« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月29日 (月)

だらだらりん

結局何もしない1日で有給は消化されました。
強いて言えば、ミントとバジルを植え替えたことくらい。
それから再生OKの布団の下に敷く吸湿シートと、クローゼットに吊るしておける同じく吸湿シートの湿気サインが赤くなったので、朝から干したことくらいでしょうか。
暗くなってから近くの大型スーパーに行ったら、結局ぼんやりしながらも店内をテケテケ歩き回り、気づけば2時間が経過していました。
いいのです、昼間はうたた寝ばかりしていたのですから。自分のいびきを聞いて、「ああ、いびきかいてるよ」と思いながらもまぶたを開けない堕落した1日でした。

風邪は回復しつつありますが不完全です。今は耳が聞こえないのが一番難儀な状況ですな。

2006年5月28日 (日)

帰って参りました

先週は体調不良で、もう倒れそうになりながらも休まずなんとか会社に出勤。
心置きなく土曜に新幹線に乗り、東北地方へ。いやあ、父の友人も同じ宿に泊まっており、接待(?)しつつの旅でしたので、多少気づかれもありましたけど無事に戻れました。明日は久しぶりにお休みをもらっているので、風邪のなおりがけグダグダとやらせていただきますよ。いままで忙しくて置き去りにして来たものも処理しないと夏がきちんとやって来ない気もするし。
1日目は母と二人晴れ女パワー炸裂で、天気予報は大はずれ!良いお天気に恵まれました。しかし今日のお墓参りは前の見えないくらいの大雨でしたけど……。靴ぐちゃぐちゃになるくらい。
着いたその足でニッカウヰスキー仙台工場へも、短い時間ですが出かけてきました。ほかにも寄る所があって、見学時間には間に合わず……樽を保管している倉庫だけはかろうじて覗いてきました。高く積まれた樽は大きいものと小さいものの2種類。大樽はブラックニッカを一週間に1本ずつ空けても40年かかるくらいの大きさだそうです。ひとつ分けてくださいな。
この暗い倉の中で眠り、いつか私の手元に来るのね……フフフフ。その間、天使におすそ分けをしつつ、「天使の魔法」でますますおいしく熟成してねとしばらく倉の中でぼんやりしました。

※天使の分け前(Angel's Share):樽で貯蔵されるうちに、ウイスキーは蒸発し少しずつ量が減っていきます。その時間が長ければ長いほど熟成は増しまろやかになり、そして蒸発は進む。減った分は天使が飲んでいる……つまり天使の分け前ということです。天使というより「バッカス」って感じですよね、ウィ〜。

2006年5月25日 (木)

局所的症状へ移行

重症と言えど、なんだか峠を越えた感じが午後あたりからしてきました。
全身症状が軽減した感じ。熱が収まって来たのでしょうね(って計るの怖くてずっと計っていなかったが、相当出ていたかもしれない)。喉は相変わらず痛くて、やけどするようなジリジリとした痛みは良くなって来たけど、相当腫れまくっている感じのグリグリした痛みがまだひどいですね。
もうこうして、ずっと喉の痛みを繰り返しているからカラオケなんてずっと行っていません。大声出すとストレス解消になるのに。それから私は辛いものを食べることが「ストレス解消法」なので、喉が痛いとこれもできません。ああ、早く良くなったら、タイレストランの「ゲウチャウ」に行きたいなあ。

週末は父の実家にお墓参りに出かけます。そして父は同窓会に出席するのも目的のひとつなんです。父は80歳。当然お友達も同じ年です。当然今暮らしているところも境遇もそれぞれ。でも皆さん都合を付けて郷里にやってくるのです。毎回この同窓会が開かれると、私も案内状を作ったりと少しだけお手伝いするんですけど、お友達同士の絆の深さを感じます。いいもんですね。父の小学生時代は、もちろん戦前であり、携帯電話もFaxもない、テレビも普通の家庭にはなく、もちろんプレステやニンテンドーDSもない時代。野山で駆け回り、けんかしたり遊んだりしてきた友達です。太平洋戦争をくぐり抜け、結婚して、子供が生まれ……80歳になっても会えば顔は少年時代にお互いが戻るのでしょうね。
参加する皆さんが心から楽しめますように。

