« ゴロンゴロン | トップページ | 平湯・上高地の旅 動画編2 »

2008年6月29日 (日)

平湯・上高地の旅 3

だいぶ時間が空いてしまいましたが、平湯・上高地の旅の最終日です〜。

「平湯・上高地の旅 1」はこちら

「平湯・上高地の旅 2」はこちら

 

2日目のホテル夕食はフレンチのコースでした。上高地で宿泊した清水屋ホテルさんは必ずコースに岩魚のお料理をだすそうです。説明では頭からしっぽまで全て食べられると言われたので、その通り全部食べましたが、ちょっと頭は硬かったかな?


Img_1515
岩魚です。




Img_1516
メインディッシュはお肉をオーダー。




Img_1517
デザートは苺と抹茶のムース。
絶品でした。また食べたい。



Img_1518
食後のコーヒーで満足感を噛み締める……。




お料理は当然ですが、注目して欲しいのはこの食器。上高地の風景がデザインされたオリジナル食器です。とても綺麗。カップとお皿を買って帰りたかったけど、ちょっとお高くて……。いつかこのお皿に見合う料理を作れるようになったら、絶対に購入しようと思ったのでした。

Img_1523 Img_1521
レストランの前には、レリーフにもなっていたウォルター・ウエストン牧師の胸像と、彼が残した登山ノートが展示されています。






ホテルには車イスでいらしていた団体さんと一緒でした。
ハンディを持っている方々なのか、ご高齢者向けのホームの方々なのか判りませんけど、介助の方と一緒にとても楽しそうにしていました。上高地は一般車両が規制されているので特別なツアーなのでしょうけど、良い企画だと思います。自分が年をとったときにも気軽にこういったツアーを利用できたらいいけど……商品としては高額なのかも。

その夜は、父の足と腰が随分と痛んでしまい、私は気になってあまり眠る事ができませんでした。

翌朝は今までの雨がウソのように晴れ渡り、まさにイメージ通りの上高地全開。
前日に行かれなかった大正池に私ひとりで出かけることにしました。両親は温泉に入ったり近くを少し散策する程度で待っていてもらう事に。チェックアウトまで時間がないので相当な早足です。ホテルで待つ両親にも気分を味わってもらおうと、途中途中で足を止めて画像や動画を撮りまくる私。早足だけどなかなか距離を消化できませんでした。

Img_1533 Img_1531
ホテルからの眺め。




「うわー、綺麗」を数えきれないほどつぶやきながらの散策でした 。大量の画像があるのですがしぼりきれないので厳選した物を……



Img_1538
田代橋からホテルを見ると建物とのコントラストで、雄大さが更に強調。
まさに蒼の上高地。
感嘆のため息ばかりが出ます。



Img_1555 Img_1557 Img_1559
田代湖に到着。






清らかな水の流れと、穂高連峰の眺めが最高に美しい。
あまり人にシャッターのお願いをしない私も、外国人の方にお願いして切ってもらいました。

Img_1545 Img_1550 Img_1541
更に木立の中を歩き続けます。









Img_1540 Img_1549
ときどきこうした水草がたくさん生えています。
スミレも笑ってました。




Img_1573
大正池手前に広がる「千丈沢」に到着。





Img_1574 Img_1568
白い砂礫が独特の雰囲気ですが、この砂礫によって大正池はどんどん小さくなっているそうです。




ここまでくれば大正池まではすぐ。チェックアウトの時間が迫っているのでせわしないけど、この風景を見ないままに帰らないで本当に良かったと思います。

Img_1585
オシドリとカモがお食事中の模様。








Img_1586Img_1593
すぐに大正池に到着。




Img_1600
右手に穂高連峰。






Img_1599
正面に焼岳。




今までにも凄いなあ〜という景色は見て来たけど、何とも言えない感動に包まれました。
圧倒的な存在感というか、もうなんと表現したらいいのでしょうか。穂高は連なって大きいけど、私にはとても女性的に見えて女神のように思えました。焼岳は男性的で力強くそれであたたかい、まさに父性の山に見える……活火山ですから。雷親父?

