« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月30日 (水)

パイレーツ・オブ・カリビアン

……って面白いんでしょうか?
この映画のおかげなのか、最近BSで放映される映画の主役がジョニー・デップの事が多い。気づけば「ショコラ」「ネバーランド」「チャーリーとチョコレート工場」を観てしまっていた。別にジョニー・デップ目当てというわけでもないのに。
不思議な役者さんですね、演じる役柄で印象が全然違う。
私の中でジョニーと言えば、むしろ「ジョニー大倉」「ジョニーの子守唄」「男前豆腐  風に吹かれて豆腐屋ジョニー」などが頭に浮かんでしまう……ジョニー・デップファンの方々失礼しました。

2007年5月28日 (月)

帰還しました

両親ともに無事帰還しました。
2日目の夜、父が少し体調が悪いなんて言い出してヒヤヒヤしましたが、復帰。元気に戻りました……いやぁ、父も母も元気なんですけど、ちょっと疲れたりすると体調が不安定になるみたいで、本当に心配しました。父の方がすぐに顔に出るから、ある意味母の方がこの後疲れでも出てしまったらどうしようと、しばらくは心配です。
とは言え、まずは何事も無く帰れて良かったです。
当初予定していたスケジュールを、変更したり、変更を余儀なくされたりしましたが、結果的に良い方へ転んだので想い出深い旅になりました。最後まで迷ってい八方尾根自然研究路へ行くかどうかですが、今朝の時点で山に濃い霧がかかっていたこともあり断念していました。ところが父が山の上まで行きたい、と言い出したので、天気悪いけど行くか! と思い切って行ったのが良かったのか、天気が途中から晴れまして(……というかこれにもちょっとした『あるワケ』が絡んでいる)、素晴らしい景観を眺める事になりました。
父は若い頃、自分が歩いた山にまた来る事ができて感激していました。もうとても研究路を歩けるだけの体力はありませんが、それでもゴンドラで1800メートル以上の山の上まで登る事ができて嬉しかったようです。そして私は去年眺める事ができなかった景色を目の当たりにし、また必ずトレッキングに来るぞ!と決意を新たにしたのでした。
また報告は改めて。
今日の白馬の美しい山々(白馬村を後にして善光寺へ向かうにあたり、山並みを振り返るように撮影)をご覧ください。
では、おやすみなさいませ。
070529shiroumalast

白馬村にいます

白馬村にいます
携帯電話から更新してます。
今長野県白馬村にいます。今日帰ります。両親との旅行です。久しぶりに寝まくってました。
昨日はジャンプ台に登ったりしました。
無事に家に帰り着くまでが旅行なんで、注意深く行きます〜。

2007年5月26日 (土)

浦沢直樹さん

ガー!眠れないぃ!!
なんか体調おかしい……本当に。明日から両親と一緒に小旅行に出かけるのに、こんなので無事に帰ってこられるのでしょうか。

会社から帰って、テレビ点けたらBSで竹中直人 P.S.45が放送されていた。ゲストは浦沢直樹さん。大好きな漫画家さんです……でも最近漫画自体全然読んでいないけど。
私が多分中学生くらいのころ。兄が読みおえた雑誌が置いてあった。その雑誌に単発で掲載されていたのが「
パイナップルARMY」。あまりにも面白くて、そのページをカッターで切って本棚に並べた。高校生になって本屋をフラフラしていたら、「パイナップルARMY」が単行本になっていた。単発だった話が連載に変わっていたのを全く知らなかったのだ。
私の家は小さい頃、漫画禁止令のおふれが出ていた。私が初めて漫画を買ったのは小学5年の時。親に隠れてこっそり買って来た。美内すずえ「妖鬼妃伝」(このリンク先の表紙は、私がかったコミックとは違ってますな)。周りの友達はコミックス大好きな人ばかりだったけど、家がそんなだから、もともと漫画雑誌を買う習慣もなかったので、家には漫画はほとんどありませんでした。成長してからも、本当に好きな漫画が単行本になってから買い集めるので、本棚には漫画はほとんどありません。買った漫画単行本は「パイナップルARMY」「MASTER キートン」「MONSTER」(浦沢直樹)、「あさきゆめみし」「フスマランド4.5」(大和和紀)、「動物のお医者さん」(佐々木倫子)、そして「妖鬼妃伝」(美内すずえ)……だけ。少ない……。
本題からそれましたが、浦沢直樹さんのストーリーも絵も好きで、特にスポーツ漫画以外の路線が好きでした(Happy!とかYAWARA!とかはあまり好きではない)。どんな人かな〜と思っていたら、少し前にNHKの番組に出ていて、初めて『こんな人なのか〜』と思ってみていました。
そして今夜、またテレビに出ていたのですが、今日はNHKに出ていたときよりも、ずっと楽しそうにしていて、もっと素の部分が出ていて、こちらも楽しく観る事ができました。音楽の趣味もあるようで、ギターを弾いて歌っていました。「20世紀少年」の主人公が歌っている歌だそうです。実際に曲も浦沢さんが作って、ちゃんと曲になっていました。
浦沢さんは画面で見ると本当に『隣のお兄さん』て感じの人で、漫画の大きな賞を何度も受けたり『1億冊を売った男』なんて言われるような感じにはとても見えないのですが、時々、視線が射抜くような、ずっと先、現実ではない世界を見通せるようなまなざしと言うか、そんな目をしている人だなあ、と思いました。柔らかく、繊細で、頭が良さそうで、ガサツそうだけどすごく繊細……って感じです。そして忘れちゃいけない……なんとなく色気のようなものもある、漫画家にしておくにはもったいない感じの人です。モテそうだなぁ。
「MONSTER」(途中で読むのを挫折した)以降は浦沢作品はもとより、ほとんど漫画を買う事も無くなりましたが、今日テレビを観ていて「20世紀少年」や「PULTO」が読みたくなりました。

