« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

春のごはん

昨日はホッカイダーネオがウチに遊びにきたので、お昼をごちそうしました。
パスタを振る舞う事が多いのですが、久々に和食系。エビとキノコをごはんに炊き込んだり、ほうれん草のお味噌汁を作ったりしましたが、メインディッシュは「お肉」。だって、牛肉が食べたくて、でもひとりだとあまり贅沢する気にもならないもので、来客に合わせて日頃抑圧されていた食欲が爆発。そんなに高い肉ではないけど(むしろ安い、オージービーフだし)、スーパーから買ってきた。それをジュージュー焼いて食べる。上手にミディアムレアに焼き上がってウマウマウマ〜。
しかし、このメニューにした本当のわけをネオは知らない。
それは、桜の食器を一斉に出して使いたかったから。
ごはんのお茶碗や、お皿、小皿、カップ、急須……柄物の食器を買うときは結局、桜模様になってしまう事が多い。結果、タッチの違う桜の食器が増えてしまった。通常は極力シンプルで手入れがしやすい食器を選ぶ私なので、白かせいぜいふちにラインが引かれているだけという食器ばかりなのです。かわいらしい桜の食器も、やっぱり春に出したいのでこれまであまり出番がなく、昨日はここぞとばかり引っ張りだして使いました。
やっぱりいいわ、桜柄。可愛い〜、と自分の中で満足してました。ふふふ。

今回の炊き込みごはんは圧力鍋で炊き上げました。炊き込みごはんというよりおこわって感じになりました。今度は山菜いれて炊いてみようかな。
私はごはんを炊くのに電気炊飯器を使いません。一応持っていますけど、ずっと電源入れてないから壊れているかも。「ニトリ」で買った小さい炊飯用の土鍋を使ってガスコンロで炊いています。早いし、米がキリリと炊きあがるのがいい。基本的にごはんは固めが好きなの。ところがこの土鍋に最近ヒビが入りはじめ、じわじわと水分がしみ出すようになりました。別に炊くのには問題無いのですが、しみ出した水分が焦げてキッチンが汚れるのが嫌。釜を置くと、置いたところに黒い焦げの跡が……。む〜。取っ手のところにもヒビが入って来たようで、持ち上げた指や掌にも焦げの汚れが……。
さすがに気になりだしたのでここ数日は圧力鍋でごはんを炊くようになったのです。仕上りはかなり餅米っぽく炊きあがるので、これはこれでおいしいです。初めて圧力鍋で炊いたときには、米のアルファ化によってごはんの色がグレーがかって炊きあがり驚いたのですが、圧力を低めに、加圧時間を長めにする事で色の変化がコントロールできるようになりました。そうしてモッチモチのごはんを数日食べていたのですが、やっぱりあのピカピカでシャキシャキのごはんが懐かしくなりつつあります。
フランフランなど手近なところで探してみたんだけど、大きい炊飯土鍋しかなかったり、値段が著しく高かったりとちょうどいいのがありません。一番近いニトリは最寄り駅がないのでクルマで行かなければなりません。あ〜、週末までお預けかあ。

ネオが帰ったあと、家に帰ってテーブル見たらピンクの桜が咲いたカップが置いたままになっていて、洗って出かければ良かったなあ、と後悔しました。
別に暗い部屋にひとりで帰るのは何とも思わないんだけど、こうして楽しいひとときの残骸が目に飛び込んでくると、うすら寒いものを感じる事があるのです。悲しいとか寂しいとかそういう事ではなく、ひとりの時間の静かさや冷たさがしんしんとしみてくる、そんな気持ち。ひとりである事を大切に思っている私なのですが、そんな夜もたまにはあるんですよ。
そんな夜は早めにあたたかいお布団にくるまって眠る事にしています。
昨日もすぐに布団に潜り込んで眠りました。ああ〜、布団はいつもぬくぬくで気持ちいい。
いつもあたたかいばっかりじゃ、その時間の大切さがわからないもんね。

今日は週末報告になってしまいました〜。
明日も帰りが遅めなので早めに布団にくるまろう!

2008年3月29日 (土)

春爛漫

今年の春は花が一斉に咲いている気がするんです。
いつもなら、水仙が咲いて、梅が咲いて、コブシやモクレンが咲いて、山桜が咲いて、木瓜(ボケ)の花が咲いて、桜が咲いて……とちょっとずつ順番に咲いて行くんだけど、今年は水仙、梅のあとはもう一斉に咲いてしまって春を謳歌している気がする。この後、満開の桜が一斉に散って、今年の春は大団円を迎えるのでしょうか?
なんだか寂しいです。
おいしいものや大好きなものはできるだけ最後までとっておいてゆっくりと味わうほうなのです。一斉に押し寄せて去って行く春が、なんだかあまりに華やかすぎて、散り際を眺めたら悲しくなってしまいそう。
夏にせき立てられて行ってしまいそうな今年の春。
もう少し優しいあたたかさを長く感じさせてほしい。
春よ行かないで。

2008年3月28日 (金)

その2

その2

手鞠みたいで可愛い。

綺麗です。

綺麗です。

桜のアーチ。
日本に生まれて感謝。

眠れません

眠いのに眠れないんですけど……
体はすごくつかれているのになあ。

今週は忙しい。
明日は静かであってほしい。

もうあと数時間すればまた朝がやってくるから、眠らないといけないんだけどなあ。
あ〜……

2008年3月27日 (木)

バーミックスが………

私の料理の助手、バーミックスさん。
重宝しているよ。高かったけど買って良かった。
後悔なんてしていない……していない………

でもでも、本当は本体が赤いバーミックスが良かった。
私が悩んで悩んで、とうとう誕生日プレゼントに買ってもらってすぐに、期間限定で黄色いバーミックスが出たの
その後、またまた今度は期間限定じゃなく赤いバーミックスが発売。
どうせ買うなら赤いのが良かったのにぃぃぃぃ!!

キーッ! ギリギリ……(悔しさの叫びと悔しさの歯ぎしり)。

それと、野菜などをみじん切りにしたりスライスしたりできたらもっと便利だな〜、バーミックスではちょっと大量だと無理だしなあ、スライスはぜったいできないし……やっぱり小さめのクイジナート買おうかな……と時々熱に浮かされたように考えていた私。
ところが先日何の気なしに、バーミックスの日本総輸入販売元でもある「チェリーテラス」のHPをみていたら、なんとバーミックスの新機種が発売ですと!!


ガガーン!
モーターがパワーアップしてます。
その分本体がちょっと重くもなっているけど。しかしバーミックスは結構重いからなあ。いくらパワーアップしても10グラム重いんじゃ、軽い方がいいかもしれない……なんて思っていたら、新機種と一緒に、野菜のスライスや細切りができる「バーミックススライシー」発売?
なんですとーッ!?




なんと便利な!でも「スライシー」とやらを買ってウチのバーミックスでまわせば、スライスとかできるかも? と疲れた目をシパシパさせながら小ちゃい文字を追って行くと……


※バーミックスM200でも使用可能ですが、作業時間、仕上がり等に若干の差異があります。


……ダメってことで。
「センジャク」ってどれくらいの差ですか?
いつもより多めに回してもダメですか?
やっぱり小さめのクイジナート買おうかな……パン生地もこねられるし。
でも「モッフルメーカー」も欲しくて真剣に悩んでいるのに、調理器具ばっかり買いそろえるのもなあ……でもでもでも、おいしいもの作りたいし、食べたいし………。

しばらく悩んでしまいそうです。

その2

その2

この幹にもぽわんと笑ってました。

桜トンネル

桜トンネル

今が盛り。

2008年3月26日 (水)

その2

その2
幹にも咲いてました。

桜のトンネル完成間近

桜のトンネル完成間近
昨日ココログさんはメンテナンスだったみたい。
桜が開花し出したので、お弁当食べてお散歩中。

2008年3月25日 (火)

は研究するつもりだった(BlogPet)

ガンプは研究するつもりだった。
でも、準備ー!
だけど、Neneでエントリ散歩しなかったよ。
だけど、ポラと消化しなかった?

