« 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』におけるライトな感想 | トップページ | 桃の節句 »

2008年3月 1日 (土)

エリザベス繋がり

「アメリカで理想の男性といえばスペンサーよ、私は意地悪いことを言ったり、彼をじらしたり、一杯食わせてみたり、女そのものを演じていたわ、でも、彼がホンキで怒ればすぐ降参だわ、、。男と女のロマンチックな理想の関係というのはこういうものなの」キャサリン・ヘプバーン   〜Wikipediaより)


『エリザベス:ゴールデン・エイジ』観て、ケイト・ブランシェットのこれまでの出演作なんかをみたら、「アビエイター」で女優 キャサリン・ヘプバーンを演じてアカデミー助演女優賞を受賞しているんだね。今回は主演、助演女優賞の両方にノミネートされていて、最初「え?どっちにノミネート?」ってちょっと意味が分からなかったくらい(笑)。
先日、コメントいただいたmarco様のレスにも書きましたけど、私が彼女の出演作で好きなのは、ジム・ジャームッシュ監督の「コーヒー&シガレッツ(COFFEE AND CIGARETTES)」です。楽しくて、シニカルな11のストーリー。毎回少数の登場人物が気の利いた会話が交わしてる、全編モノクロでお洒落な映画です。英語がちゃんとわかる人が観たらもっとおもしろいのかも。

冒頭の言葉ですが、ケイトが演じた「キャサリン・ヘプバーン」についてちょっと調べていたら行き当たった言葉。以前、淀川長治さんのエッセイで「日本でヘプバーンといえば、圧倒的にオードーリーが思い出されるが、私はキャサリン・ヘプバーンが好き」というような内容を読んだ事がありました。正直、私は彼女の名前を聞いてすぐに代表作が思い出せません。「若草物語」くらい。古いなあ。
家庭のある俳優 スペンサー・トレイシーを愛して、しかし生涯結婚せず、パートナーとして彼の最期の時まで過ごし、それでも彼の葬儀には「パートナー」でしかなかった自分の立場を考えて出席しなかったそうです。

エリザベス1世は国に生涯を捧げ、独りの女性としては生きなかった。そのエリザベスになり切ったケイトの私生活は、女優、妻、母をこなすスーパーレディ。そのスーパーレディが演じ、アカデミー賞の栄誉と賞賛を浴びたキャサリン・ヘプバーンの生涯は、女優として絶賛されながらも、独りの女性として表向きは日陰の身に徹していた……女の生き方として面白いなあと思ったエリザベス繋がりでした。

キャサリンが述べた「男と女のロマンチックな理想の関係」っていうのは、まさしくそうだなあと思う。彼女とスペンサー・トレイシーの本妻との関係も友好的だったようなので、キャサリン・ヘップバーンという人は真実賢い女性だったのだろう。……でもさ、やっぱり、本当は、彼の全部を自分だけ独り占めしたいと思っていた、と思いたい。少なくともそう思った時があった、と思いたい……賢いだけの女性よりも、ちょっぴりわがままで、強がりな女性の方が愛される、彼女の言葉から「そういう女」を演じる部分があったことはわかるけれど、本当の彼女にもそういう部分を持っていて、その気持ちを上手にごまかしていた……ってね。そういう生身の情熱的な彼女を内側に秘めて生き抜いた、それこそが彼女の魅力だったのでしょう。この真意はいずれ彼女の出演作を観て、的中しているかどうかを判断しましょう。


3/5 追記。

エリザベス繋がりと言うよりも、ケイト・ブランシェット繋がりですね。

この期に及んで、もう一度彼女のエリザベスっぶりを観たくなっている今日この頃。レディースデイにまた観に行こうかしらね。HPの動画や、エリザベスの歴史についてまとめられている「TIME LINE」を観てると、そんな気になってしまいます。

« 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』におけるライトな感想 | トップページ | 桃の節句 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122358/40323211

この記事へのトラックバック一覧です: エリザベス繋がり:

« 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』におけるライトな感想 | トップページ | 桃の節句 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

KAN's Music

はてなブックマーク

  • はてなブックマーク
    はてなブックマーク

お知らせ表示します。感想を書き込んでいただいてもOK。

  • ミニBBS

Message

  • 当サイトの内容にそぐわないコメントなどは予告無く削除いたします。文章・画像・動画の転載・複写は認めていません。必要な方はコメント欄にてご連絡ください。 また気に入ったアイテムをご紹介した際、アフィリエイトリンクを利用している事があります。ご了承ください。気になる方は別のリンクからアクセスしてくださいね。

婦人画報のおかいもの

  • 祝! 6周年
    婦人画報のおかいもの

MomaStore

  • 母の日にアートな贈り物を
    MoMA STORE

私の好きな場所

  • 大坪家の書庫
    大坪五郎さんのインテリジェンス溢れる面白い感覚が素敵です。全国の珍スポットをルポする「巡り巡って」は大好き! 「映画評」「私のMacintosh」もいつも読んで参考にしています。
  • ハッピーマニア
    翻訳家を目指すbolero74さんのブログ。英語の勉強についての内容はもちろん、日々の出来事を綴っていらっしゃいます。同居している彼氏とのやり取りがほのぼのしていて、私は大好きです。
  • 日々是好日−つれづれよっぽブログ
    様々な話題を丁寧に綴る「よっぽ」さんのブログ。真摯に、誠実に、毎日を過ごしているよっぽさんの人柄が滲み出ているような文章に、気づかされたり勇気づけられたり…。肉体にとって「マイナス」と言われることも、心を磨くことについては「プラス」になるのではないか、と感じさせてくれるのです。
  • 猫ヤパ
    猫ヤパさんが送る「猫ヤパ THE CAT FILES」がブログになって帰ってきました。 大好きなニャンコ達のお話や、おウチ新築のお話、PCやガーデニングなど猫ヤパさんとニャンコ達の日常のクスクスが詰まったブログ!!
  • なにブロ自作PC&ジャンク隊
    長野県在住の山桜さんが送る自作PCやジャンクパーツ……そしてクロネコ 「まるちゃん」との戯れがつづられるブログ❤️

ブクログの本棚

  • 読んだら登録。時々レビュー。

ドライブのページ

  • ドライブの記憶
    クルマのSNS「みんカラ」にコソッと作っているドライブページです。昔の名前(HN)で出ています。

最近のトラックバック

はてなスター

  • はてなスターフッター
  • 各エントリタイトルにはてなスター。よろしかったらポチってみてください。
無料ブログはココログ