あ、もう寝ないとだめだ〜。明日新幹線乗り遅れたら大変。
ってわけで寝ます〜。

2007年5月24日 (木)

光市母子殺害事件

「被害者も回復する時間が必要なんです」
数年前、愛する奥様とお嬢さんを奪われた本村洋さんが涙ながらに言った言葉。
今日、光市母子殺害事件についてのニュースを観て、憤りを通り越した喪失感を感じるとともに、人が人を裁くことの難しさを突きつけられた気がしました。
私が被害者やその家族の立場なら、間違いなく極刑を望むでしょうし、この事件の被告人にもそれがふさわしいと思う自分がいます。でも一方で、たとえ極刑となっても、この被告人は一体自分の罪がどれほどのものか自覚するのだろうか……と思ってしまうのです。その自覚が無ければ「死を持って償う」とは言えないのではないでしょうか。極刑とはなんでしょうか? 罪を償うための極刑も、被告人がその罪を意識しなければ何の意味があるのでしょうか?
………次から次へと疑問が湧いてきて答えに近づく事もできません。

人の心は深く、底がありません。肉体には限りがありますが意識には限りが無いのです。誰の心にも悪意と善意が存在します。その境目は? 小さな悪意があふれている昨今、あまりにも悪意に触れてしまったときは、それに自分が毒されてしまってやいないかと怖くなります。
殺人者と呼ばれる人にも、赤ちゃんの時があって、無垢な微笑みを浮かべていた時代が必ずあったのに。
どうしてそうなるのでしょうか?
最近では福島の母親殺人のニュースを聞くたびに、気分が悪くなるほどの嫌悪感を抱きます。それでいて目が離せません。
自分を産み育ててくれた母親を殺し、首を切断し、自分を優しく抱きしめて守ってくれたその腕を切断し、塗料で白く塗る……想像を絶するほどの凄惨な光景です。憎しみが増大してそれほどの行為を行ったというのではなく、ただ人を殺してみたかった、殺すのは誰でも良かったなんて。

誰の心にだって、私の中にだって、狂気や悪意がある。
人間の心の最も汚れた暗い淵を覗き込んでしまうような嫌な事件。
そんな事件がたくさん起こる難しい世の中に、私達は暮らしていているのですね。
明日は自分が、家族が巻き込まれるかもしれません。
怖くなります。
だからこそ考えなければならないのかもしれません。
試されているのかもしれません。

2007年5月23日 (水)

Take care of my ONAKA!!

腹痛がひどい。
もともと便秘と下痢を繰り返す体質なもんで、調子のいいときの方が少ないんですけど、ここ数日はひどい。特に夕方以降の方がひどくて、会社帰りの電車で、どうにもお腹が痛くなり、途中下車……ぶらり途中下車の旅(泣)。
「お〜やおや、更紗さん、こんなところで途中下車ですか〜?」
というナレーションが聞こえてきそうです……。お腹痛いんですってば!

それと、熟睡出来ていないらしく、突然眠気に襲われることがしばしば。そのくせ眠ろうと布団に入ると眠れなかったり……どうしたんでしょうか?
季節の変わり目はどうしても体調を崩しやすいし、もともと体が丈夫な方ではないので(頑丈そうにみえるけど)、あまり思い悩まずに、低空飛行でも墜落しないで毎日過ごして行こうと思っています。

……ぼやき、その2ですけど、今月はすごくお金が出ます。自動車税、固定資産税など。先月、マンションローンの前倒し返済を初めてしました。貯金残高一気に減ったよ……。ホントはひと月の返済額を減らす方式にしようと思ったけど、思ったより額がへらないので、結局返済期間が短くなる方を取りました。なけなしの貯金をはたいて、6年強短くなりました! 35年から29年に短縮。これからまたコツコツと返して行きたいです。もうこの年になって、野望もないし、「IT企業社長の白馬の王子様がやってくる」とか「宝くじが大当たりじゃー!」などという夢もみることもなくなりましたので、地道に働いて返して行く所存でござりまする……と思っていたら、マンションの管理組合から、このまま行くと数年後、修繕費が足りなくなるかもしれない!などというチラシがポストに。が〜ん、へこむよな、こういうのって……とほほ。