2006年5月24日 (水)

重症だそうです

女「そういえば○○君って飲むとすぐ寝ちゃうんだよね」
男「そうそう、知ってる? いろんな話」
女「知ってる知ってる。なんか夜中飲んで帰って来て玄関で寝てた話とか」
男「そうそう!」
女「気づいたら朝で、ドアが半開きで片方の足が外に出てたんだよね!」
男「そうそう! それで新聞がそっと置いてあったんだよ」
女「新聞屋さんびっくりしただろうね。届けに来たらドア半開きで、人間の片足出てんの……」
男「サスペンスドラマみたいだよ」
女「あとあと、寝ててベッドが焦げた話」
男「……!!(もう笑って声にならない)」
女「焦げ臭くて朝、目が覚めて、寝たばこでベッド焦げてるの気づいてあわてて水大量にかけて」
男「消えたと思って会社に出かけたんだよね」
女「そう! そんで帰って来たら、ちゃんと消えてなかったみたいでさ……(やっぱり笑って声にならない)」
男「(笑ってヒーヒー言いながら)スプリングだけになったマットレスが……(ヒーヒーの息だけ)」
………頼むよおもしろすぎる。我慢しきれずに、手前の駅で降りちゃったじゃん。

ある日の電車内の会話でした。
今日、また病院に行ってきました。順調にいつも通り悪化の一途。咳が出始めました。
おまけに中耳炎になっていると診断。どおりで耳が聞こえない訳だ。先生曰く「重症です」。全く気がめいる……というわけで、以前電車内で小耳に挟んだ面白い話でした。耳がよく聞こえないとこういう楽しみもない訳で……(純君風)

2006年5月23日 (火)

倒れてます

昨秋からもう何度この調子で体調を崩しているのでしょうか……
また喉ががんがんに腫れています。会社が移転してかかりつけの耳鼻科に行かれなくなったため、新たに通えそうな距離にあった耳鼻科に行っていますが……前の先生の方がうまかった気が。
それでも薬をいただいて、会社には行ってます。熱も今回かなり出ていたようですけど、課員が揃わない事情があったりで、ほかに一人たりとも欠けることはできないのでフラフラしながらも出勤。なぜかいつも以上に電話対応件数を多くこなしている自分がよくわからない。
新しい耳鼻咽喉科の先生は風邪です、というけどとても信じられません。まさかがんだとは思わないけど、何か悪い病気なのではないかと考えてしまいます。

明日は少し収まってくれるといいけど。週末は父方の本家のお墓参りに出かけないと行けないので、もう少しがんばらないと……

MacOS9使用のお友達より、ブログがうまく表示されないと言うメールが。多分テンプレートを変えたからだと思います。私の持っている以前のマシンでは表示できているんですけどね。ってなわけで、以前使っていたテンプレートに変更しました。

2006年5月22日 (月)

しくしく…

またね、喉が痛いの……どうしてどうして?
風邪って感じでもないのに、喉が焼けるように痛い……さすがに、なんでこんなに間を空けずに喉が痛くなるのか不安になってきました。
今日なんて暑いくらいだったのに。今喉を温めるためにスカーフを首に巻いたところです。

土曜日に見た虹の写真をアップ。外側の虹は色が薄いけど、わかりますか?