*このエントリは、ブログペットの「ガンプ」が書きました。

2008年3月24日 (月)

OS 10.5に上げてみた。ヨーグルト作ってみた。

チマチマバックアップしたりいろいろ準備したけど、あっさり上がった。
アーカイブインストールだったので特に変わった感じもしない。
自宅で使うとネットワークを大々的に組んでいるわけでもないし、今のところ「スゴイ〜!」という機能もなく、感動もなく、可もなく不可もなく……。
あ、でも最近Mailの調子が悪くて、しょっちゅう閲覧中に落ちていたんだけどそれが全然なくなって嬉しい。
それからiChat。エフェクトかけたり、背景を変えたりはしてみたけど、なんか綺麗にかからないよ。エフェクトに関しては、だれがわざわざ自分の画像に 「レントゲン」や「サーモグラフィー」のエフェクトかけて見にくくするのか?って感じでこの機能の意図がわからない。怖いだけだし。
後はタイムマシンでも設定して試してみるか……って感じかな。

そして全然話は変わる。

自家製ヨーグルトメーカーを随分と前に買ったんだけど一度も試していなかった。ずっと放置されていたんだけど、昨日の夜に急に思い立って作ってみた。
作り方は簡単。
通常の1リットル牛乳の中に、パックのまま、口のところを全開にして付属のスプーン2杯のプレーンヨーグルトを入れてよ〜く混ぜ合わせる。そのままヨーグルトメーカーの箱の中にパックごと入れスイッチオン。タイマーも何もなく、ただ通電し、牛乳パックが温められる。大体8時間でまろやかヨーグルトが出来上がり。酸っぱいのが好きな方はもっと入れておけば発酵が進んで酸っぱいヨーグルトができますよ。あとはお好みで。12時間くらいが限度ね。そのくらいしたらいくら酸っぱいのがお好みでも、ヨーグルトメーカーのスイッチは切って冷蔵庫に入れましょう。発酵の次のステージ「腐敗」にまっしぐらですよ!
今回、私はちょっと短め7時間で取り出し冷蔵庫へ。寝る直前に仕込んだので会社に出かけるまでこれが限界だった。そのままにして出勤したら、帰る頃には「ヨーグルト」ではなく、単なる「細菌兵器」が出来上がっているだけです。
さっき冷蔵庫から出して食べてみましたが、ビックリするほどまろやかでおいしかったです。ああ、また作ろう。嬉しい。
ちなみにヨーグルトメーカーは、ホームセンターで売れ残っていたのを、なんと700円で購入したのです。私って安上がりだわ。


検索したら出て来た。ウチのと同機種のヨーグルトメーカー。

Yoguruto_3

EUPA ヨーグルトメーカー


なんかレビューに何やら不安な記載が……まあ、700円で購入したので私の場合は壊れても文句を言う気も起きませんが。火とか出ると怖いので、不在のときには使わないようにしたいと思います。

2008年3月23日 (日)

鎌倉散歩

Img_senro_2











久しぶりに母と鎌倉散歩に行きました。
すごい人出でした。今回は英勝寺、寿福寺、鶴岡八幡宮などを散策し、江の電に乗って七里ケ浜へ移動。お茶して帰ってきました。

Img_mon




最初は英勝寺。鎌倉に現存する唯一の尼寺。
家紋が徳川の葵の御紋と、桔梗紋の合体型。桔梗紋は明智光秀の紋で有名だから、なんだか違和感が……でも後で調べたら、英勝寺を立てた徳川家康の側室 英勝院が太田道灌の曾孫で、太田家の家紋が桔梗紋らしい……でも太田道灌の桔梗はもっと細いデザインという説もあるらしいんですが。ミステリー? もっとよく調べないとね。

Img_syoin





境内にはお堂や書院、鐘楼などがあります。
中はとっても静かです。線路が近いので電車が通る時だけ日常に引き戻されます。
後は風が木々を揺らす音がざわざわと聞こえるだけです。
写真は書院です。
英勝寺では幕末まで代々水戸徳川のお姫様が住持を勤めたお寺だそうです。

Img_takeyabu








今は結構大きな竹やぶになっていますが、もともとここには住持である姫君のお屋敷があったそうです。
お寺の行事などで実際にお経を上げる場合は、別のお寺からお坊さんをお願いして行事を仕切ってもらっていたようですから、やっぱりお姫様はお姫様。住持は形だけだったようです。

Img_sekibutu







順路を歩くと、こんな小さな石仏が足下に。きれいなお花がお供えしてありました。
水仙も梅もみんな終わっていました。
盛りの頃はさぞや美しくよい香りがしただろうなと思うくらい、たくさんの木と株がありました。次は桜の頃に行ってみたいです。


Img_juhukuji







英勝寺のすぐ隣に寿福寺があります。

境内は非公開です。写真は門から建物をうつしました。
源頼朝の妻 政子とその息子 実朝のお墓と伝わる五輪塔があります。
何年振りかで、政子と実朝にもお参りしてきました。

Img_pompu








所々にこんな井戸があり、お墓参りに来た親族の方がお墓を清めたりお花を供えたりするのに水を汲んでいました。飲めないんだと思う。ポンプの内側に苔びっしり生えてるし。

Img_genji








このトンネルの向こうに歩いて行くと、桜の名所でもある源氏山公園に行けるみたいです。
次の週末は人の往来ももっと増えるのだと思います。


Img_turugaoka








鶴岡八幡宮も修復工事を終え綺麗になっていました。
久しぶりに社殿を見た気がします。

Img_komainu








がるるるる〜ッ!

大銀杏の下にいる狛犬さんも久しぶりです。


Img_wedding









日が良かったのか結婚式が執り行われようとしていました。
お嫁さんも可愛かったけど、行列を先導する巫女さんが美しい。
雅楽も生演奏なんだ〜って感心していたら、数年前いとこがここで同じように結婚したのを思い出した。この後、静御前が舞った舞台の上で結婚式が始まるんだけど……あの舞台でそもそも結婚式なんてして良かったのか? ってちょっと思ったりして。

このあと雪ノ下教会に寄って、小町通りでお店を眺め、江の電に乗って七里ケ浜へ行きました。


Img_enosima








本当は鎌倉駅周辺でお茶するつもりだったけど、どの店も大混雑!
七里ケ浜まで移動して鎌倉プリンスのラウンジでお茶しました。女同士気兼ねなく、いろんな話をしていたので、プリンス出る頃は随分日が傾いていました。


Img_enosima2





七里ケ浜の駅のそばに、ちょうどこの日にオープンした施設があった。最初そこのカフェに行ったけど凄い人で入れなかったの。
なんだか有名なお店みたい……パンケーキが有名?
検索したら「bills cafe」というらしい。
もう少し落ち着いたら行ってみたい。
このお店が入っている建物が、凄く変わっていたんだけど……迷路みたい。
店舗と共同住宅になっている。後ろの方は普通の生活空間になっているらしいけど、まだ入居していないんじゃないかな? 駅に戻る途中みたら生活スペースの方はカーテンもかかっていないなんだけど……なんか、トイレとかお風呂とかガラス張りで丸見えなんだよね。
こっちが恥ずかしくなるんだが。
道路に面しているんだよ……次の写真のように。

