« 滑り込みセーフ | トップページ | 「アース」のわかりやすいレビュー »

2008年2月14日 (木)

アースのとっ散らかった感想(尻切れトンボです)

病気になって入院していたとき。手術までの間は情緒不安定で、いろんな事にナーバスになっていました。検査の結果が一通りでるまでは更にピリピリしていて、消灯の後、暗い部屋のベッドの上で悶々と考えたり、泣いちゃったりしてました。
その中で何回か考えた事。なぜ、がんは私の体の中の細胞の一部なのに、コントロール制御不能で増えて、他の細胞や臓器を侵し、宿主である私の命そのものを脅かすのだろうと思っていました。そして、宿主を地球に例えると、がん細胞は人類に似ていると思うようになったのでした。

「アース」を観終えたとき、正直、感傷的な感情は湧きませんでした。
野生動物の生活はシステマティックで、感情とはかけ離れた秩序で動いているだけに感じたのです。弱肉強食、お腹が空けば生きる分だけ狩りをして相手の命を奪って食べて、失敗すれば死を待つだけ。自分の周りの環境が荒れ、それに順応したり乗り越えられなければ死が待っている。そこには結果しか無いように感じるほど厳しい世界でした。

「風邪の谷のナウシカ」のワンシーンに、風の谷の村人が危機にさらされ、村の子供達が長老の「ババ様」に『私たち死んじゃうの?』と問いかけると、ババ様は『さだめならね』と言います。多感な時代にナウシカを観た私は「あっさり言ってもらっちゃ困るんじゃ!」と思いました。
なぜか「アース」観てたら、ババ様の「さだめならね」という言葉が浮かんで来ました。

野生や自然に娯楽はありません。途中で紹介される熱帯に住む野鳥のダンスも、繁殖のための求愛ダンスなので必死です。「生か死か」はまるでデジタルの「0と1」の二進法のようですらありました。

動物の生活に比べれば、植物の世界は幾分緩やかに見えました。緊迫したシーンが続く中で映し出される気候の変化や、地域によって変わる風景の様子は、気持ちを緩めてくれました。赤道直下のジャングルは地球の面積に比べるとほんの少ししかないのに、地球上の生物の多くの種類がそこで暮らすという事実。北に広がる針葉樹林帯は、春になって緑を増すと地球上の酸素の濃度が上がるほどのパワーを持つ事実。同じ星で暮らしていても、ほとんどこれらの事実を忘れています。
忘れて好きなように生きていても地球は、そういうわがままを黙って受け入れてくれるでしょう。たぶん、地球の命を縮めても。

地球に優しい、なんて実はあり得ない。エコロジーに真剣に取り組むのは、本当は自分たち人間のためだ。動物も植物も、仮に生きて行けない「事情」があれば、「それがさだめ」と死んでいくだけだが、人間はそうはいかないなのだ。

アースの映像はとても美しかったけど、それにもまして力強さと生命力の波動みたいなものを感じました。私たち人間は、この先も長くここ(地球)に住まわせてもらいたければ、死ぬか生きるかの覚悟くらいでエコロジーに取り組まなければいけないのかもしれません。自分たちのために。
生か死かで生活する動物たちは迷いが無いけど、人間はいつも迷って揺れています。たぶん、もっと環境が厳しくなればなるほど、迷ったりするんでしょうね。
感情に支配される生き物だから仕方ないとは言え、やっぱりもっと腹を据えて地球のためじゃなく、自分たちのために努力すべきなのだ。

渡辺謙さんのナレーションでは「今ならまだ間に合う」と言っていたけど、私は実のところ間に合わないかもしれないって思いました。もし、本当に何らかの形で最悪のシナリオが人類の前にやって来たら、あのシロクマのように私たちはゆっくりと目を閉じられるのでしょうか?
絶対できないよな……

« 滑り込みセーフ | トップページ | 「アース」のわかりやすいレビュー »