Niji

2006年5月21日 (日)

ダブルレインボー

夕方になってようやくエンジンがかかり、アウトレットモールへ出かけました。
クルマで出る時には空はピーカンだったのに、しばらく走りだしたら急に空が暗くなり、ものの数秒で土砂降りに! 前が見えなくなるくらいの雨。高速使って30分程度の道のりですが、あまりの降りにスピードを緩めて、注意深く運転。到着する頃にはかなり雨脚は弱まっていましたが、まだ多少雨は降っていました。しかししばらく店をぶらぶらしていると空は明るくなって来たのです。理由もなくモールからはずれ、ヨットやプレジャーボートが係留されている港を眺めに海側にやってくると、そこにはうっすらと虹が…。ゆっくりゆっくり、目の前で虹の色は濃くなっていき、その虹が二重になっているのに気づきました。数分するとくっきりとした七色の橋が海の上にかかったのです。外側の虹はかなり薄かったのですが、明らかにダブルレインボー。気づいた人たちはしばらく空を見上げていました。
実は虹を丸まる見たのは生まれて初めてでした。町中で虹を見ても、必ず大きな建物があるから全体像を見渡すことはできず一部が建物の陰に隠れてしまうか、色が薄くて見えないか、なのです。
虹の下には海と無数の船のマスト。そして最近できた風力発電の風車が。きれいだなあ……。徐々に虹の橋は色を薄くしていき、端から消え始め、風車の端にかかった七色橋脚を最後に消えてしまいました。
どんなお買い得品をGetしたときよりも、得した気分になった日。
一説によるとダブルレインボーを見ると幸せになれるというジンクスがあるらしいです。実際はどうかはともかく、幸せな気分になることは間違いありません。光の屈折が生み出す美しく巨大なイベント。ちょっとした偶然が引き起こす効果と、その効果によって引き起こされる気持ちの変化こそが神様の贈り物なのかもしれません。

2006年5月20日 (土)

ラブリー

テンプレート変えてみました。
前のテンプレートは相当お気に入りだったけど、たまにはラブリーなのもいいかなと思いまして。キャラが動いたりするから観ていて楽しいかもしれません、クリックなんかすると、アクションがあったりしますよ。基本的にはちょっとクールな感じだったり、懐かしい感じのするものが好きですけど、たまには甘いものもね。ついでにプロフィールも少し手を入れたりして。
ああ、掃除洗濯しないとなあ。ダラダラリン。

引退すべきなんだろうけど

とってもデジタルな業界にいながら実はとってもアナログ人間。
だから向いていないのです。業種的に対人折衝能力が求められるので、かろうじてこの仕事を続けられるのですが、こうもサポート対象商品(ソフト、周辺機器、サーバ関連、ネットワーク関連、色味……)の守備範囲が広くなってくると、もう覚えきれないのです。最近は対応時間が長引いてしまい、自分の脳みその範囲から考えても引退勧告を受けている気がします。もっと若くて脳細胞がピッチピチの若いのをつれて来て座らせた方がいいのだよ、きっと。職場にはコンピュータ大好き、Mac命、OSX愛みたいな人がほとんどで、そういう面からも肩身が狭いし。キーボードはすごい勢いで打てるけど本当は万年筆を使って紙に字を書くのが好きだし、わからない言葉は辞書を繰るの方が好きだし……確かにパソコンは便利で、楽しい魔法の箱で、WinよりはMac愛だけど……。
そんな自分がどうしてこうも長期間にわたって、この職場に座って来られたのかと、割と結構考えるんですけど、いつも行き着く答えはひとえに電話を介して対している相手の力になりたいなあって、そう思うからなんですよ……。いい人ぶって聞こえるかもしれないけど、この気持ちだけで仕事を続けて来た感はあります。奉仕色が強い職場なんですよね。もし営業だったらダイレクトに数字が絡むだろうし、実際のフィールド修理でも部品代とか対応時間とか、いろいろ考慮にいれないことがあるわけで、そういう意味では電話サポートってボランティア活動にかなり近いところにいるかもしれません。だけど会社員な訳で、この奉仕労働をお金に結びつけなくちゃいけない……って最終的に何を書きたいか忘れたけど……まあ、いろいろなことに息切れ状態.そう言い続けて早数年……。
いや、さすがに昨日は課員が数名休んだり研修でいなかったから、回線があふれかえってボロ雑巾状態……。帰りがけに隣の席の同僚(社歴的には先輩で年齢は私より若い)とお茶して帰って、毒を吐いて、それだけじゃ飽き足らず、前に一緒の部署だったフィ−ルド修理の部署を訪ねたら、また社員が残っていて、世間話をして来ただけだけど、ちょっと勇気をもらって帰りました。

