載インタビュー記事を担当していて、毎回いろいろな方のインタビューをしました。大変なこともあったし、記事は最後までみっちり手直しされましたが、私の人生の中でも何にも代え難い素晴らしい経験をたくさんした時期でした。
お会いした皆さんそれぞれに印象や思い出がありますが、強烈に覚えている人は数名です。その中に緒形拳さんがいらっしゃいます。
インタビューした方の人となりを切り取るとは言え、その時のお仕事の話を取り上げる事がほとんどでしたから、緒形拳さんの取材のときも当時公開間近の映画「さよならニッポン! GOODBYE JAPAN」の内容がメインでした。舞台が南の島ということもあり、途中から自然についての話や、ジャングルやインドへ行ったときの旅のお話になり、大変楽しい取材になって、すっかり緒形拳さんのファンになってしまいました。演技はもちろん素晴らしいのは当然ですが、ゆっくりと静かにお話される物腰がとても素敵でした。そしてとても気さくで、私の住まいが川崎と言うと「鶴見に住んでいるから、短パン、サンダル履きのままで川崎駅前にもよく出かけますよ」と言って笑っていました。取材の最後には、ご自身が手捻りで作られた作品を何点か見せてくださって、嬉しそうに大事そうにそれらを眺める様子が子供のようで……とても魅力的な方でした。
取材を終えたあと、仲立ちをしてくださった映画会社の方がポツリと「緒方さんは、森の中にある大きな太い、樹齢何千年とかいう木の幹から出て来たみたいな人だなあ」とつぶやいたのです。その表現がまさに今お会いした緒方さんのイメージ通りで、私の中にもすっかり『緒形拳さん=大木の妖精・森の主』というイメージで固定されてしまったのです。
静かで優しく、力強くて博学、見る者が畏敬の念を抱くような存在………この取材に同席した全員が、俳優というより、ひとりの人間としての緒形拳さんの魅力にノックアウトされたのでした。
以来、緒方さんのご出演するドラマや映画もたくさん拝見しましたが、私はNHK「プラネットアース」でナビゲータをする緒方さんや、テレビ朝日の「すてきな宇宙船地球号」のナレーションの声を聞く方が、自分の中の緒形拳さんのイメージとピッタリ合っていて、とても心地よく画面を眺めていたのでした。

そんな緒形拳さんが急死というニュースが。
とても信じられませんでした。
8年も前から肝臓を患い、5年ほど前から肝臓がんに移行。長くつらい闘病生活をほとんど語らず独りで戦っていたそうです。なんとも緒形拳さんらしいと言うか……でも悲し過ぎる。
もう10年位前にたった2時間程度の取材だけなのに、印象は色褪せる事なく残っている緒方さん。たくさんお会いした各界の著名人の中でも本当に突出して魅力に溢れた人でした。

緒形拳さん、長い間、本当におつかれさまでした。
たくさんの素晴らしい作品をありがとうございました。
そして、取材では、忘れられないひとときをありがとうございました。
どうかゆっくりお休みください。

2008年10月 7日 (火)

お花

20081002_0910


















涸沢から帰っても森の香りやら山の冷たい風やらが思い出され、すっかり社会不適応者になってます。
会社に行く途中の草むらに可愛く咲く花を見て、登山道に小さく咲いていた花をまた思い出す。雑草かな。名前があるのかな。
山に行っても高山植物の名前がわからず、少し寂しい。植物図鑑は実家にあったか?今度帰ったら聞いてみよう。

※10/9 お花の画像追加しました。

2008年10月 5日 (日)

今日のブランチ

今日のブランチ
のけ反って悶絶しているようなお魚はハタハタです。
ハタハタ大好物なのでスーパーで見つけて即買い。はらわた出して塩焼きに。卵持って美味しかった〜。
ご飯も好みの固さに炊けてた。
但しお椀の『イワシのツミレ汁』がイマイチ。汁は美味しいけど、ツミレの小骨をもう少しなんとかしないと…イワシ4匹を頑張ってさばいたわりにはお味が残念な結果となりました。

まだ冷蔵庫にアジが二匹いる。フライにしなくては。
トータルで魚8匹調理か…買いすぎだな。

泊(BlogPet)

きのうはNeneは泊しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「ガンプ」が書きました。

2008年10月 4日 (土)

Last.fm

もうずっと前から登録している「Last.fm」。
登録しているだけでほぼ放ったらかし状態ですが、ときどき私のマニアックな選曲に興味を示す方もいるので、ブログの横にウィジェット貼ってみました。
他人の本棚やCDラックを覗き見する人が好きな方にもおすすめです。
しばらくしたら引っ込めるかもしれないけど。
私のCDラックには「世間的にマイナーなアーティスト」のタイトルが並んでいて、iPodに落としていないのがほとんどで、基本的にはステレオで聴くのが好きということもあり、「ちょっと聴きたい系」の曲しかアップされないと思うけど。
音楽好きな方は登録するのもいいと思いますよ。

2008年10月 2日 (木)

