« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月28日 (木)

『エリザベス:ゴールデン・エイジ』におけるライトな感想

先週金曜日、どうせ家に帰ってもお腹の調子が悪いし、気持ち悪いし、遅くなったし、ごはん食べないし………ってブツブツ言いながら会社から結局そのままレイトショーに行った。

エリザベス:ゴールデン・エイジ』。

いやぁ、すごいよケイト・ブランシェット。

大好きな女優さんだし、前作のエリザベスも見てたし、きっと凄い演技とは思っていたけど、素晴らしく「エリザベス女王1世」でした。
前作の『エリザベス』は、ちょうど私ががんセンターから退院して間もない頃、母親に付き添ってもらって観に行ったので印象に残っています。正直、もっと、こう、プリンセスっぽい感じを期待していたんですけど、いきなり「火あぶりの刑」から始まってまして、想像していた映画と違ってた……と思って見てたのを良く覚えています。

で、今作、『エリザベス:ゴールデン・エイジ』。
前作よりもエリザベスの女性的な部分にスポットが当てられていて、程よく感情移入もできたりします。しかし、そこは一国一城の主。侵略、暗殺、政略結婚……ドロドロとした問題山積で「ああ、女王って大変」。自分の出す決定が本当にこれでいいのかと、多かれ少なかれ毎回迷うエリザベスの姿には、あの白塗りの肖像画からイメージできない人間的な部分が描かれています。孤独感を募らせつつ、少数の心許せる者からも結果的に「裏切り」を受け打ちのめされ、それでもラストはそれを乗り越え、更に強く気高くなっていく彼女にあこがれや希望を見いだす人はきっと多いと思う。
そして、一言で言うと「不器用な女性の超キャリアウーマン的生涯」の映画だと思いました!
なにせ、彼女はストイック。国を納めるために子供はおろか、結婚までも拒否して「ヴァージン・クイーン」を貫くわけで、これを不器用と言わずしてなんと表現するのでしょうか。仕事も家庭も女も母も……あれだけの財力と権力があれば、望んで叶ったかもしれないのに。彼女は一人の男に愛されるより、国の民に愛される事を選び、我が子を愛する代わりに、国の民を愛する事を選んだというわけです。ううう……エリザベス、あんた凄いよ。
まあ、エリザベス1世に比べたら「ものすごく下々の者」で「仕方ないからキャリアウーマンやってる」私の身に置き換えるのは、かなり無理がありますが、仕事を持っている女性は多かれ少なかれ共感できる部分のある映画だと思います。おすすめです。
……でもやっぱりさ、女の幸せは、「侍女のベス」の生き方だわな(キッパリ!)

なお、次々と出てくる豪華な衣装だけでも一見の価値あり。ほんとにため息が出るほど素晴らしいです。撮影に使用された衣装の展覧会なんかがあればいいのにな。

2008年2月27日 (水)

たまにはこんな事考えてる、のこと。

今更、何言っているんだと思うけどさ、「付き合ってる」の定義ってなんでしょね?
この素朴な疑問は、大人になればなるほど難しいよなあ。
突き詰めて行くと「好きってどういう意味」って? 「愛ってなに?」「恋ってどういう事?」みたいな事になって来て、もうさ、頭が混乱するよね。

二人きりで出かけたら付き合ってる?
手をつないだら付き合ってる?
チューしたら付き合ってる?
あんなコトやこんなコトしたら付き合ってる?
周りにバレちゃったら付き合ってる?

こういう疑問にすぐに答えが見つけられないほど、自分は年を重ねて、考え方が寛容になったんだと思う。

……この「付き合ってる?」を「浮気?」に置き換えてみると、もっと胸に迫るものがある(人もいる)よね。

『なにかあったの!?』って思ってくれた方、ご心配していただいてありがとうございます。
でも何もありません。私は昨日と何も変わらず、たくさんのお客様のお仕事のお手伝いをして、今日も帰って参りました。

まあ、時々、ふと、こんな事を考えるわけですよ。
私だってね。
でも、思い悩んでるわけでもなく、頭の体操的に考えている。

おつかれさま、自分。
今日も、くだらない事を考えられるくらいに元気に一日を終える事ができました。
その幸運に感謝します。

あさっては、この前の大腸内視鏡検査の正式な診断結果をもらい、午後はかかりつけの別の病院にMRI検査。病院ハシゴ……。

ネム〜

ああ、眠い。
なんか体が凄く疲れているのがわかる。
そのくせ熟睡できていないらしく、起きた時に寝た気がしないんだよね。
北欧の方では、夜専用ミルクっていうのがあるってかなり以前に聞いた事があったんだけど、日本でもそのミルクが発売されたのを知った。

何でも夜に搾乳されたミルクには良く眠れる成分が入っているんだって。牛ってすごい……。
私は子供の頃、ものすごい牛乳が大好きで、もう信じられないくらいミルクをたくさん飲んでいた。小学校に入ってからはあまり飲まなくなっちゃったから、身長は全然伸びなかったけど、歯と骨は確かに人よりは頑丈な気がします。かなりアクロバティックに転んでも、これまで一度も骨折した事ないしね(しかし、そもそも転ぶ事自体が筋力低下している証拠らしい。これからまたトレッキングに行くのだから、ちゃんとトレーニングしたいな……体調が戻ったら)。
もとい! 話がそれてしまいましたけど、つまりすぐ眠っちゃうけど、熟睡できていないらしい私はとてもこのミルクに興味があるのでした。
どなたか飲んだことありますか?
感想が聞きたい……っていうか注文したらいいんだろうけど。ミルク注文するなら、美味しいコーヒーを注文したくなってしまう、気持ちと行動がリンクしない私なのでした。

【要冷蔵】 おやすみ乳飲料『ネムー』6本セット


…………むむむッ!!本当に、今、スゴイ眠い!!