誰だって、仕事なんかしたくないけど、まあ生活守るために、愚痴を8割減らして仕事してんのよね。
いやわかってますよ。自分だってそうだしそうじゃないと生きられないし……。

そして元気を出せるだけの心のスペースを生成して帰ったのです。
こんなヘタレな私を許してくれる周囲の皆さん、ありがとう。

2006年5月18日 (木)

ラーメン

家で夕飯作るつもりだったけど、全身疲れの固まりみたいになっているもんで、地元の駅にある「山頭火」のラーメン食べてきました。以前は恵比寿でも指折りの名店でしたが、今は支店ができて気軽に食べられるようになりました。本当に久々に食べたのですが、まあ、感想は……出来過ぎって感じ。いえ、素直においしいんですけど、完成度高いし、なんていうかなあ、でもやっぱり前の方が魂こもってた感じがするのは私だけ? つまり、食べる方も食べさせる方も必死という「気」がどんぶりに反映されていた感じがあったんですよ。今日食べたラーメンは、味としては言うことないんだけど…なんていうか、あの恵比寿の激烈に混んだ店で、ずっと並んで食べたラーメンとはちょっと違った気がしました。手放しで賞賛するのはBGMでかかっていたJazz。この選曲はとても良かった。スローナンバーで、マッタリとしていやされてしまいました。曲を聴きつつも、横のカウンターでサラリーマンの兄さんが麵をすする音がかぶさって……ああ、みんなお休み前の腹ごしらえなのね、おつかれおつかれって感じです。
ときどき遊びに来てくれる、かるぽんさんが、私が愛している名店「ソルティモード」へ行ったとメールを頂戴しました。ああ、私もあの愛がこもったおいしいカレー、「ダルバート」が食べたいのです、食べたいのです(号泣)。

2006年5月16日 (火)

トリプル〜

今日もミーティングで今帰りました。ああヅカレだ〜。
帰りにこらえきれず甘いものを摂取。
31アイスクリームに寄ってダブル(ジュニアサイズだけど)を食べてきました。ああ、ッんまい!
来月6/1からダブルを頼むともう一個、1スクープがオマケでトリプルになっちゃうんだと。去年もこのキャンペーンに大変お世話になり、疲れた体の血糖値を上昇させてもらいました。また食べよう、来月に。チラシの裏に人気フレーバー ベスト5があったけど、1位と2位はあまり聞いたことがないし、そんなに食べたいと思いませんでした。3位はストロベリーチーズケーキ、4位 チョコレートミント、5位 キャラメルリボン…王道の3種類って感じ。
私は個人的にチョコや、コーヒー、ナッツそして抹茶が好きです。そういえば今年もアイスクリーマーを出して、オリジナルアイスを作ろう!! ああそうだ!そうしよう!!

会社名

仕事で電話対応をしていると、結構難しい社名の会社から連絡があったりして、どうしてこうも言いにくい会社名をつけるのかなあなんて思っていたら、このまえその会社の方も自分の会社名言うのに「噛んで」ました。
なんかホッとしました。やはり言いにくいものは誰にとっても言いにくいよね。

さっきココログ更新がうまくいきませんでした。
あきらめて寝てたらおなか痛くて目が覚めた。
あ〜、明日も会社は会議で遅いのよ〜〜。

2006年5月13日 (土)

明日に順延

草取りは雨で中止。
明日はちょっと用事があるから参加できないかもなあ。
そろそろ出かける準備をしないとなあ。
だらだら〜ん、ごろごろりん……にょろろ〜ん。

マンションの草取り

これから草むしりです。全戸参加。
あまり協力的でない住人なので、これくらいはやらないとね。
しかし体中が痛いです……とほほ。疲れの固まりみたいになっている。昨日も残業だし、電話対応件数は130本近く入ったし…オペレータの人数が一桁なのにこの本数。実入電本数はいったいどれくらいだったのだろうか。考えたくもないが。