Img_marumie






丸見えですよ。

特殊なガラスかなんかで、きっと使用中は見えないようになるんだろうけど。
ちょっと落ち着かないよね。

2008年3月22日 (土)

愛しのFriday Night

好きな番組が深夜にダラダラと続くから、どの曜日よりも好きな金曜の夜。
寝る準備ができるとテレビを点けて、チャンネルを「10」に合わせて布団に入る。
タモリ倶楽部』→『爆笑問題の検索ちゃん』→『業界技術狩人 ギョーテック
この3つの番組を見ながらクスクス、ゲラゲラと布団で笑うのがここ数ヶ月のストレス解消法となっている。
しかし、最近はこの楽しい時間さえも睡魔に勝てず、途中意識をなくして朝になる。とうとう最も愛するタモリ倶楽部の「空耳アワード」の回でさえ、半分も観ないで眠りに落ちてしまい、この唯一の楽しみも満喫できなくなっている事を深く嘆いております。
毎日会社でまじめ(?)に働いて、深夜誰にもとがめられることなく、心置きなく下らない話題に大笑いしている「30代後半 ひとり暮らしの女性」という自分を冷めた目で想像したときうすら寒い感じもするのですが、それはそれでよしとしておきましょう。
ところで3本目にある『業界技術狩人 ギョーテック』ですがあまり知られていないと思います。内容は色々な業界での技やグッズを紹介する番組です。バラエティーであり、藤井隆のネタや即興の歌などが盛り込まれていますが、普段馴染みのない業種や反対に良く知っている業種のめずらしいテクニックを知る事ができて面白いです。
そしてゲスト回答者が問題を考える間に流れる藤井隆の即興の歌が、これまた凄く面白くて笑ってしまう……時々「ギョーテックッ!」と一緒に叫んだりしています……夜中なのに。

そう、今日は金曜日。
1週間のうち、最も愛する夜です……グフフ、楽しみ〜って言いたいところですが、明日は用事があって早く起きないといけないので諦める事にします。
録画したところで、元々あまりテレビを見ない人間なので無駄と思って諦めます。
ちょっと恨めしい。

『タモリ倶楽部』はYouTubeにアップされた動画がかなりあるけど、『業界技術狩人 ギョーテック』は全然ないのね。『爆笑問題の検索ちゃん』はクイズそのものより、爆笑問題が話すいろいろなエピソードがお腹が痛くなるほど面白い事がある。
……う〜ん、来週は見たいなあ。でも朝型生活に変更したいから、こういう楽しみも本当は辞めるべきなのかも。録画してみるしかないか。

2008年3月21日 (金)

だって悔しいじゃん

知人が新しいパソコンを買うがMacにしたいというので、相談に乗ったり設置を手伝ったりしていたのです。お仕事でOfficeを使うという事でしたが、高額で躊躇しているうちどうしても自宅で処理しなければならない仕事が出たとかで、先日NeoOfficeをインストールしてあげました。
全く畑違いのソフトで、操作方法も内容もほとんど判らないため(私がサポートしているソフトはDTPソフトがメインなので、Officeはほとんど知らない)、相当緊張しました。そもそも他人のパソコンを操作する事自体が、他人の家に土足で上がり込んで荒らし回っているようで……いくら家主が「OKよ」と言ってくれても居心地が悪いのです。
しかもフリーソフトだから、何が起きても仕方がないわけで……
ビクビクしている私をよそに、ソフトはすんなりと入って正常に動作しているようだったのでそのまま帰りました。
しかし、その後、NeoOfficeで作成したデータが勤務先のPCで開かなかった……という短い連絡を受け、ソフトを入れるのを手伝った手前そうとうにへこみました。完全互換はしないというのはもちろん知っていましたが、そんなに大きなトラブルもないみたいだし、なぜ開かなかったのかと悶々と考えてしまい、とうとうさっき自分のMacにNeoOfficeを入れてみました。
う〜ん、全然問題無い。
どういう状況で開かなかったのかの情報がないためひたすら自分の中で追求するだけ。単純に書類や媒体となったUSBメモリの破損かもしれないし、保存形式が違ったのかもしれないし、全然判らない。
こんな成り行きでNeoOfficeを入れてしまいましたが、簡単な描画ソフトも付いているし結構使えそうです。知人のデータが開かなかった原因の追求は、後は実際にWinのPCにNwoOfficeのデータを持って行って開くかなどの検証をするしかないけど、会社でそれを試す事はできないし、結局私ができるのはここまで。

悔しい……なぜなんだぁ、なぜ開かないのか!!

2008年3月20日 (木)

洗剤について

かなり以前の話なんですけど、知人が家政科に学んだ人で、洗剤の研究を主にしていました。「家庭用洗濯洗剤の実験をしたら『アリ○ール』が一番落ちがいいという結果だった」と言っていました。その話が妙に印象に残っていて、なぜか洗剤買う時は『アリ○ール』を選ぶ事が多かったのです。
時は流れて、最近、ふとしたきっかけで「界面活性剤」について検索する機会があり、いろいろ読むうちに驚愕。『界面活性剤』とひとくちで言っても、自然界から由来する物もあり分解可能な物もありますが(つまり石けんね)、通常の合成洗剤に含まれるものは分解しないし、人間の皮膚からも吸収されて様々な病気の原因になる可能性があるようです。環境ホルモンの影響などという事もこれに含まれるとのこと……この部分を詳細に書くと、とても難しくて長くなるのですが、KIKKOさんのページに大変詳しい内容がアップされていましたのでリンクを張っておきます。

K's Natural Living 〜花のある暮らし〜

こちらの「Ecology」の『石けん』のページに詳細がまとめられています。是非ご覧になってみてください。
(それ以外のコンテンツも大変素敵です……ゆっくり読んでみてくださいね。)

……この他にも界面活性剤についてのいろいろなブログやHPを読みました。基本的にはあまり気にしすぎてがんじがらめになるのは良くないので、できる限り気をつけつつ、目くじらを立てすぎないようにと思っています。でも洗剤を選ぶときに容器の裏をみて界面活性剤がどれくらい含まれているかなどをきちんと把握するようになりました。
私は洗うもので洗剤を使い分けているので、棚には数種類の洗濯用洗剤が並んでいます。そのラベルを見比べてみると……
母が新聞屋さんからもらって来たあまり聞いた事の名前の粉洗剤は「洗濯用合成洗剤」となっており界面活性剤は15%入りでした。これが使い終わった時のために買っておいたエコを意識した「サラヤ」の「植物性Pow(パウ)」 は「洗濯用合成洗剤」で界面活性剤は18%入りだ。名も知らない新聞屋出身の洗剤の方がエコだったことが判明。同じく「サラヤ」の「arau」は「洗濯用石けん」なので界面活性剤は不使用。純石けん分30%となっている。これまで我が家で主に使われていた液体の「アリ○ール」に至っては当然「洗濯用合成洗剤」で界面活性剤はダントツの42%入り! 他の「洗濯用合成洗剤」の倍以上の量だった。だから良く落ちるのだろうか……しかしこれほど数値に差があるとは。少々ビックリです。
界面活性剤は今や洗濯用洗剤以外にもシャンプー、台所用洗剤、練り歯磨きなど、洗う物に関係なくあらゆるお掃除商品に含まれています。全てを石けんに切り替えるのは現段階ではかなり難しいので、当面は商品のラベルに気を配って購入や使用の上で意識する事を目標にするつもりです。
海外でも界面活性剤使用に付いてはナーバスになる人は多いみたいですが、土地によっては水の硬度が高く、石けんを使用できない地域もあるため、界面活性剤が有効な場所もあるそうです。しかし最近は界面活性剤不使用でも石けんではなく合成洗剤というものもあるようで、それらの商品を探してわざわざ購入されている方もいるらしい……日本ではまだまだ扱いが少ないようですけど。そういう商品があるならばどんどん出してほしい。

……とまじめに書いてきましたが、睡魔が断続的にやって来てます。
これ以上がんばって書いて分け判らない内容になると困るので本日はこの辺りにしたいと思います。

2008年3月19日 (水)

今夜も退社後クッキング〜!