もうちょっとがんばってお風呂入ってこないと。また湯船で寝ちゃうんだよなあ……しょっちゅうこんな事やっているんですよ。そのうち溺れると思います。

2008年2月26日 (火)

なぜ?と思ったら…(BlogPet)

更紗の「なぜ?と思ったら…」のまねしてかいてみるね

昨日の夜アクセス解析して、なんでかな〜?と思ったら、なんだか急に凄い伸びで、なんだか急に凄い伸びで、なんだか急に凄い伸びで、なんでかな〜?と思ったら、...

*このエントリは、ブログペットの「ガンプ」が書きました。

2008年2月25日 (月)

遠くへ行きたい

Rita





私のお家から外を眺めたらこんな感じです。
……っていうのはウソ。
写真は、北海道余市にあるニッカウヰスキー工場内 リタハウスから外を眺めたもの。
iMacに入っているiPhotoで何となく画像をプレビューしていたら、ちょっと癒されちゃったのでアップしてみました。ああ、体調不良で最近はお酒も飲んでいません。
もちろんウイスキーも全然飲んでない。
ただ生きてるだけみたいで嫌だなあ。

話は変わりますが、先日産休でお休みしている同僚とビデオiChatで逢いました。Mac越しに可愛い赤ちゃんとご対面。早速「ドアラの耳」をつけてみると、赤ちゃんは大変不思議そうな顔をした後に泣いちゃいました……が〜ん! それってドアラの耳をつけた私が怖かったって事でしょうか。
どんな感じかというと………


Ichat





こんな感じ……。
これで「ベロベロバ〜」とかハイな感じでMac越しでやられたら、怖いな、やっぱり。

2008年2月24日 (日)

なぜ?と思ったら…

昨日の夜アクセス解析していて、なんだか急に凄い伸びで、なんでかな〜?と思ったら、KANさんについて思うように書いたネタが、昨日の夜(2月23日 22:00更新分)のニフティの「旬の話題ブログ」に紹介されていた!!
ヒーッ! なんと光栄な事でしょう。
(プレビューしてみた。手持ちのソフトで作ったんでサイズのコントロールができずクリックすると超巨大化します。自慢したいわけじゃないよ。くれぐれも。)

Photo

 

しかも、私としては愛するKANさんのネタを書いたつもりが、きっとアクセスしてきた方々は「平井堅ネタがびっしり」を予想して来てくださったに違いない……このタイトルでは。ごめんなさい……昨日のネタの中心はKANさんなんです。でも、せっかくいらっしゃったんですから、他のネタも読んで行ってね。
ってなわけで、こんな事もあるんだわとびっくりしました。
今日は車検に愛車「コアラ号」を入れてきます。
いつも窓口になってくれている中古車屋のお兄さんは、そろそろ私が買い替えてくれるかな?と思っていたみたいですが、まだ調子良く走ってくれているので今年も全身チェックしてもう少し走っていただきます。
帰りは電車で帰ってくるので、駅前に前々から注文していた本を取って来る予定。
その本のタイトルは「山小屋ごはん」。

Photo

いろんなごはんが紹介されているようです。もう自然から随分と離れてしまった私。せめてキッチンで山のごはんを再現して、目を閉じて遠くから渡ってくる風や、キンと冷えた空気とか、緑の匂いとか思い出して味わおうかなと思います。

あくまでごはんが美味しく食べられるようになってからだけどね(号泣)

春だってもうそこまで来ているんだし、確実に元気になって行こうと思う私です。

あ、さっきちょっと「山と渓谷」のHPのぞいたら、カレンダー半額セールやってるよ! オイッ、半額だとぉ〜。結構いい値段で山のカレンダー買ったのに……(涙)。でもこの2ヶ月の間でも、会社のMacの上にある美しい山の写真は、ささくれ立ったり、泣きそうな私の気持ちを癒してくれたから良しとするかなぁ。

2008年2月23日 (土)

静養中

未だにお粥をすすって、生き延びております。
昨日はぜいぜい言いながら出勤。無事勤め上げて戻って参りました。この二日でなんとか食欲回復までに持って行きたいけど、どうかなあ。なんせ食べる気が起きないのが困りモンだ。
大喰らいとはいいませんけど、食べている時が幸せ、食べさせるのが好きな私なのに、食べ物の事が考えられないとは、あまりない事なのです。
振り返れば、先夏のあの猛暑から体調がおかしくなり、それでもなんとか乗り越え、気温が低くなって浮かれた私は長野に連続遠征、この二点で完全にリズムをダメにしたと反省しています。でも好きな事しないと気持ちの方がダメになってしまったかもしれません。実はちょうど一年ほど前から懸案事項がありまして、日に日にそのストレスは大きくなり、夏から年末まではマックスとなり、そして年明けに完全に気持ちがはじけておりました。はじけたと同時に体調が破綻したのです。その懸案事項も収束に向かっておりますので、あとは心身を元のリズムに戻せば何とかなるだろうと思ってはおりますが……なかなかねぇ。良くなってくるとまた逆戻り。まるで賽の河原に積んだ石の塔を鬼が崩して行ってしまうように、体調はガラガラと崩れるのを繰り返しておりまする。
今年はスキーに行きたかったけど、だめだなこりゃ(まだ諦めていなかった私)。

こう体調が悪いと、元々妄想癖、回顧癖のある私は「イマジネーション大好き」体質を炸裂させていろんな事を考えたり、思ったり、後悔したりして時間をダダ無駄にし続けているのです。これをぜ〜んぶブログにアップしたら、おもしろがられるだろうなと思いますが、あまりに恥ずかしいので、ちょっと頭を冷やしてからにします。