2007年5月22日 (火)

恋を題材とする映画作品を、昨日、一昨日とBSで放送されていたので観ました。
春の雪」と「ラヴェンダーの咲く庭で」。
作品の内容はリンクを張っているので参考にしていただきたいと思います。ネタバレありのページなので、結末を知りたくない方は注意です。
ある側面から観ればどちらも禁断の恋を描いていると思いますが、全く質が違います。「春の雪」は原作の方が良いのでしょうか。評価を読んでも極端に割れていますが、私も妻夫木君演じる主人公の『ダメ男っぷり』ばかりが目についてしまって、かなりイライラしつつ鑑賞しました。それでも心に落ちるものもあったりして、悪い作品ではないと思います。若い恋愛ってこういうものなのでしょうか? それとも障壁が高いほど、恋は暴走するものなのでしょうか? 結ばれない恋は悲しいと思いつつ、結ばれてしまったらこれほど美しかった想い出は、きっと、色あせてしまい最後は同じような悲劇になるのではないかと、そんな風に思ってしまう私。こんな解釈をしてしまう自分が少し哀れで、そして大人に感じる…そんな作品。
全く異質な作品ですがなぜか「ジョゼと虎と魚たち」を思い出してしまいました。
主人公の青年が「青い」、相手の女性がどんどんと人間的に成熟して行くという点では共通しているかもしれません。
「ラヴェンダーの咲く庭で」という作品は、全く聞いた事の無い作品だったので、予備知識無し。『チャンネル合わせたらやってたから観た』程度の巡り合わせでしたが、心にジンとくる良い作品でした。初老の女性が若い青年に恋心を抱く…こう読むとちょっと気持ち悪く感じるかもしれませんが、時代背景を考えると、この主人公の女性は年頃の頃に戦争があって、恋愛をすることもなく人生の終盤にさしかかっている事を思えば、観ている方も胸の奥が締まるように痛くなる作品です。とにかく初老の姉妹を演じる2大女優、ジュディ・デンチとマギー・スミスが素晴らしい。
誰だって人生に、思い返すだけで胸が痛くなったり、苦しくなったり、幸せな気分になったりする恋をした経験があるはず……。そしていくつになっても、感動したり、切なくなったり、熱くなったりできる自由な心を失わないでいたいもんだ、と思った作品でした。
あなたは、そんな恋をした事がありますか?

「ラヴェンダーの咲く庭で」はこちらのページもなかなか良いです(ネタバレ注意)。

2007年5月21日 (月)

むはーッ! 眠れない!!

ちょっとウツラウツラしたあと、なぜか目覚めてしまい、以降眠れません……。
明日は月曜だから仕事忙しいに決まってるのに…シクシク。

毛穴パックの結果ですが、なんかイマイチ取れませんでした。
しっかり皮膚に密着出来なかったのが敗因と思われます。その証拠に、シートの一部はゴソッと角栓が張り付いていたからです。そして、自宅にオロナイン軟膏も発見したので、次回またチャレンジしたいと思います。

眠りたい……。でも眠れない……。
えいご漬けでもやるかな。さっきこれやっててウツラウツラしてしまったのだから。

2007年5月19日 (土)

毛穴パック

普通のパックは時々するけど、毛穴パックって久しくしていなかったので、今貼付けたまま更新しています。
ネットで検索したら、こんな方法でごっそり取れました! というのが紹介されていたので自分なりに取り入れてみました。
1.パックする前に、貼付ける場所にオロナイン軟膏を白く見えるくらい厚めに塗って10分程度放置。白かったのが透明になったら水で優しく流す。この時に石けんを使ってはダメ。
2.顔を濡らして毛穴パックを貼る。
3.ぱりぱりに乾いたらはがす。
4.ごっそり取れる。
ほんとか〜? と思ったけど、今毛穴パックを張って乾かしている最中。「小鼻の脇も綺麗に取れるように鼻の穴にティッシュを詰める」という記載もあったが、私の鼻の形だと詰めると逆にパックが綺麗に貼れないようなのでやめました…第一苦しいし。
……状況を想像しないでくだされ。
ウチにはオロナイン軟膏が無いので、他の皮膚保湿してくれそうなクリームを厚めに塗りました。要は角栓が柔らかくすっぽ抜けるようにすれば良いという事だろうと考えたからです。
パリパリに乾くまで結構時間かかりそうです。
さて、結果は……。
後で更新します。ちょいと忙しいのでまた。

2007年5月17日 (木)