エドはるみがなんとなく好き。

すでに昨日、火曜日の段階でお疲れモードなのです。昨夜はなんと疲れてカップ麺食べてねてしまった。わびしい。
メールチェックしてそのあとの記憶がないし。電気もテレビもつけたままねてしまったし。

そんな訳で今日は携帯電話から更新してます。

今日も夜は料理教室。
スケジュールがタイト過ぎだが、明日休みだからなんとかなるだろう。やはりなにか受講を更新して、期間を伸ばすべきかな。希望はパンだが冷静に考えて向いてない気がする。でも料理は色々な教室や先生に習いたいからなぁ……スパイスの扱いやハーブとか、そういう事を重点的に教えてくれる特色のある教室に通ってみたいの。今の教室はまんべんなく学べるからそれまた面白いのだけど。
悩む。お金もかかるからなぁ。ローンあるし、来年から大殺界だし。考えていると疲れて無謀な更新しそうで怖い。冷静なうちに決めねば。

2008年3月18日 (火)

クリア(BlogPet)

きょうガンプは、エントリクリアしたかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「ガンプ」が書きました。

2008年3月17日 (月)

ネコ爆睡の話

まだまだギンギンに寒波がやって来て、冷え込んでいたちょっと前の事です。

体調がいまひとつでグズグズ、ゴホゴホやっている私をかわいそうに思ったホッカイダーネオが、夕飯は外に食事にでも行こうと誘ってくれた。しばらく考えて焼き肉を食べようと言うことになり、クルマで10分くらいの焼肉屋へ。駐車場にクルマを止め、サブサブ〜とか言いつつお店に入り、しばしお肉の美味しさに酔いしれました。お腹もいっぱいになり、ハッピーな気分で駐車場に戻ると、ボンネットの上、フロントガラスに限りなく近い位置に巨大なネコが丸くなってぐっすり眠っていました。雄ネコらしくガッチリとした感じ、元は真っ白なんでしょうけど野良ちゃんですから、白い毛は汚れてすっかりグレーに変色していました。みっちりとした冬毛に覆われて熟睡のご様子。私が「あ〜ッ!」と声を上げても気づかず、ネオに大声で「ネコが寝てる」と言うと野良ちゃんはようやく薄目を開け、ちょっとだけ顔を上げました。私たちが食事をしていた2時間近くネコもそこで寝ていたのでしょう。みっちりした顔のあご辺りの毛が眠っていた形で『ねぐせ』がついて歪な顔かたちになっていました。更にかなり私たちが近づいているにも関わらず、状況が良く飲み込めない様子で逃げようとしません。
寝ぼけてるよ、このネコ……。
あまりの面白さに、思わず触ってしまいたい衝動に駆られ、私はスッっとそばに寄って手を出そうとした瞬間、「ヤバい! 人間が来た!」と我に返った野良ちゃんは慌ててクルマから降りて猛ダッシュでどこかへ消えてしまいました。
あんなに寝ぼけた野良ネコ、初めて見ました。
いつ雪が降ってもおかしくないほどの気温だったから、エンジン止めたばかりのクルマのボンネットの上があたたかくて眠ってしまったのでしょうね。

翌日、お日様の下で見るとボンネットの上にはネコの残した足跡が、梅の花のようにぺたぺたと咲いていました。

ようやくあたたかくなって来たここ数日。野良ネコちゃんたちも厳しい冬を抜けてホッとしている事でしょう。春の日差しのなかでお昼寝する野良ネコちゃんが最も可愛く見える季節がやってきました。

癒される〜。

お昼寝三昧

土曜は久しぶりに横浜 元町周辺をお散歩しました。
前日の金曜は会社帰りに料理教室に行き、帰りが11時を回ったので疲れていたようで、ほとんど夕方近くなってから出かけたので、あまりゆっくりはできませんでしたが気晴らしにはなりました。
中華街で肉まんを食べ、元町をぶらぶらして、カツサンドを購入しそのまま元町公園へ。坂の途中で野良猫ちゃん達の頭を撫でたりしつつ、ベンチで夕暮れの外人墓地を眺めながらカツサンドをパクパク……。食べ終わったら港の見える丘公園へ。フランス山の緑の中を歩き、フランス橋から「横浜人形の家」の脇を通り、山下公園まで。うっすらと明るい山下公園からすぐそばにある「カタログハウスの店」へ行き便利グッズを物色……フムフム、これは役に立ちそう、面白そうと眺めた後、また中華街へ戻り車に乗って帰ってきました。
お家に帰って来てからホワイトデーのお返しとしていただいた白ワインを開け晩酌。
ああ、久しぶり。お返しと言っても、会社でお世話になっている同僚の奥様から。面識がないのに時々メールでお喋りしたりしている。年に一度、バレンタインとホワイトデーで直筆メッセージを交換しているのです。私に取っては美男美女、そして可愛いお子さんのあこがれのファミリー。幸せのお裾分けを頂いたようで、大切に味わいました。

今日はお料理教室で習ったパスタとサラダを復習。う〜ん、ひとりで作ると行程の割り振りが難しい。お味はまあまあでしょうか。
満腹になって久しぶりにお昼寝を満喫してしまいました。お布団もかけず、ちょっと寒くなって目が覚めました。とは言え、和室でごろ寝、ウトウトお昼寝ができる気温になったのです。
ああ〜、春ねぇ……。
ずっとお昼寝していたい季節なのにゃ〜、ゴロゴロ……(コアラ似ですが、柔らかい日差しとぬくぬくの気温に包まれるとネコ化が進む)。

2008年3月16日 (日)

グラス

春になって日差しが明るくなると、なんだか新しいグラスが欲しくなるんです。
今メインで使っているのは、ボルミオリロッコ の耐熱ガラスでできたシンプルなグラス。イタリア製なの〜って格好つけても一番安かったから買って来ただけの6個入りグラス。ちょっと大きめで熱いお湯を注いでも問題無いからガンガン使っている。

あとは実家で「使わないからあげる」と言われてウチにやって来たiittala アイノ・アールト タンブラー Ultramarine blue のグラス。コレも色は深みがあるけど、もらって来た時もそれほど感慨もなく使い始めました。グラスの色が濃いので中の飲み物の色を楽しめないのと、ちょっと小振り過ぎるのも残念。頂きものだし色や大きさは指定できなかっただけなんだが。でも調べたら結構お高いのね。

今度欲しいなあと狙っているグラスはボダムの2重構造になっているグラス。
このグラスの存在はかなり前から知っていたんだけど、なんだか華奢で使うのに緊張しそうだったから見向きもしなかった。ところがたまたまテレビでこのグラスが紹介されていて、飲み物を入れた時の様子を見たらとっても素敵。空中に飲み物が浮いたようになるの。耐熱だし、二重構造になっているから中の飲み物の温度が変わりにくいし、口の当たるふちの部分は薄く作られているのでとても飲みやすいんですって。