時間ダダ無駄中(想像中)、の時に耳に飛び込んで来たラジオの曲がなかなか良いな、と思ったら平井堅さんの「Twenty! Twenty! Twenty!」だった。これって、今年20周年を迎える J-WAVEのアニバーサリーソングなんだそうです。平井堅さんは「楽園」でヒットしましたが、実は元々超爽やか系のシンガーでデビューしたんですよ……その頃は売れなかったけど。私は当時、銀座 山野楽器で入り口に「期待の新人」として平積みにされていたCDを買おうかどうか迷ったのを良く覚えている。そして隣の笹本安詞さんのを買ったんですが。(笹本さんもバカ売れはしなかったけど。今でも時々引っ張りだして聞く。)
そして、ここからが本題。
なんとこの「Twenty! Twenty! Twenty!」、大好きなKANさんが作った曲だった! ガ〜ッ!驚いた。平井堅さんがKANファンとは知っておりましたが、とうとう……。そしてこの情報を元にYouTubeで探したら、今まではほとんど無かったKANさんの動画がある、ある、ある!凄く増えていた。どうした事か!? 嬉しいよ。
私が時々ブログでKANさんへの愛を爆発させているんで「聞いてみたい」と言ってくれる方がおりますが、こんなKAN作品がありますので聞いてみて くださいね。私が好きなアルバムは「GARL TO LOVE」「ゆっくり風呂につかりたい」「MAN」など。初心者であれば「IDEAS」「めずらしい人生」「TIGER SONG WRITER」あたりがおすすめです。

という事で自分のプレイリストにたくさんリンクしてKAN三昧。
だから以下のような3連発リンクです。

平井堅さんの「Twenty! Twenty! Twenty!」は「歌バカ」には決して入っていませんからご注意を。

2つめの動画は、KANさんと同じ事務所で仲良しのスターダスト・レビューとの共演。


 

そして、「50年後も」。何回も聞いていた曲だけど、今日は思わず涙が出ちゃいました。


 

2008年2月21日 (木)

大丈夫らしい

携帯電話からの更新です。
よれよれです。
病院に行ってきました。検査による体力消耗で不調になったのだろうということで、吐き気止めもらって帰ってきました。
一晩泊まれとか言われたらどうしようと、これ以上会社休んだら職場から大ヒンシュクだから、ヒヤヒヤしました。身体が最優先だと言えど、昨日も私が休むのに対して一言言いたい人もいるようで…気にしないでいようとしても、すごく嫌な気分になりました。
私もあんな風に誰かを知らない間に傷つけているのかな…なんて考えたりして、鬱です。
きちんとした診断は来週ですが、内視鏡で見る限りポリープや腸内子宮内膜症はないようです。
なんとしても明日は会社に行かねば。私の気がすまない。

携帯電話より

今日、大腸内視鏡検査を受けたけど、検査自体は無事終わり、自宅に帰ったけど、しばらくしてから吐いてしまってます。気持ち悪い。
心配だからまた病院に行って来ようと思うが…入院になったらどうしよう。

パソコンの前に座っていられないから、携帯電話からの更新です。コメントのレスが遅れます…しばしお待ちを。

2008年2月19日 (火)

朝っぱら(BlogPet)

きのうガンプが、緊張はアースしないです。
それできょうガンプが朝っぱらとか手術しなかった?

*このエントリは、ブログペットの「ガンプ」が書きました。

レギンスという名の……

今年はカラーレギンスが流行っていましたね。
秋口から流行り始めていたので、私も何枚か買っておきました。
しかしレギンスとして履いたのはほんの数回。
もうトシなのか、足首が中途半端に空いてしまうレギンスは、足先が冷えてしまい私には向きませんでした。ボルドーの色や、ストライプの様なシマが織りで表現されているもの、足首の部分にレースがあしらわれているものなど用意したのですけど、ことごとく………寒い。
お洒落のために履くのは諦めました。
レギンスは、今ではすっかり……すっかり……すっかり……ももひき状態。
ズボンの下に履いたり、部屋着の下に履いて、更に長めの靴下(しかも五本指ハイソックスだよん)を履き込んでぬくぬく状態となっています。
恥ずかしいが事実。
今後も私がレギンスでお洒落をする事はないだろう。見た目より、健康!!
……って言い出したらオンナも終わりなのだろう。しかし病気になったり、死んだりしたらそれこそ大問題。まずは自分が如何に快適に生きて行けるかだ。オンナとして生きて行けるかどうかはその後ということで。

そう言えば、「ももひき」と「ステテコ」と「パッチ」ってどう違うのだろうか?
さらに、こういう下着(通常はお父さんの着る下着)って「らくだ」とか呼ばれていたよな。
ということでウィキで検索したら「ステテコ」と「パッチ」は同じ物らしい。


2008年2月18日 (月)

喉が痛いよ……

明日から会社だ。
月曜だ。
……当たり前なんだが。
ものすごい憂鬱。
なんにもしないで家にいたのに、全然喉が良くならない。何故? 今週は特にどこにも行かず、ほとんど家にいたのに。体調管理がなってないとかまた思われるのか。
マジ、嫌気がさしてくる。
体のつくりからして勤め人に向いていない気がする……つらい。

2008年2月17日 (日)

こんな本発見! ドアラの本

Doala

ドアラのひみつ かくさしゃかいにまけないよ

これって一体どんな本なんでしょう?

ドアラ本。写真集かな?

ちょっと読んでみたい気もするんですが……どうなんだろ。

読んだ方のコメント、お待ちしています。


やっぱり

倒れてます。
所用があり、昼間の間は比較的元気だったのですが、夕方家に帰り、緊張が緩んだのかどっと悪化しました。それ以降は布団で横になったきりです。
ゾクゾクするし、頭は痛いし、何より喉が痛い。
明日もおとなしくしてます。

全然関係ないんですが、最近iChatを友人とよくやっているのです。最初はビデオiChatで普通に喋っていたのですが、友人がディズニーシーに行くというところからミッキーの耳の話になり、行ったら「耳」を買って来て、今度はその耳をつけてiChatしようなんてことになり、さらに私は、Macの前で会社の同僚からもらった(いや、お金払ったから買ったのだ!)自前の中日ドラゴンズマスコット ドアラの関連商品の『ドアラの耳』を引っ張りだして装着。この格好でiChatしたら大好評だった。『ドアラの耳』は文字通り、カチューシャに青いコアラ(ドアラ)耳が付いていて、頭にセットすればドアラに早変わりというシロモノ。ちなみに私は中日ドラゴンズのファンでもなんでもありません。コアラ好きということで、この商品を入手する事になりました。神奈川県民ですから基本的にベイスターズを応援しています。