バカばっかり…

これでも女の端くれなので、ホルモンバランスに振り回される事が多いのです。PMSってやつです。精神が安定しているのは「本」に書いてある通り1週間くらいだなあと感じます。鬱になったり、不安になったり、妙にハイになったり…さもなければ、お腹が重かったり腰が痛かったり。
で、このところ、やや鬱傾向なんですけど、ニュース観ればおかしなニュースばっかりだし、バラエティ見ても笑えないし,ますますテレビ点けなくなってます。で、考えるのは「山でも登りたいわ〜」とか、「沢のながれるほとりにいって、水を眺めたい」とかそんなことばかり。
久々にテレビ点けたら、なんかまた拳銃持って立てこもりですか。赤ちゃんをバイクのヘルメット入れるところに詰めたとか、赤ちゃんポストに3歳児を入れたとか(赤ちゃんか?)、ステーキ屋の店長が閉店間際に店に来た女性客を脅して乱暴したとか、母親を殺して首きったとか、ろくでもない話ばっかりで嫌になる。
みなさん何様のつもりですかね? なぜ自分から不幸になるような事、最も愛すべき人を不幸にするような事をするんでしょうか? そこに至るまでに、大変な事情もあったかもしれない、でも、なんとか食べられて、寝る場所があって、明日も仕事ができる体力があって…至極当たり前の事だけど、幸せな事でしょう。事件起こして、刑務所いく方がずっと不幸でしょ。世間を驚かせるようなデッカイ事しでかすのも結構ですが、ほどほどのところでやめておきましょうよ。程度ってものがあるでしょうが。
人間には自分の他に2人はそっくりな人間がいるっていうよね。ときどき私の他に似ている人が、もし戦争が延々と続く国に産まれて生きていたりしたら、ちょっと悲しいなあと思うのです。前世とか来世とか輪廻転生もあり得ると思っている。そして自分の分身が同時にこの世界に存在して、平行して違う人生を歩いているかもしれないとも感じています。自分の分身が今の自分より幸せでいて欲しいと思うと同時に、もし自分の分身が不幸だとしたら、その分身よりも充実して生きていたいなあと思っているんです。いつか魂がひとつになった時に、ちょっとでも幸せになれるようにって。ロマンチックでしょ(笑)。
そんなご大層な事を言うつもりはないけれどさ、せっかく平和な国に産まれる事ができたんです。これだけでもラッキー! その幸運を自分の手で無くすなんてもったいないよ。もっとまともに、フツーに生きて行きましょうよ。
ああ、取り留めなく書いたから、ちょっとすっきりしたな。プチ鬱も少し上向きになったかも(笑)。なんにせよ、他の命を安易におびやかしたり奪ったりするのは、ダメなことだとおもうんです。だけどこれ読んで不快な気持ちになった人がいたらごめんなさい……書き手が生み出した文章は、すぐに私の手を離れて届いた人の心に響いてしまうので、先にお詫びもしておきます。でも真摯な気持ちで書いているんだよ、ほんとに。

2007年5月16日 (水)

アナグマのおかげ(キャンプ報告・2)