夏になったら、ベランダで育てたミントでミントティーを入れて、このグラスで爽やかなグリーンを楽しみながら頂いたらおいしいだろうなぁ……うっとり。

4つくらい買ってしまおうか、でも予算が……ちょっと悩んでいる今日この頃です。


アデリアbyボダム/耐熱グラスM icon

2008年3月15日 (土)

昼と夜の気温が

春が来たなあと感じる今日この頃ですが、夕方になるとやっぱり肌寒く、なんかまた風邪っぽい。会社行く時もなんだか着るものを考えてしまいます。春物をそろそろ出して冬物を仕舞いたい気持ちもするけど、どこまで入れ替えるべきか判断が難しい。ババシャツはそろそろ仕舞ってもいい気がするが……どうだろう。
夏バテして以降、全く通っていなかった料理教室へも出かけるようになり……というより行かないと前払いしておいた授業が期限切れになるので、がんばって消化する事にしました。喉がまだ不完全で、咳き込まないように必死にガマンしてます。
かかりつけになりつつある会社のそばのクリニックでは、咳喘息に近い状態と言われ、毎日ステロイドの吸入をしています。副作用はほとんど出ないと言われてますが、効果も劇的にある感じもせず……でも良くはなっているんだと思う。
ウコンのおかげ(?)で気力はだいぶ回復して来ていますが、やっぱり疲れやすくて、こんな状態で料理教室を月3回通うノルマをこなせるのか心配です。複数あるコースの一つを更新すれば受講期限も伸びるのだが、結局また通い切れないと困るし決断できず。
もう少しうまくなりたいのはパンなんだが、なんか私、パン作りに向いてない気がするの。小麦粉に翻弄されている気が……手順も忘れかけているし、自主トレしないとだめだわ。

2008年3月13日 (木)

クリア

検査は問題なしでした。
久しぶりに見るMRI画像。放射線科の所見も見せていただき、画像の説明もしてもらってきました。問題の箇所には確かに怪しく写る部分もあるのですが、前回の画像と比較して増大している様子はないので「腫瘍ではないので問題なし」との事。
なんせ、「腫瘍の写り方」と「水の写り方」と「手術痕の写り方」が同じだから厄介。おかげで再発した時は画像だけでは最後まで判定ができず、水なら注射器で抜けるだろうと局部に太い注射針をさして吸い出そうとしたんだけど、痛いだけで何も出なかった。ここでようやく再発です、と診断された。
とにかく判断が難しい。
術後に自分の傷跡を見た時は、想像よりもえぐられていてちょっとショックで、でも治るんなら仕方がないと思っていたけど、最終的な細胞診の結果、大きく取った腫瘍の一部にただの手術痕も入っていた事もわかった。「疑わしきは取る」のがこの病気のセオリーだし、残して「やっぱり腫瘍ですね〜」では困るからいいのです。……まあ、とにかく判りにくいってことで。
2月に入ってから、膝の辺りが曲がりにくくなり、少々弱気になっていたので安心しました。体調不良でむくみが出ていたんだろうなあ。
次の検査は6月の予定。
検査の間隔が開いて行くのは、手術からそれだけ時間が経った事をそのまま表している。嬉しい反面、私の病歴は約5年目で再発を2回しているので、それなりにまだしばらく緊張するだろう。あまりビクつかず、無駄に思い悩まず、テンションあげるのは症状らしき物が出た時と、検査結果を聞くときだけにしたいと思う………小心者だから無理だろうけどねン。

2008年3月12日 (水)

久々

久々
ブレッドの教室に行き、パン焼きました。
手順忘れてるし。
ぼちぼちとでも消化しないと、基本コース終わらないぞ。
明日は病院。検査結果を聞きに行く。少々ビビっているので、お料理でもして気を紛らわすつもりもあって出掛けてみた。
パン生地の柔かさに癒された時間でした。

2008年3月11日 (火)

東京大空襲と渥美清さん(BlogPet)

更紗の「東京大空襲と渥美清さん」のまねしてかいてみるね

今日が東京大空襲のあった日だという事は知っていましたが東京大空襲のあった日だという事は知っていました日だという事は知っていました日だという事は知っていました日だという事は知っていました日だという事は知っていました日だという事は知っていましたが、偶然に「寅さん」こと渥美...

*このエントリは、ブログペットの「ガンプ」が書きました。

2008年3月10日 (月)

東京大空襲と渥美清さん

今日が東京大空襲のあった日だという事は知っていましたが、偶然に「寅さん」こと渥美清さんの誕生日という事を知りました。

そして、渥美清さんは、この東京大空襲にあって家を焼けだされてしまったそうです。
誕生日に焼けだされるって悲しいだろう……でも戦争中は、今生きているという事だけが大切で、そんな余裕なんかないのだろうけど。今では想像もつかない状況。ほんの60数年前に東京は焼け野原で、たくさんの人が亡くなったなんて。

参考に、こちらがWikiの渥美清さんのページ

今の会社に勤める前に、ライターをやっていて、そこで山田洋次監督の取材をした事があります。『男はつらいよ』47作目「拝啓 車寅次郎様」の時です。後から考えると、既にその頃の渥美さんは大変に体調が悪い状況だったようです。お話が進んで行くにつれ、山田監督に渥美さんの仕事ぶりの話をお聞きすると、役者としても人間としても大変高く評価されている事をお話くださったのですが、「寅さん」のイメージからもっともっと明るく軽快なエピソードが飛び出すのかと期待していたのですが、そういう話はなく、そのとき私としては拍子抜けというか、強く感じた「違和感」だけが今でも残っています。このころ、渥美さんは肝臓がんが肺に転移して演技はとても難しい状態だったのを押して出演されていた事を、ずっと後になって知りました。山田監督もそんな渥美さんを気遣いながら撮影をすすめていたということで、私が感じた違和感はこういった背景から来ていたのでした。
最近のTVのトーク番組で、確か佐藤B作さんだったと思うのですが、「寅さん撮影秘話」を話しているのを観ました。山田洋次監督はあんなに温厚な人柄に見えるのに(実際取材の時などは温厚で静かな方でした)、撮影の時は大変に厳しく、現場はピリピリして緊張感で張りつめていたそうです。超ベテランの俳優の方にもダメ出しがたくさん出される中で、渥美清さんは悠々とアドリブを交えて演技をなさり、その演技に山田監督も思わず笑いながらOKが出される様をみて、渥美清さんの役者としての凄さを思い知らされたと言っていました。
若い頃は「男はつらいよ」の面白さがよくわからなかったのですが、時々TVで放送される内容を観ると、年を重ねるごとにこのストーリーの面白さ、登場人物である市井の人たちの喜びや悲哀を感じられるようになりました。
ほんとに偶然のつながりで思い出された記憶。

本棚の奥から、取材資料で頂いた台本を引っ張りだしてみました。なつかしい。
Daihon


今なら図々しくサインとかしてもらったかもしれませんが、当時はできませんでした。




Nakami_2

ページをめくるとこうしてキャスティングなどが……もちろん本文もあり。完成してから取材でしたから、決定稿のはずです。台本を見ながら作品を鑑賞というのも面白いかもしれません。
なんだか、柴又帝釈天に行ってみたくなりました。

2008年3月 9日 (日)