私が持っているのは通常の青い『ドアラの耳』ですが、ゴールデンドアラというキャラもあり、こちらの耳もあるようです。

なお、ドアラにはキュートなしっぽがありますが、本物のコアラにはしっぽはありません。正しいコアラの色はグレーまたは茶色です(生息場所によって、体毛の色と大きさが異なります)。

ということで、正しい「ドアラ」および「コアラ」ひとくち講座でした。

動くドアラが観たいかたは下をどうぞ。ベイスターズのキャラも登場しています。

2008年2月16日 (土)

あ゛〜

おはようございます。

また、喉が痛い。
昨日会社にいるうちから痛みが始まって、やばいかも……とおもったけど。
帰ってからも悪寒がして、危険な状況だったから、何もしないで寝たんだが。
熱でたら困る。
焼けるように痛いなあ……。

もう、見た目頑丈そうなのに、体弱すぎ。なんでこうなわけ?

2008年2月15日 (金)

「アース」のわかりやすいレビュー

昨日、きわめて情緒的でわかりにくい感想をアップしてしまいましたので、今日はきわめて分かりやすいレビューにしてみました。

1.美しい映像に徹して編集している!……例えば、肉食獣が草食動物の子供を生きるために襲うシーンが何度かありますが、いわゆる「お食事シーン」は出てきません。せいぜい「取っ捕まえて首根っこをガブリ」までで終了です。あの後はきっと、と考えると次の美しいシーンは頭に入りませんので、気持ちを早く切り替えましょう。子供に見せても生々しいシーンが無いため安心ですが、「野生の王国」を観て育った人は「……欺瞞だ」と思うかもしれません。

2.寒い!……時間を計った訳ではないですが、暑い地域のシーンよりも、北極・南極・海(水)のシーンが多いため、じっと観ていると体が冷えてしまいます。冷たいものを飲みながらの鑑賞はおすすめしません。

3.音響が凄い!……「アース」はNHKで放送した「プラネット・アース」を再構成して1本にまとめています。ですから「プラネット・アースは全部観て、録画もして、何度も鑑賞しました」という方にはおすすめできません。しかし、音響については映画館での迫力は比較にならないでしょう。ジャングルのシーンなどは、熱帯の鳥が自分の周りにたくさん飛んでいる感じがして、劇場内の暗闇で何度か振り返ったりしてしまいました。

4.海のシーンがもっと欲しかった!……こういう人はたぶん「ディープ・ブルー」を観ろってことなんでしょうけど。海のシーンがとてもきれいなのです。もっと観たいなというのが正直な感想。しかし、その海のシーンに出てくるホオジロザメがアザラシを食らうシーンはまさに「悪」って感じです。憎たらしい……。

5.吹き替え版の方がわかりやすいかも。……私が観に行った時期にはもう「渡辺謙」さんナレーションの吹き替え版しか上映していなかったのですが、そんなにナレーションもたくさんあるわけでもないけど、吹き替え版をお勧めします。なぜかというと、字幕を読んでいるとせっかくの映像を観る集中力が寸断されて間延びしそうだから。ただひたすらに癒されたいなら、耳から入ってくる解説もシャットアウト、字幕も読まないようにして映像だけを堪能できる字幕版を観るべきでしょう。

と、いうわけで、「じゃあおすすめなの?」と問われたら、まあおすすめです。
でもストーリーにどっぷり浸かりたい人向きではありませんね。映像を観て、作られたストーリーではないドラマを観て自身に何かを問いかけたいとか、完全に癒されて気持ちをリセットしたい人向きです。練り上げられた脚本の虚構の世界を堪能する事によって、気持ちを高揚させたいという方にはおすすめできません。
……な〜んて、勝手にレビューでした。これ読んで観にって「全然書いてあったのと違う!」と憤慨されても責任は負いませんよ(笑)。

2008年2月14日 (木)

アースのとっ散らかった感想(尻切れトンボです)

病気になって入院していたとき。手術までの間は情緒不安定で、いろんな事にナーバスになっていました。検査の結果が一通りでるまでは更にピリピリしていて、消灯の後、暗い部屋のベッドの上で悶々と考えたり、泣いちゃったりしてました。
その中で何回か考えた事。なぜ、がんは私の体の中の細胞の一部なのに、コントロール制御不能で増えて、他の細胞や臓器を侵し、宿主である私の命そのものを脅かすのだろうと思っていました。そして、宿主を地球に例えると、がん細胞は人類に似ていると思うようになったのでした。

「アース」を観終えたとき、正直、感傷的な感情は湧きませんでした。
野生動物の生活はシステマティックで、感情とはかけ離れた秩序で動いているだけに感じたのです。弱肉強食、お腹が空けば生きる分だけ狩りをして相手の命を奪って食べて、失敗すれば死を待つだけ。自分の周りの環境が荒れ、それに順応したり乗り越えられなければ死が待っている。そこには結果しか無いように感じるほど厳しい世界でした。

「風邪の谷のナウシカ」のワンシーンに、風の谷の村人が危機にさらされ、村の子供達が長老の「ババ様」に『私たち死んじゃうの?』と問いかけると、ババ様は『さだめならね』と言います。多感な時代にナウシカを観た私は「あっさり言ってもらっちゃ困るんじゃ!」と思いました。
なぜか「アース」観てたら、ババ様の「さだめならね」という言葉が浮かんで来ました。

野生や自然に娯楽はありません。途中で紹介される熱帯に住む野鳥のダンスも、繁殖のための求愛ダンスなので必死です。「生か死か」はまるでデジタルの「0と1」の二進法のようですらありました。