草むしったらお風呂でも入るかな。
汚れてもいい服装に着替えないとね。
午後はハイソな町、○子玉にでも行って母の日の贈り物を買いにいく予定。会社の帰りにいけばいいのだろうけど残業続きで店閉まっとるし。どうしてわざわざココなのかというと、紅茶のとてもおいしいお店があるから。茶葉を売っているお店。元々は吉祥寺にあるらしいけど、支店を出している。紅茶マニアのHP を見るとかなりおすすめのお店。最近紅茶を扱う有名なお店がいくつかありますが(ちなみに「マリアドブルボン」には白金の喫茶室にも行ったし、今の勤め先のそばにもお店がある。「LUPICIA」も代官山に本社があったからなじみはあるし、今では支店がたくさんできて身近に味わえるようになりました。どちらもおいしいし、口当たりがいい。ブレンドに少しお砂糖を使ったりしていて遊び心があります。あとはパッケージかな。とてもきれい。時々いただくことがあるけど、うれしくなっちゃう。でも、だからこそ、こちらから贈り物をするときは、もっとおいしくて、マニアックで職人的なお店を探すのが好き〜。
ってなわけでたどり着いたのがこのお店。あまり教えたくないんだけどちらりと紹介。ココにそのお店に対するコメントがあるので、興味のある人は覗いてみてくださいまし。

ってな訳で草取り草取り。

2006年5月12日 (金)

体調不良

連日会社から12時近くに帰っていて、やっぱり体調崩しました。
とにかく疲れていて、どうしようもありません。なぜ??
足の調子もすこぶる悪くて、腫れてパンパンになっている気が……でも目で見るとそうでもなかったりする。感覚的には弾けとんでしまいそうなくらいなのに。

おなかの調子もわるくて、どうもいけません。
こんなときはやっぱり「サラリーマン体操」でしょうか?? でもウチには親父ギャグを跳ばすお茶目な人もいません。もうつまらん! でもたまに電話対応途中でお客様に親父ギャグを跳ばされて「笑っていいのか?」と思ってしまいます。ああ、電話対応は難しいのう。

2006年5月 7日 (日)

今夜なぜか伊藤みどり

自分でもよくわからないのですが「伊藤みどり」さんについてさっきから検索検索…。
そして行き着いたのは「1988年のカルガリーオリンピックの時の映像」。すごいジャンプ力だったのですね。この高さ! 2回連続で跳ぶ時なんて、たいていは2回目の方が高さがでないのに、全然遜色ない高さが出ている。
荒川静香選手の優美な舞も、伊藤みどりさんのような選手がいたからこそなんですなぁ。

最高のお昼寝でした

おととい1泊キャンプから帰りました。
渋滞がすごくて、これぞGW!って!って感じでした。
年ですね〜、昨日は筋肉痛がひどいし、片付けに時間がかかって…終日ダラダラやっているもんだから、1日潰しちゃいました。
今回のキャンプは、いろいろ勉強のために行った感じです。ランタンの点灯の仕方とか、ドラゴンフライの着火の仕方とかね……まあ、かなり危険な感じで、息を飲む場面もありましたがなんとかなりました。
おかげで帰る頃にはすばやく着火できるようになったし。
テントはやっぱり狭かったけど、すぐにたてられるし、自分ではかなり気に入っています。昼間にごろ寝して、屋根のように広がる木々の葉を見ながらウツラウツラ……最高。
ダッチオーブンで蒸し焼きにしたお肉や、簡単な薫霧器で作ったスモークサーモンは感動ものでした。

次は大山に上りたいなあ。しばらく無理だと思うけど。

今日は連休最後ですが、これから出かける用事があるのです。
ではでは行って参りまする。

2006年5月 3日 (水)

ううう…パート2

喉がだんだんとひどくなって来てます。もう許して〜(何を?)