「入院・外来・検査そしてつぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。「エコ」とか「地球に優しい」とか言ってるけど、それは「自分達のため」、ほんとそう思います。綺麗ごとを言ってる今の状態のままではきっと「間に合わない」と私も思います。自分達のために地球を破壊したように、自分達のために地球を治す、その自覚が必要ですよね。
ナウシカ、私も好きで何度も映画観ました。映画も好きですが原作は、何というか、人間の本質が描かれている気がします。お時間があったらぜひ読んでみてください♪(もう読まれてるかもしれませんが)。
病気、辛いですね。体が辛いと心も辛くなりますよね。でも負けないでください。自分の為に負けないで、好きなことをしてくださいね。(上手く言えなくてスミマセン。。)

>bolero74さん、こんばんは。
おお、bolero74さんもナウシカファンなのですね。原作は残念ながらまだ読んでいません。結構内容が深くて、暗いとも聞いた事がありますが。漫画喫茶にでも行って読めばいいのかなあ……実はまだ行った事ないんだよね。
病気ですが、まあ、再発したら即手術(切れる場所なら)って感じです。私のかかったタイプは「おとなしいけど執念深いタイプ」で、これまで6年前後で再発を2回しています。同じ場所を何度も切るのは嫌なもんですが、今のところ、おかげさまで、生活に大きな支障はありません。
温泉やスパにいくとスゴイ傷なんで、周りの人がドン引きしてますが、私にとってこの傷跡は元気になるために作った勲章です。
bolero74さんこそ、骨折……痛そう。ある一定期間を超えるとグングン良くなるはずですから、もう少しですよ。早く良くなりますように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122358/40125220

この記事へのトラックバック一覧です: アースのとっ散らかった感想(尻切れトンボです):

« 滑り込みセーフ | トップページ | 「アース」のわかりやすいレビュー »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

KAN's Music

はてなブックマーク

  • はてなブックマーク
    はてなブックマーク

お知らせ表示します。感想を書き込んでいただいてもOK。

  • ミニBBS

Message

  • 当サイトの内容にそぐわないコメントなどは予告無く削除いたします。文章・画像・動画の転載・複写は認めていません。必要な方はコメント欄にてご連絡ください。 また気に入ったアイテムをご紹介した際、アフィリエイトリンクを利用している事があります。ご了承ください。気になる方は別のリンクからアクセスしてくださいね。

婦人画報のおかいもの

  • 祝! 6周年
    婦人画報のおかいもの

MomaStore

  • 母の日にアートな贈り物を
    MoMA STORE

私の好きな場所

  • 大坪家の書庫
    大坪五郎さんのインテリジェンス溢れる面白い感覚が素敵です。全国の珍スポットをルポする「巡り巡って」は大好き! 「映画評」「私のMacintosh」もいつも読んで参考にしています。
  • ハッピーマニア
    翻訳家を目指すbolero74さんのブログ。英語の勉強についての内容はもちろん、日々の出来事を綴っていらっしゃいます。同居している彼氏とのやり取りがほのぼのしていて、私は大好きです。
  • 日々是好日−つれづれよっぽブログ
    様々な話題を丁寧に綴る「よっぽ」さんのブログ。真摯に、誠実に、毎日を過ごしているよっぽさんの人柄が滲み出ているような文章に、気づかされたり勇気づけられたり…。肉体にとって「マイナス」と言われることも、心を磨くことについては「プラス」になるのではないか、と感じさせてくれるのです。
  • 猫ヤパ
    猫ヤパさんが送る「猫ヤパ THE CAT FILES」がブログになって帰ってきました。 大好きなニャンコ達のお話や、おウチ新築のお話、PCやガーデニングなど猫ヤパさんとニャンコ達の日常のクスクスが詰まったブログ!!
  • なにブロ自作PC&ジャンク隊
    長野県在住の山桜さんが送る自作PCやジャンクパーツ……そしてクロネコ 「まるちゃん」との戯れがつづられるブログ❤️

ブクログの本棚

  • 読んだら登録。時々レビュー。

ドライブのページ

  • ドライブの記憶
    クルマのSNS「みんカラ」にコソッと作っているドライブページです。昔の名前(HN)で出ています。

最近のトラックバック

はてなスター

  • はてなスターフッター
  • 各エントリタイトルにはてなスター。よろしかったらポチってみてください。
無料ブログはココログ