ウコンの力

風邪がいつまでも治りそうで治らないし、ずっとグズグズやる気なしモードが続いています。
アレルギーなのかもしれないので、今年は病院にいってアレルギーの薬を処方してもらった方がいいかも、と降参モード。
このグズグズな私を見て哀れに思ったホッカイダーネオが、ウコンの錠剤(400錠)を一瓶プレゼントしてくれた。なんでも最近疲れの溜まっていたネオもウコン飲んだら元気になったとか。
早速飲んでます。
風邪の具合とか、体の疲れ具合などは劇的な変化はないんですけど、何となく気持ちがシャキッとしたというか、ぐっすり寝て寝覚めが良いというか、効いてるみたいです。まだ3日くらいしか飲んでないので、「飲んだ事」で元気になった気だけなのかもしれないけど。
このままほんとに元気になりたいと切に願う私です。

2008年3月 8日 (土)

バターとニラの意外な関係

会社で別の部署に所属するお友達と喋る最近の話は、「発酵バターがないぞ」というテーマ。

カルピスの発酵バターを食すのが大好きで、いつも買っていたのだが、それがどこのお店の棚からもなくなって、最近は普通のバターもなくなってしまった。「あの店にもなかった」「この店には張り紙があって、○曜日に入荷するってかいてあったけど、有塩バターしか入ってこないらしい」とか情報交換している。カルピスバターは発酵どころか無塩も有塩も見なくなってしまった。
原因は複数あるようだが、この夏の猛暑でバターの原料となるミルクが国内でとれなかったこともあげられるらしい……とこのニュースで知った

この前、テレビを見てたらニラの高騰について取材がされていた。毒餃子の影響で家庭で餃子を作るので売れているから品薄、という理由の他に、やはり猛暑でニラの根が育たなかった事が原因らしい。栃木県のニラ農家に取材に行っていた。ニラは育成がとても早く、1シーズンに5、6回収穫できるんですって。地面から少し上の葉のところから切り取っておけばまた伸びて行く。それにはしっかりした球根のような根が必要。通常は大きなニンニクのような形なのが、親指の先くらいの大きさになっていました。夏暑すぎて育たなかったそうです。
夏の暑さも問題なのですが、栃木の農家の方が言うにはもっと大きな問題もあるらしく……それは後継者問題。後を継ぐ人がいないと結果農家を辞める事になり、長期的にみると生産量は増える事はないのかなあと思いました。農家の方の不安そうな顔が印象的でした。

食の安全を考えれば、遠くで生産されたものを輸送費をかけて持って来くるより、近くできちんと管理して生産し販売した方が効率的で安全だと思うけど、後継者がいないなら、ますます輸入に頼らなければいけなくなるってこと。輸送するには費用もそうだけど、燃料を燃やして持ってくるわけでそれこそ地球温暖化に拍車がかかるってことだ。

これも前にテレビで見たけど、日本人の女性と結婚した北欧の男性が出ていてライフスタイルを取材されていた。北欧では生活に「エコ」の考え方が密着していて、家の外にはミミズコンポストがあり、生ゴミと紙類のゴミは全部そこにいれているんですって。紙類もミミズが分解してくれるのです。ゴミを出さないようにするために、物を買う時からチェックをきちんとしていて、包装が簡易でなるべく紙で包んでいるかどうか、国産であるかどうかまで考えて買うのだとか。紙以外だとコンポストで分解できないし、輸入物だとそれだけ輸送費がかかっているので買わないようにしているそう……これってある意味不買運動に近いのかもしれない。でも国産が圧倒的に支持されていれば、自然と国産が伸びてくるわけで、国内の経済活性にもなるってことだ。

いろいろな面で求めすぎた人間の代償がしわ寄せとして、最近色々なところで形となって表れて来ているようで、ちょっと寒気がした。自分のしている事が、仕事でも生活でも、どこかに繋がって誰かの生活に影響している、こう書くと枠組みがおおきすぎるけど、でもつまりこういう事が認識できるかどうかで生き方って違ってくる。

………とはいえ、やっぱり国産乳でできた美味しいカルピス発酵バターが食べたい。美味しくて安全な餃子を家で笑いながらつくって美味しくいただきたい。

次の夏は、猛暑、酷暑は嫌だ。



ネットで調べてもどこもやっぱり品切れだよ。幻のカルピス発酵バター。

2008年3月 7日 (金)

液体石けん復活

お洗濯の洗剤をまた液体石けんのものに一部変えた。
今度また詳しく書こうと思っているんですけど、最近肌荒れがひどくて、原因の一部に合成洗剤(界面活性剤)が影響しているんじゃないかなと考えて。全部変えても良かったんですけど、諸事情あって、洗うものによって使い分けてる。
ただ、一番問題なのは洗濯槽の汚れなんだよね。やっぱり石けんカスが凄くでるみたいで……。
定期的に洗濯槽クリーナーできれいにしているんだけど、いままでより頻度をあげないと汚れがつくかもしれないな。
前の日記にも書いた洗濯槽クリーナーは評判通り凄い効き目なので、その後もリピートしています。あの汚れの浮き具合は衝撃的でした。泡と一緒に洗濯槽のなかから汚れがべろべろと……ああ、鳥肌が立つ〜。それまで使ってきた洗濯槽クリーナーは一体なんだったのか? と思うほどの効果。あの後何回かやってますけど、最初ほどの汚れは出ません。その事にホッとする自分と、ちょっとがっかりする自分がいる事を認めます。


……そして、また喉が壊れました。

一昨日くらいからおかしな感じだったけど、昨日の夜から痛みが本格化。薬をのんでしのいでいましたが、夕方から声が出なくなってきました。お客様と喋っていてだんだんとかすれる声。フェイドアウトするのか? とコントロール不能になった声をなんとか出して仕事を終えました。会議もあったので、飲み物を飲んで喉を潤しつつ、今日の日を終えました。

ああ、今週はつらかった。仕事も喉も。

2008年3月 6日 (木)

ヤマケイJOY

結構買ってる山と渓谷社の「ヤマケイJOY」。

本家の「山と渓谷」よりもビギナー向きで、写真も豊富。眺めているだけでも楽しくなります。

特集は「30代から始める山登り」! 私のための企画でしょうか。でもそれより楽しかったのは、女流登山家 黒田初子さんを紹介したページ。登山家で料理研究家だった黒田さんは99歳で永眠するまで、色々なことに挑戦し続けた女性だったそうです。自宅でお料理教室を90歳を過ぎても開講。なんと70年以上も続けたそうです。女性で初の小槍登頂。50歳でスキー指導員の資格取得、60歳からフランス語を習い始め、88歳の米寿のお祝いにスキー道具一式をリクエストしたスーパーウーマンだったそうです……すごい。そんなパワフルでなくてもいいので私もその100分の一でも元気が欲しい。
もともと、人の生き方や生涯を知るのが好きな私。誰かの生き方に触れると、反省したり憧れたり触発されたりと考える事が多くなる。基本的にネガティブ思考なのですが、こういう女性のストーリーに触れると元気をもらえます。黒田初子さんはたくさんのエッセイや料理本も出されているそうなので、次は作品に触れてみたいと思います。
他にも今号の「ヤマケイJOY」は春の訪れを告げるスミレを特集したりと、山に登らないけどちょっと自然に癒されたい〜という人にもってこいです。
(完全に宣伝になっているけど、ほんとに面白かった。)

Yamakei

ヤマケイJOY 春号

2008年3月 5日 (水)