すっかり間が開きましたがキャンプ報告その2。

キャンプ2日目(4月29日)。午後になり、かねてから試してみたかったパン作りにとりかかる事にしました。レシピは今習いに行っているブレッド教室のものを参考に、材料を計量して持ってきました。ダッチオーブンで二次発酵させて焼くので、バターロールのように個別に形成するようなパンは無理。6分割にした生地を小さなダッチオーブンの中に丸く並べ、焼き上がると王冠のような形になるようにしました(画像がまだ用意出来ないので、後日アップします)。
以前お友達から頂いた、大きめのパーフェクトペストリーボードを持って行ったので、その上で生地をこね上げました。沢の音を聞きながら木立の下でパン生地こねるって、かなりいい気分でしたよ。またやりたいなあ。ただし、お湯を沸かして冷ましておくのを忘れてしまい、仕方がないのでポットに入っていた紅茶を使って生地をこねたので、少し茶色い生地になってしまいました。味には影響なかったけど。一次発酵の段階で思ったようには簡単に膨らみませんでしたが、二次発酵はダッチオーブンの中に並べて炭火のそばに置いたので、思っていたよりも簡単に膨らんでくれました。そして焼き上げ。これまたオーブンのようにガラス越しで焼き加減をチェック出来ないのが難しいところですね。結果からいうと、底が焦げてしまい、表面の焼きは軽いもので仕上がりました。ダッチオーブンのフタにもっと炭を置いて上火を強くして焼き上げるべきでした。難しい。でも素朴な味がしておいしかったです。キャンプにパーフェクトペストリーボードを持って行って、パンをこね上げて焼くのがずっと夢だったので、ひとつ叶えられて嬉しかったです。
さて、日も落ちてそろそろ夕食。カレーもあるし、まだ鶏肉もたくさんあるけど、もう少しさっぱりしたものも食べたいね、ということになり、キャンプ場に来る途中で調達して来た「わさび菜」という野菜でサラダを作る事にしました。おひたしにでもしようかと思っていたのですが、柔らかい葉ですし、わさびの香りとほんのり辛みもあり、湯がいてしまうよりおいしいと思ったからです。水洗いして、やはり一緒に調達して来たトマトを細かく切り、オリーブオイルと塩こしょうをして和えました。本当は少しお酢も入れたかったけど無かったので我慢です。トマトの酸味だけでしたがとても優しい味に仕上がって、カレーやBBQの合間に食べるのにちょうど良かったです。翌日の最終日もデイキャンプとして場所を日中の間は確保
していたので「明日は、ベーコンで目玉焼きしようかなあ」なんて考えながら寝袋に潜り込みました。
1日目の夜とは違って2日目の夜は全く寒くなく「これならぐっすり眠れるなあ」と思っていたのですが、甘かった。
ようやく眠りが深くなったころ、外でガタガタと音がしました。起きてテントの窓を開けると何もいません。しかし、ホワイトガソリンの空き缶が転がっていました。動物が来たようです。昨年も同じキャンプ場の同じサイトに寝泊まりしたんですけど、そのときも朝起きたらゴミ袋をめちゃめちゃに破られていたので、動物が来る事は予想していました。しかし去年は、スモークした食べ物や、重い鍋に入っているものは一切手を付けていなかったので、生ゴミは小さいテントに入れて寝ていたのです。「来たな」と思い、それでもスモークは手を付けていなかったので、そのときはそのまま寝ました。
ウトウトとしたころ、またガタンという大きな音が。あわてて窓を開け、ライトをつけて外を見回すと……そこには中型犬ほどの顔が小さくて細長い生き物がいるのです。
『わっ!』と声が出そうになりましたが、他のキャンパーもいるのでグッとこらえました。目が白く光っていましたが、こちらを見ても逃げようともしません。狸にしては顔が小さいし、イタチにしては顔が長いと思いましたが、どっちかと言えばイタチ?という感じ。全然動かないイタチ?君ですが、声を出していいものやら考えつつ、しかし早く追い払わなければ!と慌てて、
「う〜ッ、うッ!うッ!」
とかこっちがケダモノかよッ!といううめき声を上げてライトを振ってみたら、イタチ?君は退散しました。あ〜、びっくりした。スモーカーをチェックして、また寝直す私。ホッカイダーネオはその度に「どうしたっ?」とは言うものの、すぐにまた寝入っていたので、逆に私は安心してまた寝直す事に……。
しか〜し、2度あることは3度ある。またまたまた、外でガタガタガタ!と大きな音が。飛び起きて見てみると今度は大変な事に。カレーをたくさん入れてあったダッチオーブンがひっくり返っていて、さらに2つあるスモーカーもひっくり返り、さらにさらに、2週間前から仕込んでおいたベーコンが丸々強奪されてしまったのです! ガ〜ン!これにはショックでした。既に外は薄明るくなっていたので、周辺を探してみましたがありませんでした。
ダッチオーブンは私でさえ重いと感じるほどなのに、ひっくり返すなんて。しかもスモークした肉は香りがついてしまっているので、動物にとっては興味は無いだろうと思っていたのが丸ごと盗られるなんて。スモーク類は去年は全く手を付けられなかったので甘く見ていたのがいけなかった……。
楽しみにしていた手作りベーコンは全然食べる事ができませんでした。
おかげで今回はスモーク類はあまり作れませんでしたが、ゆで卵のスモークとサーモンのスモークはとてもとてもとてもおいしかったです。
最終日。テントを片付けつつ、ダラダラとBBQをしたりして、帰る直前にまたお風呂に入って帰路に着きました。東名高速は少々混みましたが、思っていたよりも早く帰宅する事ができました。
でもイタチ?君のおかげで眠れなかったせいで、私は帰って来てから体調がおかしくなり、ご存知の通り復帰に時間を要する事になりました……とほほ。

戻って来てから、スモークサーモンの残りを使って、自宅でホワイトソースパスタのスモークサーモン和えを作りましたが、これまたとてもおいしかったです。
間に合わせでホワイトソースを自分でつくりましたけど、結構いけました。フライパンに、ニンニクをスライスしてオリーブオイルで熱し、香りが出たところで、生クリームと白ワイン、市販のコンソメの元(顆粒)を入れて煮詰めて、最後に卵も落としてとろ火にかけたりおろしたりしながらとろみを出しました。そこにスモークサーモンを和えたんです。簡単でしょ。でもおいしかったです。
これだからキャンプ行ってスモークするのが楽しみになるんだよね。

なお、イタチ?君は、戻ってからネットでしらべたら「アナグマ」でした。
東丹沢には結構多くのアナグマが生息していて、人を見てもあまり驚かないようです。アナグマといえど、イタチ科なので、イタチ!と思ったのはあながち間違いではなかったようです。
あぁ、またキャンプ行きたいな。
次はどこに行こうかな〜。

2007年5月13日 (日)

