« 死のロード・仕事編 爆走中 | トップページ | パスタ »

2006年8月25日 (金)

不快

すごく嫌なニュースを見た。気分が悪い。
直木賞作家で「死国」などの著者 坂東眞砂子さんが、自分の飼い猫が生んだ子猫を、自宅裏にある崖から落として殺していると自身で告白したというのだ……。
ご自身で理由をつけているそうだが、理解ができない……。そういう行為をすること自体到底理解不能だし、なぜそんなことを新聞のエッセーに書く必要があるのだろうか? 世間に与える影響力が計り知れないことを理解しているのか? それとも世の中をあっと言わせようとおもったのか? その行為を正当化できるとでも考えたのだろうか?
彼女の行為は、以前猫を惨殺する光景をリアルタイムに画像でアップした男と大して変わらないだろう。私は、たいがいのことにはかなり寛容だし、物事をできるだけ多面的に理解したいと思っているので、かなり道徳から反していることでも、全部は認められなくてもほんの一部でも理解を示すタイプの人間だと思っているが、今回の彼女の行為には全く理解できない。不快な気持ちでいっぱいです。
人間は毎日生きるだけで、いろいろな命を奪っているんだと思うんです。食べ物に関しては最もわかりやすいでしょうし、当たり前のように昆虫をたたき落とすことだってその命を奪っているのです。だから、日常奪う命の他に、なんらかの命を奪っていいなんて事無いと思うんです。
ましてや自分が飼っている猫が生んだ子供を、崖の上から捨てるなんて……それをマスコミの紙面で堂々と告白するなんて。ショックです。
彼女は、『飼い猫に避妊させることだって、生まれたての猫を捨てるんだって同じ殺戮行為』としているようです。ものすごい誇大解釈だと思います。
命はどこから来るのでしょうか?
以前、ネットで知り合ったお友達が、自分のお嬢さんが片言を話すくらいになった時に聞いたそうです。「お母さんのお腹の中に来る前はどこにいたの?」と。そのお嬢さんは、まだよく話せないのに一生懸命言いました。「お母さんのお腹の中に入る前は、これもこれもこれも(と部屋にあるものや、空中を指差しながら)全部が私だった。そのたくさん散らばって広がっていた私が、お父さんとお母さんを通って、それからすーっと集まってお母さんのお腹の中にはいったんだよ」と。
魂も物質も実は全部がつながっているんじゃないかと思える言葉。大気も物も精神すらも、実はすべてが別個であり同一なのではないかと思えてきたのです。科学が進歩して、物質の世界が複雑になればなるほど、きっと私たちの心の中の複雑さも表面化して、複雑で分かりにくい関係や事件が浮き彫りになるんじゃないでしょうか。でも絶対に揺るぎのないこともあると思うし、絶対に犯してはならないこともあるのです。
坂東さんがどんな理由をつけようと、やっぱりやってはいけないことは、絶対にやってはいけない。子猫を崖から落とすことも、その行為を新聞という公に認められた紙面で発表することも、すべきではなかったと思います。本当に「死」を考えての行為なら、投げ捨てた子猫の骨を拾うことはしていると思いたい……。そうでなければ、彼女の行っている行為は、ゴミの不法投棄と何も変わらない。
捨てられた子猫が、もし坂東さんの発言を理解できたらどう思うのか? 坂東さんに飼われて、可愛い子供を連れ去られた親猫が、人間の言葉や行為を理解できたらどう思うのだろうか。
作家というクリエイティブな職業の人間なら、それくらいの想像力はなかったのか? それとも、そんな陳腐な設定を考えるのなんてばかばかしいと思うのだろうか? 不快な気持ちと同じくらい、疑問符が湧きます。
崖から落とされた子猫たちが安らかに眠って欲しい、そう願うばかりです。

« 死のロード・仕事編 爆走中 | トップページ | パスタ »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この作家の、子猫を殺めるのも社会的責任のうち、というような飛躍した論理は、全く理解に苦しみますね。
わが家には、4年前に死んだ愛猫ちゃちゃ、昨年秋まで20年半生きたナポレオンがいました。それぞれ避妊、去勢手術をしたものです。飼い猫にこうした手術をすることと、生まれた子猫を崖から…、というのは同じ行為ではなく、到底理解できる考えではないです。
余談ですけれども、更紗さんがプロフィールに掲げておられる写真のネコは、うちのナポレオンに可愛い寝姿があんまり似ていたので、懐かしく思いました。ナポレオンが死んで10月で1年になります。