がんばれ川崎駅東口

今日会社の帰りに、何年ぶりで川崎さいか屋へ行った。
子供の頃、さいか屋へお買い物へ連れて行ってもらうのは、大変に楽しいイベントであったものです。(横浜高島屋へ行くのは更に大きなイベントでもあったけど。)
年齢が上がるにつれ、行動範囲はどんどん拡大し、私の足はすっかりさいか屋へは向かなくなってしまいました。駅前で一番お買い物をするのは川崎駅ビル「BE」。次に「ヨドバシカメラ(川崎ルフロン)」「ダイス」、地下街「アゼリア」、チネチッタや銀柳街をぶらぶら……さいか屋やモアーズはその後の頻度かなあ。
さらに最近ラゾーナができてしまったおかげでますます行かなくなってしまいました。

ところが、昨日何の気なしにアウトドアショップについてボンヤリ色々なお店のHPを見ていたら、老舗アウトドアショップ「好日山荘」がさいか屋7Fに今日オープンするという情報をキャッチ! 早速会社から猛ダッシュで退社して行ってきました。「好日山荘」は日本で最初にできた本格的登山用品店なのです。川崎駅前にはスポーツ用品を扱うお店もいくつもありますが、「好日山荘」のような本格的アウトドアショップができたのはたぶん初めて。かなり広い売り場で、数は少ないもののテントや寝袋、ストーブなども扱っていて、本格的な登山でも十分な品揃えでビックリしてしまいました。急に出かけたので、必要なものなどあまり考えておらず、結局もう一足ほしいな、と思っていた登山用の靴下を買ってきました。早くこのソックスはいてふかふかのクッション感を味わいながら、早春の山を歩いてみたい〜。
ポイントカードも作って、靴下しか買わなかったのに開店記念のお土産などもたくさん頂いて、ほくほくしながら帰ってきました。
セールは16日までだそうです。
川崎に遊びに来たアウトドア好きな方は是非行ってみてくださいね。

で、さいか屋なんですけど、久々に行ったら、けっこうおもしろいお店がたくさんあって、もっとゆっくりみたくなってしましいました。特に地下の食品売り場。改装中のおみせもあって、売り場面積はそんなに広くはないけど、めずらしいものや美味しそうなものがたくさんあってわくわくしちゃいました。お菓子やパンを作るための材料や、パスタやスパイス系の品揃えもあって、しかもちょうど川崎フロンターレ応援セール中で、じっくり見たかったんですけど、さいか屋の唯一の欠点は閉店時間が早い事! 他の周辺のお店は9時か9時半まで営業しているけど8時閉店なんです。立地条件も駅から少し歩くし、総合すると弱い……せめて8時半までは営業してほしいです。そんなわけで8時でさいか屋から追い出された私は、地下街に出て、何となく疲れて甘いものがほしくなり、地下街開店時からある「レインボーハットアイスクリーム」の店へ。割引セール中でシングルアイスが200円になっていた。いつもなら31アイスクリームを食べるのですが、これまた何年振りでレインボーハットアイスを食べてみた。
ぅんま〜。
店構えがなんとなく薄っぺらな感じで、滅多に食べようと思わないこのアイスクリームショップ。31と比べても特に遜色ない味だったので、また食べてもいいかなとおもいつつお店の前の椅子に腰掛け、ぱくぱく、ぺろぺろと食べ切りました。いいトシして、往来の激しい通りでアイスをたべるなんて少しだけはずかしかったというのが本音です。
もし今日の夜8時過ぎに、川崎地下街アゼリアで「好日山荘」とかいた紙袋を下げて、アイスを一心不乱に食べている女を観たというかがたいたら……アナタ! それは私です。
しかし、川崎駅東口は、なんかこう、ちょっと活気がないです。
西口ラゾーナは決まった用事がないと行かないけど、あっちはものすごい人の流れがあります。東口のお店はそれに比べたらガランとしていて寂しい。特に生鮮食品を扱うエリアは人が少ない。さいか屋もモアーズも、BEの地下も。もう少し魅力のあるお店を誘致してほしいなあと思うし、買う方も売り場の見た目だけではなく総合的に判断して買い物をしてほしいという気持ちもある。どちらにしてもこのまま廃れていってしまうにはもったいないお店がたくさんある。東口の場合は廃れると、パチンコ、スロット、ゲーセンなどが繁殖する率が高まるので、なるべく普通の生活に必要な、普通のお店が建ち並ぶ環境を維持してほしいと思います。
とはいえ、私も最近東口駅前は、決まったコースしか歩いていなかったので、時間ができたらもう少しのんびりぶらぶらしたいなあ、と改めて思いました。

がんばれ東口! 西口に負けるな!

2008年3月 4日 (火)

ドアを開けると

今朝まであったおひな様はなくなっていました。
代わりに母がいて、たくさんの段ボールが部屋に置いてありました。
どうやらこの前のクイズ番組で「おひな様は3月4日に片付けましょう」と言っていたのを見てショックを受けていたらしい……別に気にしないでいいのに。あの段飾りをひとりで片付けるのはかなり大変。母は私の部屋の鍵を持っているので、夕方やって来て、おひな様をしばらく眺め、桜餅を食べた後、片付けに取りかかったらしい。9時半過ぎに私が帰ったらようやく片付いたと一息入れているところだった。
体壊すぞ……もう。
とはいえ、昨日の夕方から体調がおかしくなっていた私としては、片付けるのが少々おっくうだったのでありがたく思いました。

とあるブログで、新月が近づくと体調が乱れる人が多いとありましたが、そろそろ新月なのでしょうか? 足のだるさが日に日に増してきます。悪霊でも足にすがっているのではないかと思うほど倦怠感。代謝が悪いのだろうか。黄砂が流れてきているからか? それとも花粉か? はたまた最近変えた基礎化粧品が合わないからか、肌荒れがひどくなって来て、顔の皮膚が厚ぼったくてゴワゴワ、ヒリヒリで、鏡見たら顔が「軍手」みたいになってゾッとした。手始めに基礎化粧品を根こそぎ変更したら少々収まって来たので、たぶん合わなかったんだろう。まだわからないけど。
春は大好きな季節だけど、いつも肌荒れを起こしたりするのでちょっぴり憂鬱です。

携帯も電話した(BlogPet)

きのう更紗の、携帯も電話した。

*このエントリは、ブログペットの「ガンプ」が書きました。

2008年3月 3日 (月)

ひな祭り中

大人の「ひとりひな祭り」開催中。
と言っても、体調が不完全なので、ショットグラス2つに「ニッカウヰスキー 余市工場限定原酒 10年」を数ミリ入れて、ひとつはおひな様にお供えし、もう一つはチビチビ舐めるようにして飲んでます。相変わらず極上の味だけど、アルコール度数高くて軽いめまいが……。

おひな様 総勢15人。私のお家にやってきて、早40年近く(あくまで四捨五入しての数字だが……文字にするとショッキング!)。私の厄を背負うためにウチに来てくれて、おかげでなんとかこうして暮らせてます〜、とかつぶやいてみたりしてます。来年出せるかどうかわからないけど、なるべく毎年お顔を拝見したいと思ってます、が、来年も出せるのかなあ。

体調の方は、まだ喉も不調で、ごはんを食べると翌日に胃が激しくもたれたりしています。
この土日、ちょっと元気になったかなあ、と普通通りに食べたら案の定、次の日ムカムカして調子が悪かったです……だから、本当はもっと美味しいものとか、お酒ももう少し飲んだりして「ひとりひな祭り」をエンジョイしたかったのですけど、地味〜に、そしてこのささやかな日常の幸せを噛み締めております。