動物の生活に比べれば、植物の世界は幾分緩やかに見えました。緊迫したシーンが続く中で映し出される気候の変化や、地域によって変わる風景の様子は、気持ちを緩めてくれました。赤道直下のジャングルは地球の面積に比べるとほんの少ししかないのに、地球上の生物の多くの種類がそこで暮らすという事実。北に広がる針葉樹林帯は、春になって緑を増すと地球上の酸素の濃度が上がるほどのパワーを持つ事実。同じ星で暮らしていても、ほとんどこれらの事実を忘れています。
忘れて好きなように生きていても地球は、そういうわがままを黙って受け入れてくれるでしょう。たぶん、地球の命を縮めても。

地球に優しい、なんて実はあり得ない。エコロジーに真剣に取り組むのは、本当は自分たち人間のためだ。動物も植物も、仮に生きて行けない「事情」があれば、「それがさだめ」と死んでいくだけだが、人間はそうはいかないなのだ。

アースの映像はとても美しかったけど、それにもまして力強さと生命力の波動みたいなものを感じました。私たち人間は、この先も長くここ(地球)に住まわせてもらいたければ、死ぬか生きるかの覚悟くらいでエコロジーに取り組まなければいけないのかもしれません。自分たちのために。
生か死かで生活する動物たちは迷いが無いけど、人間はいつも迷って揺れています。たぶん、もっと環境が厳しくなればなるほど、迷ったりするんでしょうね。
感情に支配される生き物だから仕方ないとは言え、やっぱりもっと腹を据えて地球のためじゃなく、自分たちのために努力すべきなのだ。

渡辺謙さんのナレーションでは「今ならまだ間に合う」と言っていたけど、私は実のところ間に合わないかもしれないって思いました。もし、本当に何らかの形で最悪のシナリオが人類の前にやって来たら、あのシロクマのように私たちはゆっくりと目を閉じられるのでしょうか?
絶対できないよな……

滑り込みセーフ

アースをとうとう鑑賞。
レビュー(というほどでもないが)は後日。
……眠いのです。
ムニャムニャ。

上映前の予告編オンパレードをみて「エリザベス:ゴールデン・エイジ」が観たいと思い、更に「ライラの冒険 黄金の羅針盤」も観たいなあと思ってしまいました。

……♪ライラ ライラ ライラ ライラ ライララ〜 (チャンピオン byアリス)
こんな下らんネタを読んでくれて、ありがとぉ〜ぅッ!!

2008年2月13日 (水)

♪アースが生んだ〜( 古ッ!)

咳がまだ治らず、ふてくされてます。

早く帰れそうなんで、アースを今日こそ観ようと思うが間に合うか?

2008年2月12日 (火)

ネロビールとパトラッシュビール

先日、ブラッと立ち寄ったお酒のディスカウントショップで見つけたベルギービール3種。

Nellobeer







左から「パトラッシュビール」「フルーツビール」「ネロビール」。
相変わらず携帯の画像でごめんなさい。
パトラッシュとネロのビールは、ラベルにそれぞれの顔もプリントされていますが、人相も犬相もいまいちです。味もラベルと同じレベルならがっかり。この後、お風呂に入ったら1本飲んで見ようと思いますが……なんだかなあ……わびしい味がしそうで怖い。

話は変わりますが、今日は会社を大急ぎで退社し、お通夜に行ってきました。
お隣に住むおじいちゃんが急に亡くなったのです。
マンションに住んで最も感じたのは、ご近所付き合いが全くと言っていいほどないこと。気楽であり、寂しくもありました。亡くなったおじいちゃんは、私が朝出社するときに、ちょうどお散歩の時間がおなじで、よく駅までの道すがらやマンションの敷地内ですれ違い「いってらっしゃい」「今日も走って行くの?」(朝寝坊しているからいつも小走りの私)と声をかけてくれた方でした。
これだけの接点でしたが、お通夜を逃したらお悔やみも言えずに後悔しそうだったので、葬儀会場でお焼香だけさせていただきに行きました。おじいちゃんの奥様と思われるかたが、親族でもない私なのに「顔を見てあげてください」とおっしゃって、お別れさせていただきました。
とても優しいお顔をしていました。
親戚などのお別れは数回しかしていませんが、これまで病気のこともあり、何度かお通夜に行く事がありました。お別れをする時の、あの何とも言えない気持ち。悲しくて、懐かしくて、悔しい気持ち……今日もそんな気持ちが湧いて来て、喉の奥がキューッとなって、ちょっとだけ涙が出ました。
もう、私が走って駅まで向かう数分の間におじいちゃんに出会う事はありません。
でもしばらくは、向こうからおじいちゃんが杖を付いて歩いてくる姿が浮かんで来そうです。
どうか安らかに……

は出で立ちがほしいな(BlogPet)

ガンプは出で立ちがほしいな。
出で立ちってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「ガンプ」が書きました。

2008年2月11日 (月)

ギョーザ祭

昨日、ホッカイダーネオがウチにやって来た。
なにかの拍子に毒ギョーザの話題となり、ギョーザ食べたいね〜と言うことになり、買い物に出かけ、一緒に制作。バーミックスフル回転で大量の野菜をみじんにして、練って、包んで……キッチンはギョーザ工場と化した。そして出来上がったギョーザは……

080210gyouza







この通り。
その数、100個。
食べきれるのか?
この数を見て思い出したのが………

Zousyoku





「YMO」 増殖

頭の中はライディーン(このアルバムに入っていたのか?)。

または、山脈。

Alps


当然、食べきれませんでした。

冷凍してしばらくは食べ続ける事になるでしょう。

味は、野菜たっぷりあっさりギョーザでした。大変だけど自分で作れば味のコントロールもできるし、何より安心度が高まります。数のコントロールは不能でしたけど(笑)。

今夜はギョーザなんてどうでしょう?