両親と一緒に見たかったけど、高齢だし、雨でタイミングも合わなかったし……仕方ないです。だけど見せてあげたかったなあ。せっかくここまで来たのにーッ!(号泣)。
それほど素晴らしい眺めだったのです。

Img_1606 Img_1615
帰りはもと来た道を戻りました。






撮り損なった分の画像や動画を撮影し、残り時間を考えながら戻ります。
梓川の水の音と鳥の声が印象的でした。途中では湿地帯からカエルの合唱も聞こえて来て……ああ、また来てしばらく滞在したい……と思いました。
動画をたくさん撮ったのですが、両親に説明する為に私のとぼけた解説が入ってしまっているのでアップは見合わせです。


Img_1618 Img_1621
田代橋に戻ってきました。橋の上からの眺め。水がきれい。







Img_1620
ホテルの眺めも日差しの加減が変わって、違う印象に。




Img_1622
小さな橋を渡って帰りましょう。





ホテルに帰ったらチェックアウト15分前。セーフ。
荷物をまとめて帰ります。

Img_1637
父が私と母を撮影。帰りはなぜか荷物が増える。
若輩の私が荷物持ちは仕方ない……。




Img_1640
歩いている最中に立ち止まり荷物の事につい喋る両親。








父の足の状態が思わしくなく、様子を見ながらゆっくりゆっくりと歩きバスターミナルへ。
激痛という感じではないようですが、美し過ぎる景色だけでは忘れられないくらいの痛みで、気を紛らわす為にデジカメを貸したりしながら、ようやく河童橋へ。通常の3倍以上の時間がかかりました。

Img_1654
やっぱり河童橋からの方が穂高連峰が大きく見えますね。



Img_1653
逆に焼岳は縮小サイズ。



河童橋のたもとにあるお土産屋さんでソフトクリームを食べて一服。
すると母の背中の方から突然バサバサバサッ!という大きな音がして、何かが飛来。なんと山鳩とオシドリが何かもらえると思って飛んで来たのです。突然の羽音に母はビックリして悲鳴をあげていました。

Oshidori
オシドリ。しばらく動かない……。
こんな近くでオシドリ眺めたのは初めてだよ。

 



国立公園内で動物にエサをあげることは禁止されていますけど、この鳥達の様子をみると、観光客が食べ物を与えているとしか思えません。確かにかわいいけど野生動物にエサをあげるのはやめましょう。私たちは上高地の自然の中に少しの間だけ間借りしに来ただけなのです。エサを与えて施しているつもりや、かわいい姿に思わずなんてエゴでしかありません。また、単純に人間の食べる物を野生動物が食べて、栄養的にもいいとは思えません。本当にやめて欲しいです。


Img_1659
バスターミナルに到着。
さよなら上高地。


またまた安房トンネルをくぐり「あかんだな駐車場」へ戻ります。行きはすっかり雲に覆われていた駐車場も晴れ渡り、ここからの景色も非常に美しいです。無事に待っていてくれたレンタカーと再会し一路松本へ。

安房トンネルをくぐる前に、手前にある展望台にクルマを止めて、岐阜県側の景色にもお別れをします。

Img_1689
ちょうど雲が切れて槍ヶ岳が姿を見せたので、しばしその勇姿を眺めました。






国道158号線をひたすら下る途中、奈川渡ダムの「梓川TEPCO館」で休憩。展望台に立ち寄っただけですが、人の力で作り上げた施設の凄さを目の当たりにしました。

Img_1692
ひゃ〜、高い。







Img_1693
乗鞍に来る時に、初めてここを走った時は予備知識をもっていなかったので本当に驚いた。


運転していなかったら窓ガラスに張り付いて眺める事でしょう(毎回ハンドル握っているので、あまり見られずいつも悔しい思いをしていた。)でんこちゃんグッズをもっと堪能したかったけど、帰りの電車があるので出発しました。

無事に松本駅でレンタカーを返し、15時過ぎ発の特急あずさに乗り帰還です。
父は電車に乗ってからますます足腰の痛みがひどくなってしまい、社内で母に湿布薬を貼ってもらってました。車両に乗客が私たちだけだから良かったが、お尻が見えるくらいの腰の低い位置にまで貼っていたので、だいぶ痛みが強くなっていたようです……(涙)。