昨日、喉痛くて「ガイヤの夜明け」みるのすっかり忘れちゃった。女性パイロット誕生の道のりだったのに(しくしく)。なのに、へんなフライトアテンダントのドラマみちゃったりして、激しく後悔。なんだ?あのドラマ。それにあんなドラマにJALは名前貸しちゃって、客足に影響しなければいいけど。上戸彩ちゃんはかわいくて好きだけど、このまま内田有紀ちゃんみたいにならんといいな、心配。内田有紀ちゃんも結構好きだったのに、とうとう離婚もしちゃったし。キムタクの「GoodLuck!」のが100倍良かったです。職業、労働への真剣さをもう少しキチンと作ってほしい。訓練生もどうしようもないけど、あんなに優しい上司ばかりで大丈夫なのか? 唯一、真矢みきさんのまなざしに救われるよ。特に昨日のラストシーンは怒りすら感じてしまった…ドタバタ、チャランポランやりましたが、難しい試験にパスしましたってことで、あのシーンはキリリと締めるところだろ、絶対。バカやらせてどうする。せいぜい画面に向かってウインクくらいでやめておいて欲しかった。
そういう意味では「ギャルサー」はスゴイドラマだよ…知らない方はぜひみてください。不思議です。あまりにも突き抜けているくせに、妙な道徳観が根底にあったりして、おかしいよっ!それ!!って思っても観てしまいます。

今日は早起きして、兄のいる施設に見舞いに行こうかとも思っていたけど、喉が不調だしやめておくことにしました。なんか、今回はいつにも増して「喉限定」色が強いです。痛みもそんなにひどくないけど、多分もう軽く膿んでいる感じが。それと声が出ません。ガラガラです。
せっかくの休みなのになあ。
タイトな予定ぎみだったけど、ちょっと調整した方がいいかもしれません。
キャンセルするとかかんがえていないけど、一応キャンプの最終荷物チェックでもしようかね…どっこいしょ。

2006年5月 2日 (火)

ううう…またかよ

仕事ももうすぐ終了という夕方から、また咳き込むようになってしまいました。
喉がはれてまする。どうして??
帰って薬飲んでます…ああ。キャンプ行けるのか、私。もう、引退かな、仕事。でも電話の仕事自体は好きなんだよね。でもこう狭いタームで喉がやられてしまうのは、もう無理ってことかもしれない。それともボイストレーニングとかすれば少しは良くなるのかなあ。もうわからん。ああ、喉が痛い。

キャンプに行くのに、かなり設備投資してしまいました。
実はランタンのあと、ちょっとした経緯でMSR「ドラゴンフライ」というバーナーを入手。
市価の半額ほどで購入したのですが、これがなんと新品だったみたい。燃料を入れるボトル(ガソリンとか入れる)は別売りだったので、地元の中では1番くらい大きなアウトドア専門店にいったら、店員さんがとても親切で、このお店で買っていないのに状態を検品してくれたのです。このメーカーは100パーセント出荷前に着火テストをしているので、着火には問題ないとのこと。そして出荷されてから一度も火を入れている様子がないこと。現在のロットではポンプ部は新しい物に変更されているので、ひとつ前の型のポンプだが、きちんと機能する状態であることなど、きちんと確認してくれたのです。ああ、これでアウトドアクッキングも大丈夫だよ……ウルウル。しかし、単独ではほとんど初心者キャンパーである私がこのドラゴンフライをちゃんと、てなづけられるのでしょうか…心配。
それもそうだし、コールマン2マントルのランタンだってまだちゃんと着火テストしていないのになあ。
まあ、ぶっつけ本番ということで。