ウチはまたギョーザ決定です。



2008年2月10日 (日)

冬のお魚、ハタハタ

ああ、喉が……カラオケにでも行って発散したいけど、これじゃ無理。

朝っぱらから、魚介類と遊ぶ(?)。
体調10センチ程度のミニサイズのイカを10匹くらい解体。
エビを15匹程度解体し、背わたをとり、片栗粉のお風呂に沈める……ジャブジャブ。
ハタハタのはらわたをとる。
魚介類が急に食べたくなって買って来たものの、疲れて調理する気力が失せ、今日まとめて処理しました。エビとイカは、キノコと一緒にニンニクと唐辛子、塩こしょうで炒め、パスタに絡めてペペロンチーノに。イカのだしがでて、ものすごく美味しかった。
サイドディッシュはわさび菜とトマトのヨーグルトサラダ。わさび菜大好き。以前キャンプにいったときに手抜きサラダをわさび菜で作って以来、スーパーで見かけると買って来て生でバリバリ頂いています。今日はヨーグルトをベースにした優しいドレッシングに絡めていただきました。市販の鰹だし(顆粒)をぬるめのお湯で溶いて、そこにプレーンヨーグルトを混ぜ、味が薄いなら塩こしょうを少々振るだけ。酸味が強いのが好きな方は、酸味の強いヨーグルトを使うかお酢を少し足してもOK。今日はトマトの酸味を生かしてお酢は足さず、塩も振らず、こしょうだけ少々足していただきました。ヨーグルトの優しい酸味と甘みが、わさび菜の辛みとお互いを引き立てあって美味しくできました。

そして、ハタハタ。
ハタハタってメジャーな魚なのかな? ウチは父が東北出身で、子供の頃から割と食卓に登る事が多かったのですが、そんなにスーパーでも見かけないし、周りにハタハタ好きっていう人も見かけない。母によると、昔はたくさん捕れて安かったけど、最近は少なくなってしまったから結構高いお魚になったそうです。
たいていははらわたを取って焼くだけの状態で売ってますけど、今日のハタハタは鍋物用(たぶんショッツル鍋用)のもので、生ではらわたも取っていない丸のままのハタハタだったから、焼く前に少々処理が必要でした。塩を強めに振ってグリルで焼き上げました。
んま〜。
白身でほろほろと柔らかく、優しい甘みのあるお魚。頭もぱりぱりに焼いたので全部食べちゃった。
寝坊したので、贅沢なブランチとなりました。
……画像? すみません、食べるのに忙しく取り忘れ。半分くらい食べたところで「しまった!」と思いましたが、時既に遅し……ごめんなさい。

ベランダからは、久々にお日様がさして、飛行機も見えて、のんびりとした休日です。

2008年2月 8日 (金)

アースが銀色のシーズンに

先週末の話。
アース」がもう観たくて観たくてたまらなくなり、思い立って土曜の夜、レイトショーを観に出かけた。前日の金曜に時間をチェックしていたし、クルマを飛ばして、駐車券出るし、いきなり飛び出した。
会場に10分前に到着し、発券カウンターに立つと、なんとレイトショーの項目に、アースが無い……ガーン。昨日みたスケジュールは昨日までのスケジュールで変更されたというのだ。
今更他の映画館に移動するのも面倒だし(川崎にはシネコンが3つもあるんです)、開始10分が経過しているが「銀色のシーズン」を観る事にした。これも(景色が!)観たかった映画ではあったので、まあいいかと言う感じ。レイトショーの代金1200円を支払う。すかさず駐車券を出すと『駐車券は3000円からです』ですと!! なんだと〜、他のシネコンでは2時間までは駐車券が無条件で出るのに! もう絶対ここでは観ないぞ TO●Oシネマズ! レイトショーで3000円以上払うってことは3人以上で観に来なくちゃならんなんて、無理だろ、普通……ブツブツ、もぐもぐ……不満を口の中に押し込めて、指定のシアターに途中入場。見所のオープニングは終わってましたが、ストーリーは単純だから、すぐに物語に馴染めました。

で、以下はネタバレですので、もし観たいと思っている人は読まない方がいいかも。

主役で瑛太が今までのイメージの何倍もクールでカッコ良かったです。なんか、人畜無害っぽい感じ、またはちょっとコミカルなイメージがあったのですが、時にキリリとしたまなざしを浮かべたりして好演していました。
相手役の田中麗奈ちゃんも、これまでCMくらいしか観ていなかったのですが、スクリーンで観るといろんな表情の女優さんなんだなあと思いました。役柄的に信じられないほどの運動神経の悪さを披露していましたが、本当はスキーうまいんじゃないかなあと感じました。
物語は爽やか系スタンダードラブストーリー。途中、どう考えてもそりゃ無いぜ!っていう部分もあります(大砲のようなものが出て来たり……あんなのぶっ放すのはさすがにおかしいだろ)。そこは「映画ですから!」くらいに受け流しましょう。
瑛太演じる「銀」が田中麗奈演じる「七海」に告白して、そのときに思わぬ邪魔が入ってしまい………それがきっかけで「銀」ははじけてしまい、レース復帰に弾みが付く訳なんですけど、その一連のシーンが良かったです。私は大好き。それから乱闘シーンでは佐藤江梨子さんが、キューティーハニーばりの美しいキックを披露。杉本哲太さんが「銀」と敵対するスキーパトロール隊の隊長役で渋く憎らしく演じてます。
10代で観たら、恋に憧れる映画。20代なら、鼻で笑ってしまう映画。30代で観れば、許しながら思い出しながら楽しめる映画ってところでしょうか。
景色はとても素晴らしいです。雪山に行きたくなります。あまり考えずに楽しみたい人は是非行ってみてくださいね。

……ああ、早く咳が止まってほしい。そしたら自然に逢いに行くんだ。

2008年2月 7日 (木)