「ルイ〜!」「トモ〜!」

入院していた時、同室の方々から「結婚しなさい」と言われた。
再発で入院したときも言われた。

涸沢に行って山小屋で同室になった方々は、全て既婚者でお子様方も育ち上がっている人々であった。なぜか結婚の話になり「是非結婚しなさい」と言われた。

今日、何年も前から訪問している、あるHPに行ってみたら管理人さんが『遂に結婚』という報告がアップされていた。

結婚ね〜、してみたいね〜……って思うけど、私には何かが足りないらしく、そういうことに未だなっていない。

で、『ホントのところ相手はいるの?どうなのよ??』と訊ねられたら……
「そいつは言えねぇ〜な」(江戸っ子風)

だって……
いれば → なぜ結婚しないの?とまた言われるのが面倒。
いなければ → 彼氏がいないのを認めておおっぴらにするのが悔しい。
って事で(笑)。とりあえず、彼氏がいないらしい淋しいオンナって事で結構です。

とにかく、どっちにしても、結婚とかそういう事にならない状況だって事は確か。
ちょっと前までは振り袖がまだ着られるんだぞー、とか言って笑い飛ばしていたけど、最近は笑えなくなって来たばかりか、黒柳○子さんをテレビで見るのも辛くなって来た。
周りの友達も、好きな人や交際相手がいる・いない関係なく、なぜか独身女性多数。まさに『類は友を呼ぶ』状態だ。
じゃあ、すごく不幸かっていうとそうでもないんだな……これが。
しかし結婚できない理由はこの辺にあるような気も……結局はほったらかしておいても大丈夫そうな感じがよろしくないのかもしれない。
事実、私を含めた独身女性の友人は皆、そんな感じのタイプではあるしなあ……実はそうじゃ無い人もいるんだけど。

ってなわけで、支離滅裂になって来たからこの辺でやめておきます。
ちょっと「結婚報告記事」にショックを受けたもんで。

いまさら合コンっていう年齢でもないし、そもそも合コンなんて苦手だしなあ……ブツブツ……



ヨレヨレなので携帯から更新

やはり肉体疲労がなかなか抜けず…。アミノバイタルをしこたま飲んで歩いたはずだが、カバーし切れなかった模様。
会社から帰宅して夕飯食べたら自動的にスイッチが切れてしまい、おやすみなさい状態の毎日。

話は変わるが、松本駅の売店で買った『くらかけ豆』なるお豆が美味しい。実は、嫌いじゃないけど豆類は進んでは食べない。『幻の豆』とか書いてあって目を引いて、豆の見た目が奇妙だったからホントに美味しいのか?と、興味本位で買ってみただけだった。パンダ豆とも呼ばれるらしい。今度はお取り寄せしようかな。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

KAN's Music

はてなブックマーク

  • はてなブックマーク
    はてなブックマーク

お知らせ表示します。感想を書き込んでいただいてもOK。

  • ミニBBS

Message

  • 当サイトの内容にそぐわないコメントなどは予告無く削除いたします。文章・画像・動画の転載・複写は認めていません。必要な方はコメント欄にてご連絡ください。 また気に入ったアイテムをご紹介した際、アフィリエイトリンクを利用している事があります。ご了承ください。気になる方は別のリンクからアクセスしてくださいね。

婦人画報のおかいもの

  • 祝! 6周年
    婦人画報のおかいもの

MomaStore

  • 母の日にアートな贈り物を
    MoMA STORE

私の好きな場所

  • 大坪家の書庫
    大坪五郎さんのインテリジェンス溢れる面白い感覚が素敵です。全国の珍スポットをルポする「巡り巡って」は大好き! 「映画評」「私のMacintosh」もいつも読んで参考にしています。
  • ハッピーマニア
    翻訳家を目指すbolero74さんのブログ。英語の勉強についての内容はもちろん、日々の出来事を綴っていらっしゃいます。同居している彼氏とのやり取りがほのぼのしていて、私は大好きです。
  • 日々是好日−つれづれよっぽブログ
    様々な話題を丁寧に綴る「よっぽ」さんのブログ。真摯に、誠実に、毎日を過ごしているよっぽさんの人柄が滲み出ているような文章に、気づかされたり勇気づけられたり…。肉体にとって「マイナス」と言われることも、心を磨くことについては「プラス」になるのではないか、と感じさせてくれるのです。
  • 猫ヤパ
    猫ヤパさんが送る「猫ヤパ THE CAT FILES」がブログになって帰ってきました。 大好きなニャンコ達のお話や、おウチ新築のお話、PCやガーデニングなど猫ヤパさんとニャンコ達の日常のクスクスが詰まったブログ!!
  • なにブロ自作PC&ジャンク隊
    長野県在住の山桜さんが送る自作PCやジャンクパーツ……そしてクロネコ 「まるちゃん」との戯れがつづられるブログ❤️

ブクログの本棚

  • 読んだら登録。時々レビュー。

ドライブのページ

  • ドライブの記憶
    クルマのSNS「みんカラ」にコソッと作っているドライブページです。昔の名前(HN)で出ています。

最近のトラックバック

はてなスター

  • はてなスターフッター
  • 各エントリタイトルにはてなスター。よろしかったらポチってみてください。
無料ブログはココログ