一応キャンプ場は押さえました。っていってもきっとただ木立の中で適当にテントを張るっていう昔ながらのキャンプ場。私、こういうのが好きなの。あんまり設備がいいところは好まないの。だったらきちんとしたコテージ借りる、もう少しお金払って。さらにもう少し足して、もっと素敵なホテルに泊まったほうがいいもの。キャンプなんて不便さを味わうもんだと思っているから。虫がいるとか土がつくとか気になるなら、もっとお金がたまるまで我慢した方がいいと思う……自分自身も。だからしばらくキャンプはしないことにしていた。
もちろん、前の彼と離れたということも理由だけどね。
でもおととし北海道然別湖に行った時、夜、星を眺めるツアーに参加したら会場がキャンプ場だったの。その夜空のすごさといったら……あんな美しい夜空、あとにも先にも見たことがない。ガイドのお姉さんは「今夜は月が明るすぎて星が見えない」と言っていたけど、そんな言葉信じられないくらい美しかった。そして月に湖面を照らされた然別湖は、一秒ごとに気温が下がり、その水面に「けあらし」がたって霧のような、湯気のような幻想的な演出をしてくれたのです。あのときに私はいつかここにテントをもってまた来たい…と思っていたのですが、時間が経つにつれその気持ちは希望から決意にかわっていったようです…自分でもわからなかったけど。
いつ「然別湖にキャンプ」が実現できるかわかりません。あの場所はとても好きなので、きっとホテルに宿泊して何度も行くとは思いますが、やっぱりいつかあのキャンプ場で寝泊まりしたいです。
文庫本を数冊もって……。

2006年5月 1日 (月)

カウントダウン

いよいよ大型連休まであと1日…もう少しの辛抱です。
もう突入している人もいるんですよね。

今日は暑かったですね。ちょっと湿気のある感じが、夏の気配より、夏の入り口って感じでした。その扉が少し開いていて、そこから夏の大気がすごい勢いで吹き込んでいる感じです。
木々の緑や植え込みの葉っぱの生気がこちらにまでひしひしと伝わってきます。芽吹きの時とは違うパワー。少しだけでいい、分けてほしくて、つやつやと光る葉っぱをみると触れてしまう私です。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私の好きな場所

  • 大坪家の書庫
    大坪五郎さんのインテリジェンス溢れる面白い感覚が素敵です。全国の珍スポットをルポする「巡り巡って」は大好き! 「映画評」「私のMacintosh」もいつも読んで参考にしています。
  • ハッピーマニア
    翻訳家を目指すbolero74さんのブログ。英語の勉強についての内容はもちろん、日々の出来事を綴っていらっしゃいます。同居している彼氏とのやり取りがほのぼのしていて、私は大好きです。
  • 三浦半島ティールームガイド
    三浦半島を愛すが故に、クールに論じるまみさん運営のサイト。「ティールーム」ガイド、マニアックな公園案内、そして三浦半島にまつわる歴史や問題などを取り上げた「週刊!三浦半島」。ストレートなコメントを読んだら、真意を確かめに海と山の三浦へ出かけよう。
  • 日々是好日−つれづれよっぽブログ
    様々な話題を丁寧に綴る「よっぽ」さんのブログ。真摯に、誠実に、毎日を過ごしているよっぽさんの人柄が滲み出ているような文章に、気づかされたり勇気づけられたり…。肉体にとって「マイナス」と言われることも、心を磨くことについては「プラス」になるのではないか、と感じさせてくれるのです。

Message

  • 当サイトの内容にそぐわないコメントなどは予告無く削除いたします。文章・画像・動画の転載・複写は認めていません。必要な方はコメント欄にてご連絡ください。 また気に入ったアイテムをご紹介した際、アフィリエイトリンクを利用している事があります。ご了承ください。気になる方は別のリンクからアクセスしてくださいね。

婦人画報のおかいもの

  • 奇跡のリンゴ入りカレーが気になるんですが
    婦人画報のおかいもの

MomaStore

  • 生活にアートを
    MoMAstore

ブクログの本棚

  • 読んだら登録。時々レビュー。

ドライブのページ

  • ドライブの記憶
    クルマのSNS「みんカラ」にコソッと作っているドライブページです。昔の名前(HN)で出ています。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