お腹が痛くて……

金曜の深夜、次の日休みという気楽な気分でパソコンに向かっておりました。
何となくお腹が痛くて、トイレに立って用を足した後、激しい腹痛に襲われまして、今回はキツかった……と、「今回」なんていうのは、数年に一度くらいこんな症状に遭遇しているのです。本人としてはその時つらくて「死ぬかもしれん」と思ってもどこかで状況の顛末がわかっていて、対処の方法を知っているので、やばいどうしようと思いつつも、どこかで落ち着いて対処はしていました。あんまり良い話でもないので詳細は割愛しますが、簡単に言えば激しい腹痛によって気が遠くなるんです。高校生の時に初めてこの症状に遭遇、それからずっとなかったんですが、大人になってから時々なります。最初の頃は本当に記憶がなくなって、完全に倒れてしまい時間の経過もわからないほどでしたが、最近はお腹がすごくすごく痛くなってくると『これはイカン……』とわかるようになったので、気を失う前に身の回りの始末をつけて早めに頭を下げたり、床に寝転んでしまうようにします。腸の異常運動に伴う脳貧血(だろうとおもう)ですので、とにかく頭に血液が行くように体を横にするというのと、転倒しての怪我を防ぐためです。これで顔に擦り傷つけるような状況になる事はなくなりました。この症状、こんなにひどくても治まるとケロリと良くなるんです。ただし貧血の時間が長いと回復も遅くて、症状が治まった後に1時間ぐらい深く眠らずにはいられない状況になります。金曜深夜になったときは、今までとはちょっと違って、貧血回復まではそれほどではなかったけど、その後もずっと長く激しい腹痛が続いた事です。意識もハッキリしていたし、自分ではそれほど大事ないと感じてはいたけど、とにかくお腹が痛くて冷や汗が出て「やばいなあ…」とつぶやいていました。それでも20分程度だと思います、じ〜っとしていたら治って来て、そのまま回復。その後は普段の状況に戻れました。
この症状、付き合いが深い友人などに話すと時々ですけど同じ症状を経験している人がいます。いろいろ調べてみたけど、多分「急性腸炎」「過敏性大腸炎」だと思います。
一昨年入院していた時には、手術後一般病棟に戻った深夜、腹痛と関係なく、足が痛いのに点滴台にすがって(ギイギイ言うポンコツ車いすだったから)トイレに歩いて行き「貧血」で倒れ、看護師の方々にベッドに戻された後から激しくお腹が痛くなった事がありました。腸って敏感なんですね。
こんな状況はよろしくないので、近々にちゃんと検査を受けようと決心しました。大抵は家でなっているからいいけど、もし出先でなったら大変だし、なにより大腸がんにかかった上司が、「自分も学生時代から同じ症状で数年に一度倒れていたけど、偶然見つかった大腸がんを手術した後はこの症状が治った」なんて言うのです……確かに大腸疾患が原因でなっているとして、その疾患が大腸がんなら、取れば治ったということでわかりやすいんだけど…がんは嫌よ。

もうひとつ、ひっくり返りながら私が考えていた事は、翌日の土曜に友人のライブに行く事になっていたから。「ううう〜、行かれなかったらごめんよ」とかつぶやいているだけ余裕があったのですな(笑)。
実際ケロリと治って、土曜の夕方からライブに行って参りました。
ゴスペルライブ。
140名という大所帯で催されたライブは、もの凄い迫力でした! 人間の生の声ってすごいね。そして舞台の上で活き活きを歌うMちゃん! いいなあ〜と思いました。音楽・歌にかける情熱や楽しむ心に精製された言霊のパワーをそのまま贈られたようで、とても元気になり帰ってきました! 良かったよ〜。
さあ、また明日からお仕事。ストレスためないよう、でも一生懸命、時には息をぬきながら次のお休みを目指そうと思う(結局休みを目指す私)。

2007年5月11日 (金)

買ってしまった

衝動的にNintendoDS Lightを。とはいえ前から欲しいと探してたけど、在庫なかったから買えなかった。これで脳ドリルと英語漬けができる。
脳年齢にストップだ。若返らなくともまずは現状維持。多くは望まない…小さな事からコツコツと〜!
(またまた携帯電話より更新)

2007年5月10日 (木)

木曜日はつらい

おはようございます。体調は大分回復して来ましたが、時々凄い耳鳴りというか、耳の奥でキーンという音が鳴り続き不快です。昨日の出勤途中、耳鳴りと気分が悪くなり、途中下車して暫く休みました。遅刻。
今朝は大丈夫です。
疲れ?ストレス?
昨日は帰りに、このブログにも訪問してくださるエイブさんと食事しました。
恵比寿のソルティ・モードで!
愛しのソルティ・モードでエイブさんとの久々の再会を果たすなんて二重の喜びでした。さらにマスターが私の事覚えていてくれて、感激2割3割5割増しのポイント還元!
エイブさんと屈託のない会話をし、美味しい食事をいただき、ストレスは発散したかな。そしてまたの再会と共通の友人も交えてのオフ会再会も約束し解散した夜でした。エイブさんありがとうございました。
今週もあと2日。乗り切るぞ。
(携帯電話より更新)

2007年5月 8日 (火)