ひな壇の横に飾った桃の花も、すっかり膨らんで開き始めました。
赤い毛氈も、おひな様の華やかさも、春の訪れを歓迎しているようです。

2008年3月 2日 (日)

桃の節句

Hina






明日はおひな祭りです。
今年は母が手伝いに来てくれて、お雛様を飾りました。
(携帯の画像で暗いし色が悪い……。)

少し前TVのクイズ番組で、「お雛様を片付けるのは3月4日」だとか、「嫁いだら飾る必要はない」とか言っていましたが、ウチは全て逆。ギリギリに出して3日以降もしばらく出しっ放しとなり、嫁いでないからまだまだ現役でがんばってもらう事になりそうです。
四捨五入すると私のところにきて40年(ガ〜ン!)だよ……すまんね。よく見ればお道具の装飾などはかなり痛んできてしまいました。でもお雛様のお着物は全く痛んでおらず、金糸や銀糸も鮮やかなままです。もちろん、お雛様のお顔も老け込むことはなく、肌は陶器のようにツヤツヤ…っていうか陶器だよな。

小さい頃はただ飾ってもらって嬉しかったお雛様。
思春期から20代前半までは興味が薄れ、出す事を面倒にすら思ったお雛様。
そして最近は、家族や親戚が私に注いでくれた愛情が形になっているように思えるお雛様。
この年代になってからの方がほんとの意味でお雛祭りをお祝いしたい、そういう気分です。

2008年3月 1日 (土)

エリザベス繋がり

「アメリカで理想の男性といえばスペンサーよ、私は意地悪いことを言ったり、彼をじらしたり、一杯食わせてみたり、女そのものを演じていたわ、でも、彼がホンキで怒ればすぐ降参だわ、、。男と女のロマンチックな理想の関係というのはこういうものなの」キャサリン・ヘプバーン   〜Wikipediaより)


『エリザベス:ゴールデン・エイジ』観て、ケイト・ブランシェットのこれまでの出演作なんかをみたら、「アビエイター」で女優 キャサリン・ヘプバーンを演じてアカデミー助演女優賞を受賞しているんだね。今回は主演、助演女優賞の両方にノミネートされていて、最初「え?どっちにノミネート?」ってちょっと意味が分からなかったくらい(笑)。
先日、コメントいただいたmarco様のレスにも書きましたけど、私が彼女の出演作で好きなのは、ジム・ジャームッシュ監督の「コーヒー&シガレッツ(COFFEE AND CIGARETTES)」です。楽しくて、シニカルな11のストーリー。毎回少数の登場人物が気の利いた会話が交わしてる、全編モノクロでお洒落な映画です。英語がちゃんとわかる人が観たらもっとおもしろいのかも。

冒頭の言葉ですが、ケイトが演じた「キャサリン・ヘプバーン」についてちょっと調べていたら行き当たった言葉。以前、淀川長治さんのエッセイで「日本でヘプバーンといえば、圧倒的にオードーリーが思い出されるが、私はキャサリン・ヘプバーンが好き」というような内容を読んだ事がありました。正直、私は彼女の名前を聞いてすぐに代表作が思い出せません。「若草物語」くらい。古いなあ。
家庭のある俳優 スペンサー・トレイシーを愛して、しかし生涯結婚せず、パートナーとして彼の最期の時まで過ごし、それでも彼の葬儀には「パートナー」でしかなかった自分の立場を考えて出席しなかったそうです。

エリザベス1世は国に生涯を捧げ、独りの女性としては生きなかった。そのエリザベスになり切ったケイトの私生活は、女優、妻、母をこなすスーパーレディ。そのスーパーレディが演じ、アカデミー賞の栄誉と賞賛を浴びたキャサリン・ヘプバーンの生涯は、女優として絶賛されながらも、独りの女性として表向きは日陰の身に徹していた……女の生き方として面白いなあと思ったエリザベス繋がりでした。

キャサリンが述べた「男と女のロマンチックな理想の関係」っていうのは、まさしくそうだなあと思う。彼女とスペンサー・トレイシーの本妻との関係も友好的だったようなので、キャサリン・ヘップバーンという人は真実賢い女性だったのだろう。……でもさ、やっぱり、本当は、彼の全部を自分だけ独り占めしたいと思っていた、と思いたい。少なくともそう思った時があった、と思いたい……賢いだけの女性よりも、ちょっぴりわがままで、強がりな女性の方が愛される、彼女の言葉から「そういう女」を演じる部分があったことはわかるけれど、本当の彼女にもそういう部分を持っていて、その気持ちを上手にごまかしていた……ってね。そういう生身の情熱的な彼女を内側に秘めて生き抜いた、それこそが彼女の魅力だったのでしょう。この真意はいずれ彼女の出演作を観て、的中しているかどうかを判断しましょう。


3/5 追記。

エリザベス繋がりと言うよりも、ケイト・ブランシェット繋がりですね。

この期に及んで、もう一度彼女のエリザベスっぶりを観たくなっている今日この頃。レディースデイにまた観に行こうかしらね。HPの動画や、エリザベスの歴史についてまとめられている「TIME LINE」を観てると、そんな気になってしまいます。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

KAN's Music

はてなブックマーク

  • はてなブックマーク
    はてなブックマーク

お知らせ表示します。感想を書き込んでいただいてもOK。

  • ミニBBS

Message

  • 当サイトの内容にそぐわないコメントなどは予告無く削除いたします。文章・画像・動画の転載・複写は認めていません。必要な方はコメント欄にてご連絡ください。 また気に入ったアイテムをご紹介した際、アフィリエイトリンクを利用している事があります。ご了承ください。気になる方は別のリンクからアクセスしてくださいね。

婦人画報のおかいもの

  • 祝! 6周年
    婦人画報のおかいもの

MomaStore

  • 母の日にアートな贈り物を
    MoMA STORE

私の好きな場所

  • 大坪家の書庫
    大坪五郎さんのインテリジェンス溢れる面白い感覚が素敵です。全国の珍スポットをルポする「巡り巡って」は大好き! 「映画評」「私のMacintosh」もいつも読んで参考にしています。
  • ハッピーマニア
    翻訳家を目指すbolero74さんのブログ。英語の勉強についての内容はもちろん、日々の出来事を綴っていらっしゃいます。同居している彼氏とのやり取りがほのぼのしていて、私は大好きです。
  • 日々是好日−つれづれよっぽブログ
    様々な話題を丁寧に綴る「よっぽ」さんのブログ。真摯に、誠実に、毎日を過ごしているよっぽさんの人柄が滲み出ているような文章に、気づかされたり勇気づけられたり…。肉体にとって「マイナス」と言われることも、心を磨くことについては「プラス」になるのではないか、と感じさせてくれるのです。
  • 猫ヤパ
    猫ヤパさんが送る「猫ヤパ THE CAT FILES」がブログになって帰ってきました。 大好きなニャンコ達のお話や、おウチ新築のお話、PCやガーデニングなど猫ヤパさんとニャンコ達の日常のクスクスが詰まったブログ!!
  • なにブロ自作PC&ジャンク隊
    長野県在住の山桜さんが送る自作PCやジャンクパーツ……そしてクロネコ 「まるちゃん」との戯れがつづられるブログ❤️

ブクログの本棚

  • 読んだら登録。時々レビュー。

ドライブのページ

  • ドライブの記憶
    クルマのSNS「みんカラ」にコソッと作っているドライブページです。昔の名前(HN)で出ています。

最近のトラックバック

はてなスター

  • はてなスターフッター
  • 各エントリタイトルにはてなスター。よろしかったらポチってみてください。
無料ブログはココログ