Img_1699
ツアーにおまけでついていた駅弁。







Img_1700
おいしかった 。




振り返れば、上高地へ行ってからひと月が経ってました。早いです。
私が行った時はまさに新緑で、柔らかな緑に包まれていました。植物の緑と残雪の白のコントラストが目に焼き付いています。食べ損なった 嘉門次小屋の岩魚も食べに行きたいし、もう少し先まで歩いてみたいので、出来れば秋にももう一度訪ねたいなあと思っています。でも結構歩いてしまいそうなので、山歩きが好きな知人が周りにいない私は、次回ひとりで訪ねようかなぁと思案中です。

それと父は病院で予想どおり坐骨神経痛と診断されました。
当日の歩行が引き金ですが、どうやら旅行前にトレーニングと称して長時間歩いていたらしく、蓄積した疲労の上に当日発症した模様です。ひと月が過ぎ、やっと痛みが治まって来た模様。しかし筋力が弱ったらしく膝抜け(突然ガクンと膝の力が抜ける)するみたいで、自身はまだ歩くのが少し怖いみたいです。

Img_1701
おまけ。
上諏訪駅はホームに足湯があるんですね。




前回、キャプションを一部間違ってしまったり、写真配置を間違ってしまいました。もし地名の示し方など誤りがあればご指摘くださいね。画像は一部時系列に並んでいない可能性があります。

« ゴロンゴロン | トップページ | 平湯・上高地の旅 動画編2 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

トラックバック頂いていたようで、ありがとうございます。気づかずレスが遅れ、すみませんでした。

先ほど「碧ツーリスト添乗員の添乗日誌」拝見いたしました。まだまだ歩き出して間もない私ですので、またお邪魔して今後の参考にいたします。
こちらにもまたいらしてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122358/41679633

この記事へのトラックバック一覧です: 平湯・上高地の旅 3:

» アルプスへのお誘い(笑) [碧ツーリスト添乗員の添乗日誌]
ブログ拝見思しました。大変参考になりました。 またおじゃまします [続きを読む]

« ゴロンゴロン | トップページ | 平湯・上高地の旅 動画編2 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私の好きな場所

  • 大坪家の書庫
    大坪五郎さんのインテリジェンス溢れる面白い感覚が素敵です。全国の珍スポットをルポする「巡り巡って」は大好き! 「映画評」「私のMacintosh」もいつも読んで参考にしています。
  • ハッピーマニア
    翻訳家を目指すbolero74さんのブログ。英語の勉強についての内容はもちろん、日々の出来事を綴っていらっしゃいます。同居している彼氏とのやり取りがほのぼのしていて、私は大好きです。
  • 三浦半島ティールームガイド
    三浦半島を愛すが故に、クールに論じるまみさん運営のサイト。「ティールーム」ガイド、マニアックな公園案内、そして三浦半島にまつわる歴史や問題などを取り上げた「週刊!三浦半島」。ストレートなコメントを読んだら、真意を確かめに海と山の三浦へ出かけよう。
  • 日々是好日−つれづれよっぽブログ
    様々な話題を丁寧に綴る「よっぽ」さんのブログ。真摯に、誠実に、毎日を過ごしているよっぽさんの人柄が滲み出ているような文章に、気づかされたり勇気づけられたり…。肉体にとって「マイナス」と言われることも、心を磨くことについては「プラス」になるのではないか、と感じさせてくれるのです。

Message

  • 当サイトの内容にそぐわないコメントなどは予告無く削除いたします。文章・画像・動画の転載・複写は認めていません。必要な方はコメント欄にてご連絡ください。 また気に入ったアイテムをご紹介した際、アフィリエイトリンクを利用している事があります。ご了承ください。気になる方は別のリンクからアクセスしてくださいね。

婦人画報のおかいもの

  • 奇跡のリンゴ入りカレーが気になるんですが
    婦人画報のおかいもの

MomaStore

  • 生活にアートを
    MoMAstore

ブクログの本棚

  • 読んだら登録。時々レビュー。

ドライブのページ

  • ドライブの記憶
    クルマのSNS「みんカラ」にコソッと作っているドライブページです。昔の名前(HN)で出ています。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