« 大坪家の書庫 | トップページ | 仁義なき戦い2 »

2005年8月15日 (月)

指揮者:大植英次さん

少し前の「情熱大陸」を観て偶然、知ってしまいました。
指揮者としても人間としてもすごい! 感動です。

高校2年生の時には女子しかいない「女クラ」(女子クラスの略)だったんだけど、これが行事の度に熱くなって、ダラダラ好きの私には結構苦痛だったりもして…合唱コンクールが毎年あって、朝練だ放課後も練習だとかなり歌っておりました。コンクールも目前の音楽の授業のとき、先生に見てもらって、最初は『ここはこのほうがいい』とかチマチマとダメ出しをされていたのですが、面倒になった先生は『ちょっと私が指揮するから』といって、指揮役の子を置いて指揮棒を取ったのです。あのときの感動はすごかった。多分全員がそう感じたでしょう。指揮者の力を思い知らされた。指揮する人間が替わるとこうも変わるのか? その『表情』から曲への感情移入がコントロールされ、正確に振られる『指先』からリズムの変化を、大きく小さく揺れる『腕』から強弱を認識し、今までこんな風に歌った事無かったという合唱が生まれたのです。歌い終わり、ピアノの最後の音が消えたとき、全員が「うぁあああ〜」と叫んだのを覚えています。本番なら良かったのにね…コンクール当日の結果は、僅差で3年の女クラに優勝を持って行かれてしまいました。

もとい、大植さんですが、その指揮のスタイルがとにかく情熱的。悲し気な曲調の時は泣きそうな顔で、楽しい時は観客の方にまで体を向けたりと、体中で音の感情を表現し、演奏者をグイグイ引っ張って行く。耳は正確にすべての楽器の音を聞き分け、狂いがあれば的確に指示をし修正する。そして、演奏する曲のスコアをすべて暗譜しているというから驚きです。過去に指揮の最中、同じフレーズが延々と続くところで、どこまで演奏しているかわからなくなるという失敗をしてからスコアに頼っていてはダメという事になったそうです。どうやって覚えるのでしょうね…私なんて新しいソフトやOSが出るたびに覚えられず困っているというのに。さらに各国の施設や学校などを回って、無償で演奏するなどのボランティア活動も行っているそうです。いつ寝てるのだ?
なんだかこんなに濃厚に人生を送っている人の事を聞くと、本当にすばらしいと思い、そのすばらしさをずっと周りの人間に伝えてほしいと思うのです。反面、奇跡のような人の人生が太く長く続いてほしいと願わずにはいられません。人間全体にとっても大切な人なのです。偉業の陰にきっと想像できないような努力や忍耐や辛い経験がある…自分にはそんな苦難を超えようなんて気がないから大成できなかったんだろうし…とにかく、体に気をつけて、その音楽のすばらしさと、生き様を多くの人に伝えてほしいと思います。
機会があったら聴きに行きたいなあ。

大植英次さん紹介記事↓
http://osaka.yomiuri.co.jp/miseru/mi50627a.htm

« 大坪家の書庫 | トップページ | 仁義なき戦い2 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122358/5486158

この記事へのトラックバック一覧です: 指揮者:大植英次さん:

« 大坪家の書庫 | トップページ | 仁義なき戦い2 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私の好きな場所

  • 大坪家の書庫
    大坪五郎さんのインテリジェンス溢れる面白い感覚が素敵です。全国の珍スポットをルポする「巡り巡って」は大好き! 「映画評」「私のMacintosh」もいつも読んで参考にしています。
  • ハッピーマニア
    翻訳家を目指すbolero74さんのブログ。英語の勉強についての内容はもちろん、日々の出来事を綴っていらっしゃいます。同居している彼氏とのやり取りがほのぼのしていて、私は大好きです。
  • 三浦半島ティールームガイド
    三浦半島を愛すが故に、クールに論じるまみさん運営のサイト。「ティールーム」ガイド、マニアックな公園案内、そして三浦半島にまつわる歴史や問題などを取り上げた「週刊!三浦半島」。ストレートなコメントを読んだら、真意を確かめに海と山の三浦へ出かけよう。
  • 日々是好日−つれづれよっぽブログ
    様々な話題を丁寧に綴る「よっぽ」さんのブログ。真摯に、誠実に、毎日を過ごしているよっぽさんの人柄が滲み出ているような文章に、気づかされたり勇気づけられたり…。肉体にとって「マイナス」と言われることも、心を磨くことについては「プラス」になるのではないか、と感じさせてくれるのです。

Message

  • 当サイトの内容にそぐわないコメントなどは予告無く削除いたします。文章・画像・動画の転載・複写は認めていません。必要な方はコメント欄にてご連絡ください。 また気に入ったアイテムをご紹介した際、アフィリエイトリンクを利用している事があります。ご了承ください。気になる方は別のリンクからアクセスしてくださいね。

婦人画報のおかいもの

  • 奇跡のリンゴ入りカレーが気になるんですが
    婦人画報のおかいもの

MomaStore

  • 生活にアートを
    MoMAstore

ブクログの本棚

  • 読んだら登録。時々レビュー。

ドライブのページ

  • ドライブの記憶
    クルマのSNS「みんカラ」にコソッと作っているドライブページです。昔の名前(HN)で出ています。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