疲労回復にタラコご飯

朝っぱらからタラコの炊き込みご飯を作った。タラコのエキスがご飯に染みて、身体にいいらしい。明太子だとすでに明太子までの過程で、そのエキスが流れてしまうらしい。
お米にお酒、お醤油、だし用の昆布、生タラコを入れて炊くだけ。分量は適当(笑)。調味料の分量だけ、水はへらした。少し味見したけど美味しい〜!
お弁当に詰めたから、お昼が楽しみ。
(携帯電話からの更新)

2007年5月 7日 (月)

リハビリにはちとキツかったかな

キャンプ報告を書こうと思っていましたが、さすがに仕事が忙しく気力が失せております。忙しいといえど、自分自身としては想定内です。本数だけはジャンジャンなったけど、自分が対応した内容はそんなに大変なものはなかったから。しかしずっと自堕落な生活していましたので、仕事モードに切り替わるまで二呼吸くらい必要でした(笑)。
久々の満員電車に乗ったら、中吊り広告に「40代は女の自立どき」なんていう見出しが目に飛び込んできました。心の中でこの見出し見てブーブー言っていたけど、詳細書くのはやめておきます。何もかもまだ半人前な自分が露になってしまいそうだから。
……というわけでキャンプ報告はまた今度。
今日はもう休みます。明日は会議で遅いし。
では皆様、お休みなさいませ。

2007年5月 6日 (日)

アナグマのおかげ(キャンプ報告・1)

「オリゴのおかげ」という商品がありましたが、わたくし、今回アナグマのおかげですっかり体調が崩壊しました。ぐったり。いまだ完全ではありませんが、この4連休、PCの電源を入れる事もしたくないほどに体調不良でした。とはいえ他にやることもあったのでずっと寝込んでいたわけでもありませんが。
明日から仕事です。もう完全に元気になった事にしておきましょう。

で、画像はまだアップ出来ませんが、簡単にキャンプ報告。

今回行った東丹沢のとあるキャンプ場は去年の秋にも利用した場所で、予約を早めに入れて、サイトも指定して今回利用しました。沢に近くて緑も深くて好きなキャンプ場です。今回の目的もスモークがメイン。このために私は2週間前からブタのバラ肉を塩に漬け込んで、塩抜きして、天火に干して(このときもバルコニーに鳥が来て強奪されたらどうしよう…とかなり不安だった)、準備万端で出かけました。それと現地でパンを焼いてみようとその準備もして出かけたのでした。

1日目。午後3時から雨が降って荒れるという天気予報でしたが、出発するとき晴れていて、きっと降らないと念じながら出かけました。渋滞するのは諦めていたのですが、全く道路は混まず、自宅から2時間でキャンプ場に到着。途中キャンプ場近くのスーパーで食材を買い足したのにこの時間内でついてしまいました。(このスーパーが、また充実していて、安いし、生きたカニまで売っていたので追加購入。)
お決まりのテント 大小2張りを立てて、中にエアベッドを入れて空気を電気ポンプでいれ、テーブル出して炭に火を入れようとした頃に雲行きが危うくなり、本当に予報通り雨が降り始めました。炭をしまって、雨が降っては何もできないので、一眠りしましょうという事で寝袋に潜り込んだら、すごい雷とともに強い雨が降ってきました。地面がビリビリ言うくらいでちょっと怖かったです。それでも1時間程度で降り止んだのですが、外に出てみると、それまでキャンプ場に数組いた人たちはデイキャンプだったため皆撤収していました。その残り火を頂いて炭に火を入れて、日も早めに落ちそうだったのでランタンを灯してお決まりのBBQ & スモーク開始。さらに途中のスーパーで買ったカニを使って、カニのみそ汁を作りました。まだカニさんは生きていたのですが、まっぷたつに割り熱湯の中へ(ヒー! 熱そう)。そこにやはり買って来た舞茸とネギと味噌を入れて出来上がり。あったまるし、カニと舞茸のダシですごくおいしい! カニも堪能したし、鶏肉なども炭火で焼いてたらふく食べた頃、肉を買いすぎてしまい(毎回買い過ぎている……)、明らかに余るであろう肉の山をみて、結局早めにカレーを作る事にしました。ベースはカニのみそ汁。そこに肉やら野菜やらを投入し、ひたすら煮込むだけ。味見をしたけどみその味は全くせず、これまたいいお味。明日また食べましょうという事になりました。
気温がどんどんと下がり寒くなって来たので、お酒を少し多めに飲んだら眠くなってもきたので、私は先に眠る事にしました。夜、トイレに行きたくなって目が覚めましたが、あまりの寒さにトイレに行くのに躊躇するほど。夕方降った雨のせいで、気温はかなり冷え込んでいるようでした。真冬のように息が真っ白。どうにか朝まで我慢してしまいたいと思いましたが、到底無理なので意を決して外に出ました。もう、キンキンに冷えてましたね。しかしトイレに行った後の方がグッスリと眠れました(笑)。
私の寝袋は、10年以上前に大枚はたいて買った羽毛のマミー型寝袋で、氷点下にも耐えられるものです。通常なら「たらこキューピー」のように顔を出して眠りますが、寒くて耐えられないので頭まですっぽりかぶって寝ました。一緒に行ったホッカイダーネオも同様にミイラのようにスッポリ寝袋に入って寝てました(笑)。ネオの寝袋は8度程度までのものだから、かなり寒かったと思いますが、今回初めて投入した「エアベッド」の威力は大したもので、地面からの冷気を遮ってくれたから耐えられたのだと思います。私のテントは完全夏用でかなり風通しが良いから、ことさら寒かったし……。
2日目は良く晴れて、朝からとっておきの「タスマニアビーフステーキ」(AEONで購入)を焼いて食らう私たち。前のキャンプで「肉のハ○マサ」でかったステーキが今ひとつだったので、牛肉はちょっと値段の張る肉にしようと買ったのですが、柔らかくてとってもおいしかったです。
天気はどんどん良くなって、新緑の緑はますます深さをましてきて、沢の水はとても綺麗で、来て良かったな〜と何度かつぶやいていました。空の下で食べる食事は本当に格別ですね。
前夜作っておいたカレーをさらに煮込みつつ、ごはんを焚く事にしました。米を給水させる間、近くのハイキングコースへ。ヤマビル注意の看板は確かにかかっていたし、前日雨が降って、翌日は気温が急上昇という絶好のヤマビル出没条件が整っていましたが、結局は被害にあうことも、虫に刺される事すらありませんでした。30分強の短いコースでしたが、ほとんどが急な階段という事もあり結構疲れました。戻ってごはんをドラゴンフライで炊き上げてカレーを食べて、さらに具材を追加投入してカレーを煮込みました。おいしかった〜。
ほど良い運動と、おいしい食事、そして時々寝袋にくるまってウトウト……贅沢な時間です。他のキャンパー達のBBQが佳境に入った頃にキャンプ場内にある風呂に入りにでかけ、誰もいない大きな浴室を占領してリフレッシュ。湯船近くにある窓を細く開けて、外の風を入れてゆっくりあたたまります。遠くで楽しげな声を聞きながらのお風呂はまた格別です。
お風呂から上がって時計を見るともう2時半。時々炭火の調子を見たりしながら、かねてからやってみたかった「キャンプでパンを焼く」に挑戦する事にしました。