ホッ

腹部CTは問題なしでした。
あ〜、どきどきした。

でもまた来月初めMRIの検査です。
今月の終わりには大腸内視鏡検査が控えているので、またちょこちょこと会社を休ませてもらわねばなりません。……ひんしゅくなんだよなあ。
でも体の事だし……みんな、ごめんね。
こういったストレスが病気を引き寄せるようで、なんか悪循環。
ストレスを頑張りに変えて仕事するように、自分で自分を励ましていかないとなあ。
だけど、だけど、やっぱり「自分も病気になりたいよ」なんて言われちゃうと、なんて言うか、その、『申し訳ない気持ち』と『どうしてそんな事言うの?』っていう気持ちとごちゃ混ぜになって、悲しくなってしまいます。自分も病気が判明する前まではとても疲れたりすると、同じような気持ちになったので、そう言われても仕方ないとは思っているんだけど……働いてちゃいけないのかな、会社にいない方がいいのかな?って、そんな気持ちにもなるくらい落ち込みます。

…………………………。

いやいや、こんな風に愚痴っていてはだめね。
休ませてもらった分、頑張らないとね。強くならないとね。
今日、元気の確証をもらえたんだから、体を壊さないように注意しながら、時には「ひと息」や「ため息」もつきつつ、ボチボチとやっていきましょう。

2008年2月 6日 (水)

iChat

Macユーザで無ければ、多分知らないiChatの手軽さ楽しさ。

手前味噌みたいなネタですみません。
最近友人二人に電話で設定方法をサポートし接続。ビデオiChat開通でいきなり「こんにちは」状態となり、楽しかったもんで書いてしまいました。
上のリンク先はAppleのOS10.5のページなので、現在の私のMacより機能が多彩ですが、こんな多機能でなくても十分楽しめます。標準でiChatのような機能やハードが装備されていても、いきなり設定したり使いこなすのは難しいのかもしれない。相手が必要というのもある種のハードルになっている気がする。
……こういう機能を堪能すると、両親がMac買って使えたら、すぐにも顔観て簡単に話せるのになあ……と思ってしまう。
それにしても、当たり前だが、Macで「まっく」と入力すると「Mac」と変換される。「あいちゃっと」「あいふぉと」と打ってもすぐに「iChat」「iPhoto」と変換される……何となくスゴイ(笑)。しかし「iTunes」は「あいちゅーんず」と「ず」も打たないと変換されないの。発音するときは「あいちゅーん」と言っている場合が多いから、ちょっと面倒です。


咳ですが、かなり改善して来ているものの、午後になると喉の調子が下降線となりやっぱり咽せます。一体いつになったら良くなるのかなあ……ちょっとブルーになりつつ、明日は外来。検査結果を聞きに行きます。ああ、暗いな。

2008年2月 5日 (火)

自動精算機に励まされる

あさっては外来です。
検査結果を聞きに行くのです。は〜。毎回どきどきだわな。
1年くらい前からでしょうか、かかりつけの病院では会計が終わると自動精算機でお支払いをする事になってます。はっきり言って缶ジュースの自販機とあんまり変わらない訳ですけど、清算が終了すると、そのマシンが喋るんです。

「お大事に」

って、言ってくれるの。
この「お」が何とも言えない鼻にかかった声で、妙に耳に残って気持ち悪い。
何度聞いても気持ち悪い。
そして、必ず、100パーセント私はつぶやく。
「はい、ありがと。機械にお大事にって言われちゃったよ」
やっぱり変。
デカデカとモニタも付いているから、画面に「お大事にheart」と巨大に映してくれる方がこちらも自然に受け入れられる。
あの違和感は何から来るのかと思ったが、おそらく声は生きた人間の肉声を録音しているので、無機質な機械から変に生命力の痕跡がある声が聞こえるのが不自然なんだろうと思う。
あさって、また機械に言われるのかぁ…お大事にって。
そしてまた「はい、ありがと。機械にお大事にって言われちゃったよ」と返すんだろうな。あのやりとりは気持ち悪さを祓う儀式みたいなものだろうな。

2008年2月 4日 (月)

ギョギョーッ!

さかなクン
この人が画面に映っていると、どうしても最後まで観ちゃうんだよね。
凄いパワー。あれは素なの? 本当は凄く無口だったり? 魚が大好きなのは本当なんだろうけど。
この前、土曜に目が覚めたらNHK「課外授業ようこそ先輩」がちょうど放送していて、なんとその回はさかなクンが先生だったのだ。実際、さかなクンは現在、東京海洋大学客員准教授な訳で先生もやっているけど、小学校で魚の素晴らしさをそれはそれは、熱く、暑く(!)語っていました。TVチャンピオンの「全国魚通選手権」で前人未到の5連覇を成し遂げ、魚に対する驚異的な知識とイラストセンス、そして強烈なキャラで、タレントであり文化人である彼についてちょっと検索してみたら、なんとお父様は囲碁棋士でいらっしゃるのね。あの記憶力の凄さは親譲りなのか……そしてそんなさかなクンの人柄を表す短いエッセイに出会いました。
さかなクンのやさしい素顔が、この文章に詰まっています。難しい言葉や表現などしていないのに、この文書の持つ力。さかなクン、ちょっと惚れたかも。

……元に戻りますが、NHK「課外授業ようこそ先輩」という番組も、毎回とても良い内容で放送されています。こういう授業がたくさんあったら、子供ははやく大人になりたくなったり、大人をバカにした態度をとる「ガキ」はもっと少なくなるでしょうね。いい大人を作れるのはいい大人から。若さ至上主義もほどほどにして、成熟した大人として子供とちゃんと対峙して行かないとだめなんだな、と思います。どんな分野でも道を極めた人たちの言葉は力強いです。
(昨夜も再放送が夜中にやっていた。為末大選手が先生で出ていた。感動しました)

上昇しなかった(BlogPet)

きのう更紗と、上昇しなかった。

*このエントリは、ブログペットの「ガンプ」が書きました。

2008年2月 3日 (日)