よっぽさん、こんばんは。
体調はどうですか? 昨日今日、東京は結構涼しくて過ごしやすかったのですが……くれぐれも無理はなさらないでくださいね。

もう、このニュースについては、個人的には暴言吐いちゃうくらいな気分なんですけど、冷静に頭を切り替えて考えてみて……やっぱり理解不能です。
よっぽさんも猫暮らし経験者ですか。私は猫も犬も好きなんですけど、元カレが猫好きだった関係で、猫の方がなじみがありますね。プロフィールの写真も元カレの猫「かい君」です。元カレと破局した際は、実はかい君と離れるのが一番つらかったりして(笑)。別の事情で元カレは北の大地にある実家に帰ったのですが、時々、窓辺に佇んで外を眺める「かい」の姿を想像します。春はお花を、秋には落ちる枯れ葉を、冬には降り積もった雪を眺めているのかなあなんて。きっと夏の今は暑いから、日の射さない廊下に腹這いになって涼んでいるんだろうなと思います。
死が分かつとも、他の理由で離れるとも、こんなに心に愛を残してくれる生き物を、自分の手で殺めてそれを世間に公表するなんて……やっぱり理解不能です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122358/11595380

この記事へのトラックバック一覧です: 不快:

« 死のロード・仕事編 爆走中 | トップページ | パスタ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

KAN's Music

はてなブックマーク

  • はてなブックマーク
    はてなブックマーク

お知らせ表示します。感想を書き込んでいただいてもOK。

  • ミニBBS

Message

  • 当サイトの内容にそぐわないコメントなどは予告無く削除いたします。文章・画像・動画の転載・複写は認めていません。必要な方はコメント欄にてご連絡ください。 また気に入ったアイテムをご紹介した際、アフィリエイトリンクを利用している事があります。ご了承ください。気になる方は別のリンクからアクセスしてくださいね。

婦人画報のおかいもの

  • 祝! 6周年
    婦人画報のおかいもの

MomaStore

  • 母の日にアートな贈り物を
    MoMA STORE

私の好きな場所

  • 大坪家の書庫
    大坪五郎さんのインテリジェンス溢れる面白い感覚が素敵です。全国の珍スポットをルポする「巡り巡って」は大好き! 「映画評」「私のMacintosh」もいつも読んで参考にしています。
  • ハッピーマニア
    翻訳家を目指すbolero74さんのブログ。英語の勉強についての内容はもちろん、日々の出来事を綴っていらっしゃいます。同居している彼氏とのやり取りがほのぼのしていて、私は大好きです。
  • 日々是好日−つれづれよっぽブログ
    様々な話題を丁寧に綴る「よっぽ」さんのブログ。真摯に、誠実に、毎日を過ごしているよっぽさんの人柄が滲み出ているような文章に、気づかされたり勇気づけられたり…。肉体にとって「マイナス」と言われることも、心を磨くことについては「プラス」になるのではないか、と感じさせてくれるのです。
  • 猫ヤパ
    猫ヤパさんが送る「猫ヤパ THE CAT FILES」がブログになって帰ってきました。 大好きなニャンコ達のお話や、おウチ新築のお話、PCやガーデニングなど猫ヤパさんとニャンコ達の日常のクスクスが詰まったブログ!!
  • なにブロ自作PC&ジャンク隊
    長野県在住の山桜さんが送る自作PCやジャンクパーツ……そしてクロネコ 「まるちゃん」との戯れがつづられるブログ❤️

ブクログの本棚

  • 読んだら登録。時々レビュー。

ドライブのページ

  • ドライブの記憶
    クルマのSNS「みんカラ」にコソッと作っているドライブページです。昔の名前(HN)で出ています。

最近のトラックバック

はてなスター

  • はてなスターフッター
  • 各エントリタイトルにはてなスター。よろしかったらポチってみてください。
無料ブログはココログ