……というわけでこんな感じのキャンプなんですけど、でも今日は疲れたので、この続きは次回に。
明日から仕事かぁ。

2007年5月 1日 (火)

出勤途中

キャンプから無事(?)帰還しました。
寝不足で風邪引いた模様。遊んで来たのに恥ずかしい。これには深い訳が…イタチ(たぶん)との対決(大げさ!)、急な雨と気温低下などが重なりまして…ただ緑は美しかったです。
詳細は改めて。
(携帯電話からの更新)

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

はてなブックマーク

  • はてなブックマーク
    このエントリーをはてなブックマークに追加

KAN's Music

Message

  • 当サイトの内容にそぐわないコメントなどは予告無く削除いたします。文章・画像・動画の転載・複写は認めていません。必要な方はコメント欄にてご連絡ください。 また気に入ったアイテムをご紹介した際、アフィリエイトリンクを利用している事があります。ご了承ください。気になる方は別のリンクからアクセスしてくださいね。

婦人画報のおかいもの

  • 祝! 6周年
    婦人画報のおかいもの

MomaStore

  • 母の日にアートな贈り物を
    MoMA STORE

私の好きな場所

  • 大坪家の書庫
    大坪五郎さんのインテリジェンス溢れる面白い感覚が素敵です。全国の珍スポットをルポする「巡り巡って」は大好き! 「映画評」「私のMacintosh」もいつも読んで参考にしています。
  • ハッピーマニア
    翻訳家を目指すbolero74さんのブログ。英語の勉強についての内容はもちろん、日々の出来事を綴っていらっしゃいます。同居している彼氏とのやり取りがほのぼのしていて、私は大好きです。
  • 日々是好日−つれづれよっぽブログ
    様々な話題を丁寧に綴る「よっぽ」さんのブログ。真摯に、誠実に、毎日を過ごしているよっぽさんの人柄が滲み出ているような文章に、気づかされたり勇気づけられたり…。肉体にとって「マイナス」と言われることも、心を磨くことについては「プラス」になるのではないか、と感じさせてくれるのです。
  • 猫ヤパ
    猫ヤパさんが送る「猫ヤパ THE CAT FILES」がブログになって帰ってきました。 大好きなニャンコ達のお話や、おウチ新築のお話、PCやガーデニングなど猫ヤパさんとニャンコ達の日常のクスクスが詰まったブログ!!

ブクログの本棚

  • 読んだら登録。時々レビュー。

ドライブのページ

  • ドライブの記憶
    クルマのSNS「みんカラ」にコソッと作っているドライブページです。昔の名前(HN)で出ています。

最近のトラックバック

はてなスター

  • はてなスターフッター
  • 各エントリタイトルにはてなスター。よろしかったらポチってみてください。
無料ブログはココログ