羽田空港2

羽田空港2
第二ターミナルもそれなりに混んでます。
マスクと帽子で完全防寒の怪しい出で立ちの私。携帯電話で写真撮ってると、怪しさ更に倍増。

羽田空港1

羽田空港1
バレンタインのチョコレートの仕込みで羽田空港に来ました。残念ながら展望デッキは積雪で閉鎖…。
昨日は急に思い立って、レイトショーで『銀色のシーズン』をみてしまったので、映画と現実で雪を堪能です。

2008年2月 2日 (土)

自由の意味

会社に向かって縦横無尽の人ごみの流れに乗りながら、それでも自分の歩きたいルートを確保しながら駅に向かって歩いてたら、ピンクの手袋が片方落ちてた。みんなに踏まれたり蹴っ飛ばされたりしてるらしく、随分と汚れてる。デザインからして、おそらく20代のかわいらしいOLさんの持ち物だったかなあという感じ。
ぬくぬくとOLさんの可愛いコートのポケットに収まったり、カバンの中でちょっと行方不明になってみたり、待ち合わせのカフェで、携帯電話と一緒にテーブルの上でOLさんと待ちぼうけしたりしてたのかな。でも今は見知らぬ人に踏まれて床の上だ。この後ゴミ箱行きかもしれない。だけど手袋は何となく生き生きしてるみたい。それは指の形がVサインしてたから。
一方の手袋はきっといなくなった相棒を気にしたり、片一方だけになった自分の運命に冷や汗をかいているかもしれないけど、いまはそんなことおかまいなしで、自由を満喫中のように見えた。
アウトローってこういうものなのかな。
手袋のVサインを見たら、「自分を縛る全てのものから自由になる事」「自由と引き換えに失うもの」両方の重圧に押さえつけられて、現状を嘆いてだけいる自分があぶり出されてくるみたいだった。10歳若い頃だったら、こう考えた時点で涙が出たかもしれないけど、今はちょっと心がざわつくだけで、駅への歩調も変わる事無く電車に吸い込まれてしまいました。

手袋一個でストーリーが考えられるだけ、私の頭の想像する部分は自由で元気だ。

 


昨日の午後からまた喉が痛くて、病院に行ってきました。
咳もまだ出ているし、会社内でもとうとうインフルエンザにかかった人もでたし、ますます注意しないといけないけど、咳は精神的な部分も影響するみたいなのであまり焦らずしっかり治したいと思います。

2008年2月 1日 (金)

検査

今日は夕方に検査があったので、午後お休みして会社から病院に向かいました。
遠いんだよなあ。しかも今日はCTだったので昨日に引き続きまたお昼抜き。からだがおかしくなる。明日はちゃんとお昼時にお昼ごはんを食べられるのでしょうか?
お昼抜きで2時間近くかけて病院に行って、受付して、検査着に着替えて……苦労した割には、最近のCTはヘリカルCTだからあっという間に終わるのです。ものすごく高速でカメラが自分の周りを回って行くのがわかる。ぶんぶんいう風切り音の中を、私がゆっくりと動いて行く。自分のからだが螺旋状に撮影されているんだなあ……これ考えた人って凄いなあ……からだの中を撮影するということより、螺旋状に撮影したら精密で早く撮影できるって気づいた人はもっと凄いなあ、なんて考えているうちに撮影終了。検査料、約5000円。写真館で見合い写真をキャビネで撮影してもこれくらいかしら?
「いい人いるのよ!」って知人のおばちゃんが持って来たお見合い写真の重厚な表紙を開けたら、CTやMRI写真だったらびっくりするだろうな。健康に自身がある人かしら? チャームポイントは内蔵? 骨格? 案外ミステリアスでイマジネーションかき立てられて、うまくいったりしてね。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

はてなブックマーク

  • はてなブックマーク
    このエントリーをはてなブックマークに追加

KAN's Music

Message

  • 当サイトの内容にそぐわないコメントなどは予告無く削除いたします。文章・画像・動画の転載・複写は認めていません。必要な方はコメント欄にてご連絡ください。 また気に入ったアイテムをご紹介した際、アフィリエイトリンクを利用している事があります。ご了承ください。気になる方は別のリンクからアクセスしてくださいね。

婦人画報のおかいもの

  • 祝! 6周年
    婦人画報のおかいもの

MomaStore

  • 母の日にアートな贈り物を
    MoMA STORE

私の好きな場所

  • 大坪家の書庫
    大坪五郎さんのインテリジェンス溢れる面白い感覚が素敵です。全国の珍スポットをルポする「巡り巡って」は大好き! 「映画評」「私のMacintosh」もいつも読んで参考にしています。
  • ハッピーマニア
    翻訳家を目指すbolero74さんのブログ。英語の勉強についての内容はもちろん、日々の出来事を綴っていらっしゃいます。同居している彼氏とのやり取りがほのぼのしていて、私は大好きです。
  • 日々是好日−つれづれよっぽブログ
    様々な話題を丁寧に綴る「よっぽ」さんのブログ。真摯に、誠実に、毎日を過ごしているよっぽさんの人柄が滲み出ているような文章に、気づかされたり勇気づけられたり…。肉体にとって「マイナス」と言われることも、心を磨くことについては「プラス」になるのではないか、と感じさせてくれるのです。
  • 猫ヤパ
    猫ヤパさんが送る「猫ヤパ THE CAT FILES」がブログになって帰ってきました。 大好きなニャンコ達のお話や、おウチ新築のお話、PCやガーデニングなど猫ヤパさんとニャンコ達の日常のクスクスが詰まったブログ!!

ブクログの本棚

  • 読んだら登録。時々レビュー。

ドライブのページ

  • ドライブの記憶
    クルマのSNS「みんカラ」にコソッと作っているドライブページです。昔の名前(HN)で出ています。

最近のトラックバック

はてなスター

  • はてなスターフッター
  • 各エントリタイトルにはてなスター。よろしかったらポチってみてください。
無料ブログはココログ